愛・地球博企画 - 地球☆スカベンジ大計画!ブログ

富士の樹海のごみを拾う「フジ☆スカ」などのゴミ拾いイベントを企画

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

連載6回目/夏の終わり

2005年08月31日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

みなさん、こんにちは。真菜美です。
まだまだ暑いですが、みなさん体調など崩していませんか?

ヒグラシが鳴いてます。

夏と言えば、夕暮れから夜にかけた、虫たちの大合唱。でも、近年もろに温暖化の影響を受けているのが虫さんたち。地面が乾燥し過ぎて地表が固まり、地中で一生を終えてしまうセミ。水分が蒸発して樹皮が硬化し、外に出れずにそのまま大地に還るクワガタ。夏の子供たちにとって、重要なキャラクターたちが数を減らしています。

でもね、だからといって虫を輸入して子供たちに買い与えるのはどうかと思います。

数千円数万円も出すのであれば、その金子供に握らせて、ちょっと郊外にでも一人旅させて汗とほこりにまみれさせといた方がよっぽど良いと思います。自分で捕まえて、自分で育てて、自分で埋葬する。この一連の体験が重要なのです。

今年の夏も、たくさんの虫の死骸を目にしました。土の上ではなく、コンクリートジャングルのショーウィンドウの中で。世界各地のジャングルからつれてこられる個性豊かなカブトムシたち。見知らぬ日本に連れてこられて、僅かな土と餌とともに小さなプラスチックの箱に詰められて、陳列されています。でも、大半のカブトムシたちは、この時点で命を落としているのではないでしょうか。

良心的なペットショップならきちんと世話をしてくれるかも知れません。とっても高額なカブトムシなら売れるまで大切にされるでしょう。でもそうでないカブトムシたちは、商品として並んだらそこまでです。売れる前に死んでしまえば、その時点でゴミとして捨てられるだけ。こうしてこの夏も、たくさんの尊い命がゴミとして街に消えていきました。

これだけ外来種問題が騒がれているのに、どうして規制されないんですかね?

環境省曰く、子供たちが可哀想だからだそうです。本当にそうなのでしょうか。ユーホーキャッチャーの機械の中で死にかけたカブト虫を捕まえ、コンビニで瓶詰の魚を買って、ゲームの中で里山の遊びを体験する。こんなんで自然の大切さや、命の尊さを感じることができるのでしょうか。

そんな大人や子供たちを見ていると、なんだかとっても悲しくなってしまった、真菜美10代最後の夏なのでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載5回目/シンガポールのポイ捨て罰金

2005年08月16日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

みなさん、こんにちは。真菜美です。

地震、すごかったですね。みなさん大丈夫ですか?この文章を読めているということは大丈夫だったということでしょうか。

さて、話は変わりますが、私は中学校2年生まで、年末年始は海外で過ごしていました。リゾート地がばかりだったので、今思えばめちゃくちゃ大量消費の中に身を置いていたんだなぁってカンジです。最近は遊びで海外に行ってないなぁ…。

小学校2年生の時には、シンガポールに行きました。日本を発つ前、現地の法律などについて親から教え込まれてはいたのですが、実際に着いてみてびっくり。街がほんっとにきれいなんですよ。

何故だかわかります?

そう、シンガポールは罰金で有名。ゴミや煙草を投げ捨てて罰金、唾はいて罰金。日本では当たり前のように行われていることが、この国では許されないんですね。街を歩くといたるところに罰金の張紙をよく見かけました。金額までは覚えてないので、いくつかWebでひっかけたものをご紹介。

オフィス街で…
煙草吸ったら$1000罰金(7万円くらい)
地下鉄のホームで…
飲食をした場合 500ドル(約3万5千円)
喫煙した場合  1000ドル(約7万円)
可燃物の持込  5000ドル(約35万円)
非常ベルを間違って押したら5000ドル(約35万円)
いやはや、日本でやったら儲かりそうですね。新宿区でも8月1日から路上喫煙禁止になるなど、日本でも路上喫煙禁止の地域が増えてきているようです。みなさん、罰金を取られなくってもマナーは守りましょうね。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載4回目/友だちが流行らせようとしてること

2005年08月09日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

夏ですね。海でも行きたくなっちゃいますね。

部屋になんか引き篭ってないで、青い空、白い雲、輝く太陽の下、夏を満喫しましょう。逗子海岸の海の家KANNONでは、毎週日曜日にビーチクリーンが行われているようですよ。拾って、遊んで、夕方にはライブまで楽しめちゃうようです。お近くの方は行かれてみてはどうでしょうか。参考:GoodDay

さてさて、私の友だちに海大好きっ子がいるのですが、彼女が流行らせようとしていることがあるので、ちょっとご紹介しますね。

みなさん海に行く途中でコンビニに寄ってお弁当を買いましょう。このとき必ず割箸が必要になるものを選びましょう。自然を愛する人なら、レジでビニール袋と割箸を断ってしまうかも知れませんが、あえてビニール袋に入れてもらって割箸ももらって下さい。

無事ビニール袋入りの割箸付きお弁当をGETしたら、大海原でも眺めながら、コンビニ弁当を食べて下さい。食べ終わったら一息つきましょう。

さぁこっからが本番です…

使い終わった割箸を持ったら、空容器の入ったビニール袋を傍らに置きます。これで準備万端。あなたの手の届く範囲のゴミを全て拾い尽くして下さい。小さなプラスチック片であろうとも、割箸を使ってしっかり拾って下さい。砂も掘り返して、ゴミが埋まってないかチェックして下さい。

そして全て拾い終わったら、自己満足にどっぷり浸って下さい。もっとゴミは落ちてると思いますが、あなたひとりではどうしようもないので、拾うのはここでやめて、あとは海で遊びまくって下さい。もっと海を好きになって下さい。

そしたらゴミのある海が許せなくなるはずです。
これ、あなたの友だちにも広めてね。

中村真菜美
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載3回目/海外の仲間たち

2005年08月02日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

みなさん、こんにちは。真菜美です。

今回は、愛・地球博若者実行委員会のスペシャルサポーターの方々をご紹介します。世界各国で活躍している私たちの仲間であり、よき友人でもある彼ら。パワフルで素敵な方々ばかりですので、今回は彼らについて自慢させて下さいな(笑)
≪ジャン・ピエール氏≫

1976年9月26日に、フィリピンのネグロス島で生まれる。裕福な家庭の方であったが、幼いころ父親から虐待を受けて、15歳のときに家を飛び出しストリートチルドレンとなる。その後、洗い場や掃除などのアルバイトをしながら路上で生活。

その暮らしの中でもう一度勉強したいという気持ちが現れ、大学に通うお金を貯めるために仕事を探し始める。そしてWest Visayas State Universityに入学。アルバイトをしながら5年間かけて学士号を取得し、マニラにあるDe La Salle Universityにて博士号を取得した。

現在彼はWest Visayas State Universityのジェンダーと開発のオフィスでパートタイムとして働きながら、ストリートチルドレンのサポートをしている。

≪セッツァ・ドラミニ氏≫

南アフリカ共和国前大統領ネルソン・マンデラ氏の孫。現在ボストンにあるTufts Universityに在学中。国際関係学と起業について学んでいる。幼い子に対しての読み書きの教育プログラムや、大学などの教育機関を回って学生と対話形式のセッションを通して、様々な問題の解決に繋げるプログラムなどを積極的に活動している。

目標としては、若者リーダーたちで平和を推進するようなグローバルネットワークを作ることである。また、古代アフリカで宗教的な哲学であるウブンツが、今後世界にある問題への解決の道に繋がると信じている。ウブンツとは言語的には思いやり、夜叉への尊敬と理解を意味する。

≪ベルミア・ラディセビック氏≫

セルビア・モンテネグロに在住。17歳の高校生。2004年5月にワールドユースピースサミットのヨーロッパ大会にセルビア・モンテネグロの代表の一人として参加する。その後、“Europe in Schools”という、学問的なコンテストに参加して1等賞を受賞する。

同年10月にBudvaというモンテネグロ人が住む町で行われたユースサミットに共同司会、また副議長として参加した。

≪ウィリアム・マッキンリー氏≫

アメリカのノースカロライナ州のグリーンズボロにある、Guilford Collegeに在学中。大学在学中に、アイルランドにあるGlencree Centre for Reconciliaiotnという団体でボランティアを1年間し、そこでは北アイルランド紛争で、生活に困難な人たちをサポートした。またこのNGOにおいて、リサイクルプログラムを展開した。

最近では、“Food not Bombs”という団体で、スーパーマーケットで出る残飯などを集めて、ホームレスの人たちに配布するボランティア活動をしている。
彼らは私たちにとってよきライバルでもあります。負けずにがんばるぞ~。

次回からはちょっとはコラムっぽくなるように、徒然なるままに色々書いて行きますので、あんまり期待しないでね~苦笑
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載2回目/愛・地球博若者実行委員会って?

2005年07月26日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

みなさん、こんばんは。真菜美です。

先週市民プロジェクトについてご紹介しましたが、今週は若者実行委員会についてちょっとお話しようと思います。

さてさて先週のおさらいです。今回の愛知万博から私たち市民が参加できるようになったことは覚えて頂けました?んでもって更に、その記念すべき幕開けを、若者たちに任せてみようではないか、という案が浮上したんですね、これがまた。

そうです、その若者たちというのが“地球☆スカベンジ大計画!”を含む4つのプロジェクトチームで構成される、愛・地球博若者実行委員会の面々なのです。ではここで、各チームからのメッセージをご紹介しましょう。

◆ストリートチルドレン芸術祭◆世界に数千万から一億いると言われる「ストリートチルドレン」と呼ばれる子供達。彼らひとりひとりの可能性や素顔、存在、メッセージを、彼らの作った絵や詩という「アート」を通し人々に伝えて行きます。

◆アフリカの叡智 地球に、もしも“アフリカ”がなかったなら◆
日本の若者がアフリカで活動するNGO、在日アフリカ人留学生と共に、アフリカの課題、歴史、そして人々が守ってきた叡智(民話・神話など)を学び、議論する中で、21世紀に生きる私たちが持つべきアフリカのイメージ、アフリカと世界の関係について提言していきます。

◆10代から世界へ!平和のために◆
平和な社会をつくるために、何かしたいと思っている10代へたくさんいます。でも、なにをすればいいのかわからない。そんな全国の10代に活動の“きっかけ”を提供し、そのネットワークをつくっていくのが、私たちのプロジェクトです。

◆地球☆スカベンジ大計画!◆陽気に楽しく、地球への感謝の気持ちを表現しよう。“スカベンジ”をきっかけとしてネットワークを構築し、若者の新しいライフスタイルが浮かび上がるような情報をやりとりしていきませんか?未来はみんなの手の中。さぁ皆さん、やりまスカ!
各チームの詳しい活動は、追々ご紹介して行きますね。さて、私たちのプロジェクトは日本国内に留まりません。海外の仲間たちと共に進めて行きます。次回は、実際に愛知まで駆けつけてくれた4名の海外ゲストの紹介です。お楽しみに(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載1回目/私たちについて簡単に

2005年07月19日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

みなさん、こんばんは。

しょっぱなから原稿落ちを引き起こすところだった真菜美です。さてさて、私からは愛知万博全体についてちょっとお話したいと思います。

愛・地球博を応援します」
「愛・地球博を応援します」
ところでこのブログを見てくれている人は、愛知万博のこと知ってますよね?そうです、“緑のじいちゃん”と“黄緑のちびっ子”…じゃなくて“モリゾー”と“キッコロ”がマスコットの愛知でやってるイベントみたいなやつね。もう行った?まだ?行くときはメインの長久手会場だけでなく、瀬戸会場にも行ってね!…理由は聞かないで(涙)

さて、万博はちゃんと正式名称で言うと万国博覧会って言います。呼んで字の如し、世界中の国々が参加する博覧会のこと。博覧会ってのは、産業や文化の振興のために開催されるでっかい集まりみたいなもんですね。1951年にロンドンで開かれたのが最初だったらしいです。1970年にはみなさんご存知の大阪万博も開催されたりしました。んで、今までの万博というのは、国の力や企業の技術をみせるためのものでしかなかったんです。でも、今回の愛知万博は一味違います。

そう、別名“愛・地球博”というだけあって、自然の叡智(えいち)がテーマの環境博なんですね、実は。環境だけではなく、平和・福祉・文化・伝統など、世界で力を合わせて取り組んで行かなければならない様々な課題解決のため、たくさんのプロジェクトが動き始めているんですよ。その中でも、過去の万博と大きく異なるのが“市民参加事業”というのが立ち上がり、私たち市民も参加できるようになったということ。国でもなく、企業でもなく、ひとりの人間として参加する。少し前には考えられなかったことです。そのオープニングを飾ったのが、若者たちによる4つのプロジェクト。それが“ストリートチルドレン芸術祭”“アフリカの叡智”“10代から世界へ!平和のために”そしてこのブログを書いている“地球☆スカベンジ大計画!”なのです。

こう聞くとなんかすごいでしょ?でもちっともすごくなから安心して下さいね(笑)瀬戸会場でひっそりと生まれた、若者たちによる手作りプロジェクト。そしてそれを更にひっそりと(?)サポートしているのがこの私。

みなさんは、これからどんなふうにこの地球(ほし)と生きて生きますか?私たちと一緒に“地球の愛し方”を見つけてみませんか?

次回は若者たちの取り組みに関して、軽くご紹介したいと思います。お楽しみに~。リアルタイムで早く知りたい人や、ここまでの動きが知りたい人は私のブログを見てね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はじめまして、エコセンです(笑)

2005年07月12日 | 火曜日
中村真菜美(なかむらまなみ)
小学校のうさぎ飼育があまりにもお粗末だったため、企画書を作った上で学校側に改善を要求するなど、幼い頃から問題解決、リスク対応に取り組む。最近ではアースデイ東京やアースガーデンのゴミ回収を一手にひき受け、大学生ボランティアを取り仕切る。
 メール  毎週火曜日担当
 ホーム  http://www.doblog.com/weblog/myblog/44206

はじめまして、エコセンです(笑)。本名は中村真菜美ですが、言動がゴクセンに似ているらしく、エコセンって呼ばれるようになってしまいました。火曜日の担当にさせていただき光栄です。とは言っても自分のブログからコピペすることが多くなるとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする