新新☆もこほじゃほろみ日記

煩悩と私事のサイト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死後

2016-03-19 | 私事
結局、私にとって死の恐怖とは、
自分の「意識」が無に帰するというのが一番の恐怖なんじゃないかなと。
今こうして考えている自分というものが一切無くなるんだよね。

逆に言えば、もし死んでも自分の意識が残るのならば・・・

それは「あの世」が存在するということでもあるし、
自分という存在が「あの世」に移動するだけということでもある。
あの世が果たして良い処かという問題もあるが(笑)
煙のように消滅するよりはマシな気がする。

それが信じられる人にとって、臨終の苦しみへの恐怖はとりあえず別として、
死は意外に怖くないかもしれない。

私はまだ懐疑的だけどね(^^;)

キリスト教では、また仏教ではその辺をどう解説しているか。
時間だけはたっぷりあるので(笑)調べてみよう。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« なぜ | トップ | たまには »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私事」カテゴリの最新記事