FLY to the world!! 【一口馬主・地方競馬応援記】

“一口馬主ウイング・大航行日誌”
出資する社台・サンデーを中心に、馬主ライフと競馬のあれこれ。

ムーランナヴァン、右前脚にソエ

2017-09-20 21:53:42 | ムーランナヴァン
9/20現在、美浦TC在厩。
----------
レース前から症状としては出ていましたが、右前脚にソエがみられます。現在はプール調教で馬体回復、脚元の良化を促しています。今週末にもNF天栄に放牧いたします。
----------
【レポートの転載につき、サンデーサラブレッドクラブの許可を頂いております】

ソエ。

若駒の前脚に主に出る管骨の骨膜炎ですね。
前脚のスネのような部分が骨が剥がれたような状態になり痛みを伴います。昔は(今も一部ある)焼印をして火傷の状態を作ったりブリスターという塗り薬を使って炎症を起こしその治癒の過程で治していく方法がありました。
現在は多くが自然治癒のほかショックウェーブ療法に頼っていると思います。
ソエは特に若駒では成長の証と言われるそうで、昔は赤飯を炊いた厩舎もあったとか。

ムーランナヴァンについては、レース前から出ていたようですが、レース後により痛がったということでしょうか。

プール調教にすることで浮力を利用して負荷を軽くしているのですね。何れにしても大事には至らず何よりでした。

私メールで見ているのでレポートの冒頭を見たらドキッとしました!!!
あービックリした‼️

まさか…といろいろ考えてしまいましたが開いてホッしたところです。何もないにこしたことはありませんが、初勝利の後で天栄への放牧前で本当に良かったです。

少し長い放牧になるかもしれませんが、成長を促し身も心も大きくなって帰ってきてほしいですね。

こういう選択肢が取れるのも勝ち上がりができたからで、改めて競走馬にとって一つ勝つことの価値を感じます。

天栄であれば全く心配いらないと思いますが経過を見守りたいですね。ゆっくり治してください^_^

↓9/17 中山競馬場 1着

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社台秋ツアー2017(1日目) | トップ | クリルカレント、次走は10/2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ムーランナヴァン」カテゴリの最新記事