FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

リトミカメンテ、また逃げ切られ2着

2020-09-14 03:41:00 | リトミカメンテ
2020年09月12日在厩
---
栗東TC 9月12日(土)中京8R・木曽川特別(芝2000m)に53kg北村友騎手で出走して、勝ち馬から3/4馬身差の2着、馬体重は前走からプラス10kgの454kgでした。五分のスタートから4番手追走で折り合いも付いていました。スローペースで3コーナーから仕掛けて直線では鋭く伸びてきましたが、逃げた勝ち馬に迫ったものの僅かに及びません。
高野調教師は「ゲート入りの際は目隠しをして万全の態勢を敷いたので、入りも問題なくスタートも上手くいきました。北村友騎手は『調教では一本調子で走る馬と感じていましたが、調教と違って走り方が良かったし実戦型ですね』とのことです。上がり勝負で辛いものがありましたが、左回りも問題なく、2000mの距離を克服できたのは大きいと感じています。レース後の状態をみながらですが、このまま在厩して続戦したいと考えています」と話していました。

【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

また、2着。。

リトミカメンテの堅実さは素晴らしいと感じます。
これで11戦連続の掲示板、4戦連続の馬券圏内となりました。

いつもレース前は不安になりますが、終わってみれば堅実というパターン。
が、しかしここのところまた勝ちきれないレースが続きます。

元々はヴィクトリアマイル・エリザベス女王杯を目指せると勝手に思ってた私からすると物足りないのです。

原因は一つ。
鞍上です。安定しない騎手が、前列を活かすことが出来ないのだと推測します。

レーン・福永・川田と上位騎手に乗ってもらっていたのはありがたいのですが全てスポット。
逆に昨日逃げ切られた西村淳騎手は過去に2度乗ってますからそりゃ『このくらい出しておけばリトミカメンテは届かない』と分かってる。

北村友一騎手を責めるわけではありませんが、キレないと言われていたのですからもっと押し切るように前を奪ってかないと。

ということでいつものポジション。
フレグモーネ明でも大丈夫だったし、左回りも2,000mも克服。
その意味では収穫の多いレースでした!
このまましばらく使えそうなのでなんとか秋冬で2勝クラスを突破してほしいです。

もうチカラがあることは十分示したので、あと必要なのは勝利❣️
騎手は北村友一騎手固定かなあ。
ローカルなら吉田隼人騎手は合ってたと思います。

あとは池添騎手ですね。
オルフェと同じように限界までその能力を引き出せないものか。

とりあえずは、今回も元気にお疲れ様でした。
次走も楽しみにしています‼️

コメント   この記事についてブログを書く
« リトミカメンテ、中京8R木曽... | トップ | リトミカメンテ、10/17レース... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

リトミカメンテ」カテゴリの最新記事