愛・地球博企画 - 地球☆スカベンジ大計画!ブログ

富士の樹海のごみを拾う「フジ☆スカ」などのゴミ拾いイベントを企画

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

番外編/フジ☆スカレポート

2005年09月02日 | 金曜日
LA-UTAH(ら・うたー)
ラッパーであり作曲家でありカメラマンであり地球☆スカベンジ大計画の音楽担当。長らくアメリカで活動していたが、最近帰国。帰国直後の5月30日には雨の中での渋谷ゴミ拾いに参戦し、エコラッパーとなる。
 メール  番外編担当
 ホーム  個人ブログはありません

今回は地球☆スカベンジ大計画!ブログ臨時番外編。はじめまして、LA-UTAHです。

去る8月最後の週末27・28日に行われました富士山青木ヶ原樹海への一泊二日ゴミ拾いツアー「フジヤマ☆スカベンジ2005Special~富士から逗子へ」(以下フジ☆スカ)のご報告をしたいと思います。

まずはフジ☆スカについて。たくさんのエコツアーで知られる株式会社リボーンさんとNPOスカベンジャーの主催により、富士山の閉山間際の週末を選び2002年から毎年行われてきた青木ヶ原樹海のゴミ拾いツアー。4年目、5回目を迎え,今年は愛・地球博若者市民プロジェクト 地球☆スカベンジ大計画!の一環として日帰りから一泊二日にバージョンアップ!富士山浅間神社参拝やGoodDay逗子☆ビーチクリーンへのコラボなど内容も盛りだくさんとなりました。それではリポートつかまつる。

8月27日(土)

前々日の台風も無事過ぎ去り,この日の渋谷は蒸し暑い空気、晴れ時々曇りなり。渋谷駅新南口に集合し、いざフジへ向けてバスの旅。最初は朝早いということもあってかみな静かなご様子。リボーンの千田総長、地球☆スカベンジ大計画!リーダーの福田君の挨拶から始まり,やはりこの人なしでは始まらない、ツアーコンダクターCCDオンザマイク。マイク持ったら止まりません。

CCD氏のナビゲートのもとフジ☆スカ毎年恒例の自己紹介へ。名前や所属先,参加への思いやCCD氏のリクエストによりお気に入りの星座を発表。答える星座やフジ☆スカへの思いは本当に様々。そこがこのフジ☆スカの面白いところでもある。それぞれの目的を持ち寄りゴミ拾いツアーに集まりし同士。皆ちょっと打ち解けてバス内も秘めたる活気が生まれ始めたよう感じました。その後フジ☆スカ実行委員会 映像部門川畑・酒井両氏の力作、地球☆スカベンジ大計画!の活動報告映像を鑑賞。しおりも含め皆もそのできに驚いていたご様子。

予想以上の渋滞にインターチェンジでの早めの休憩を取り,先を急ぐ。正午少し前、ついに一行は最初の目的地NPO富士山クラブ森の学校へと到着。懐かしい小学校ホームルームスタイルの教室で昼食を頂き、その後レンジャーの方々から樹海ゴミ拾いでの注意事項やゴミの分別方法などをご伝授いただく。彼らは富士山のスペシャリスト。毎年お世話になります。そして伝説のスカベンジャー一行はいよいよ青木ヶ原樹海へ。ゲットダウン。

夏休みともあって車の通りの激しい国道から、木々が茂る脇道へと足を踏み入れる。木々が日の光を遮る。空気の密度が濃くなる。レンジャーのガイドのもと徐々に樹海の森へと入っていく。それほど奥へと行かなかったもの,ゴミ拾いのスポットを見て一同唖然・・・

何じゃこりゃ?いったい誰が?なぜに?

そんな気持ちがよぎる中早速ゴミ拾い開始。小道から一歩足を踏み入れるとそこはゴミパラダイス。複雑な地形と昼でも暗いうっそうと茂る木々。そんな中バケツリレー方式で森の奥からゴミを運び出す。始まると皆汗だくになりながらゴミを発見し掘り起こす。別の部隊がバケツリレーし,最後の班がそれを分別しトラックへ運び込む。

いったん作業が始まると皆夢中。声を掛け合い,富士のお膝元をスカベンジ。ガラス片に古ビニール、瀬戸物の破片に錆びた針金。年代物の空き缶に鉄板、終いには洗濯機や冷蔵庫,なにやら集積回路がついた謎の機材など。自然の中に打ち捨てられた不自然な残骸たち。無垢な緑の中に散らばる人の手による無関心の傷跡。嬉々としてスカベンジする皆の心には一方この状況に対する憤りや危機感が刻まれたことであろう。

約1時間ほどのスカベンジで1tトラックは満杯に。きれいな空気の中でのゴミ拾いはすばらしい運動。しかし、やってみると楽しい活動ではあるが,最終的にはこの活動がなくなることがこのスカベンジの目標でもある。皆レンジャーの方のお話に納得。最後は記念写真でピース。晴れ晴れ。その後少々時間が余ったので日が傾
く本栖湖で休憩。湖岸で一息入れる者あり,ジャッキージョイナーカーシー全盛期ばり全速力湖突入もあり。それぞれ樹海スカベンジの余韻を楽しみつつ、親睦を深める。その間も腹は減り続ける。

心地よい疲れのなか今宵お世話になる朝霧グリーンパークに無事不時着。日帰りのお客さんと入れ違いに、部屋にチェックインと同時に早速露天風呂へ直行!スカベンジで流した汗を富士の温泉で洗い流す。心の体のみそぎはらへ。この瞬間のために今日1日がんばったんやで!!ぷはああ。

疲れを洗い流したあとは、お待ちかねの夕飯,ジーンギースカーンBBQ。現地番頭さんの強火へのこだわりによりほとんどのテーブルは焦げ焦げ状態。でも皆それぞれ食事とビールを楽しむ。ご満悦の時っ。しばしの自由時間のあと,音楽舞台部隊班プロデュースによるフジ☆スカロックフェス~鎮魂の宴へ。キャンドルの光のもとパフォーマーそれぞれの思いを音と言葉で披露。皆にも感じていただけてありがたかった。

その後はフジ☆スカ番外編おつかれSummer2005 親睦会へ。それぞれの思いを込めた線香花火。飛び出す光の枝に祈りを込める。はかなくも夏の光が弾け散る。宵は深まる。酔いは回る。月が登る。温泉でのぼせる。渋谷から富士へ。伝説のスカベンジャーたちはこうして長い1日を終えた・・・

8月28日

皆昨夜の親睦会(kept on until 深夜)の疲れも見せず7時には起床,待ちきれず一同朝食をとる。記念撮影のあと富士浅間神社公式参拝へと向かう。今年は怪我などもなく、無事樹海のゴミ拾いを終えた感謝の気持ちとそのご報告、来年へとこのフジ☆スカがまたつながりますようにとの思いを込めた参拝。かしこみかしこみ。その後宮司さんに案内していただき富士浅間神社内を散策。伝統的な手法の塗りをいまだに行う二階建ての本殿や、富士山からの湧き水の流れる池を訪ねる。澄んだ水。火山で降り積もった石灰岩の山肌を通って地中にしみ込んだ雨水は50年かかってこの池に流れ着く。透き通ったその水面にカルガモが戯れ、鯉や虹鱒が涼しげに泳ぐ。暑い日差しの境内に涼しげな癒しの風が吹き抜ける。疲れを忘れ宮司さんのお話とその風に心を傾ける。いやされたところで,さあ、いざ逗子海岸へ!

みなかなり打ち解けたバス内は終止リラックスした和みモード。Coccoさんゴミゼロ大作戦DVDを鑑賞。あれは皆泣くよね。予定より早く到着。ここからは逗子☆ビーチクリーン実行委員会GoodDayの出番。彼らの案内のもと一同は海岸へ到着。富士から逗子,山から海へ。伝説とはこのことだ。みな海へ着くと疲れもどこ吹く風よ。

ビーチクリーン開始までの時間、太陽と挨拶を交わし波と戯れる。富士の樹海の森ではどこか厳かな,内なる力のみなぎりを感じたが、やはり海では外へと向かう開放型のエネルギーが生まれた気がする。みなはっちゃけ生き生きしとった。ヤマン。ついついシャッター押す回数増えたね。

時刻は予定の2時半。逗子海岸海の家「海音」前には現地合流メンバーをあわせお揃いのGoodDayユニフォームに身を包んだスカベンジャーが総勢約60名!!その姿は圧巻。Familiar-e制作による手提げゴミ袋を持って皆ゴミ拾い開始!このGoodDayという団体,夏の間6月から8月の終わりの日曜日、毎週日曜日に逗子海岸をゴミ拾いしてきたというまさに伝説を作ってきた団体。継続は力なり。彼らの思いはきれいなビーチの思い出となって訪れた人々の心に残っただろう。コラボできてよかった!!ナフリスペクト。

ビーチクリーン終了後、日が落ちる海岸で活動報告会。環境リレーションズ研究所からの差し入れを片手に乾杯!チアーズ!!今回の富士・逗子スカベンジのMVP発表,選ばれた三名にはFamiliar-eが推進する「プレゼントツリー」プロジェクトからプレゼント。最後のしめ、記念撮影に突入。ここの写真が皆の心を映し出してたね,笑顔がすばらしかった。それぞれ今回の思いで,今後のビジョンなどをかわして、今回の「フジヤマ☆スカベンジ2005Special~富士から逗子へ」は終了。

参加した皆様,おつかれさま!!!

今後,参加した皆にはこのフジ☆スカで感じたことをそれぞれ持ち帰って家族や友達とシェアしてほしい。それが今回のフジ☆スカの目的「ネットワーキング」という目的の一つなのである。今回集ったメンバーは伝説のスカベンジャーとして名を連ねる。今回生まれた好奇心や関心をもとに,アンテナを張り巡らせよ。データを送信し、新たに受信せよ。フィードバックをこだまさせよ。

さあ、下を向いて歩こう。なぜならそこにゴミが落ちているから。

ぴーすあうっ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載2回目/サステナブル・コンサンプション(持続可能な消費)

2005年08月12日 | 金曜日
CCD*(しぃーしぃーでぃー)
カナダで氷河が溶けているのを見、衝撃を受け、環境問題に興味を持つ。アメリカ同時多発テロ事件が起き、いてもたってもいられずにごみを拾いはじめ、情報発信基地である渋谷でのゴミ拾いを行うスカベンジャーを結成。
 メール  金曜日担当
 ホーム  個人ブログはありません

こんにちわCCD*です。

いきなりですが、サステナブル・コンサンプションってご存知ですか?日本語に訳すと持続可能な消費となります。昨今、「持続可能な開発」あるいは「持続可能な生産」に焦点があてられてきましたが、ついに消費も注目されるようになって来ました。

サステナブル・コンサンプションはUNEPが主体的に動いているようですが、民間において、あるいは外国においてどの程度サステナブル・コンサンプションに関する議論があるのかまだわかりません。しかし、わが国わが文化におけるサステナブル・コンサンプション像をきづくことは将来のために有益だと思います。

エコロジー思想を実践し、生命の共生を実現するために。まずわが国において文化が、維新から30年で大きく変わった明治期のごとき変革が必要です。今年のクール・ビズなどはその芽です。もともと背広は夏着ていませんでしたから、復活ということでもありますが。

文化の啓蒙には美しさと楽しさが必要であることも忘れてはなりません。美しさとは、シンプルさ、といってもいいでしょう。

だれもがすぐに真似のできるシンプルで強く楽しいサステナブル・コンサンプション。人の元気と落ち着きを祈る真心を中心として。素直で賢い消費の理論。頼もしい方向性。

消費のあり方は変わりました。消費は目的である時代から消費が手段である時代へ。この世を流れるお金というエネルギーでどんな大地をつくるか。魂へのテストが始まっています。

まずは自分の健康を。そして情報のシェアと予防のための行動。無知・無関心な人に罪をかぶせるようになってはならないので、これを読んだ人は、リスク回避だと思って今のうちに有益な情報と思えるものがあればシェアすることをお勧めします。

後悔を残さない航海を繰り返す公開プロジェクト、スカベンジャードットジェイピー、アーイエー。http://www.scavenger.jp/

国連大学の安井先生をテレビで見ました。いつも一定の姿勢ですね。

サステナブルな暮らしの中身、について、考え方の型はだいぶ用意されたように思います。最近は、実践の姿を社会へうつしてゆく時代になっています。勇気を持って提案し、もし間違っていたら訂正し、切磋琢磨してサステナブル文化を磨いてゆく。その文化をうまくシェアすることで、21世紀のアジアを切り盛りできる人材をはぐくみましょう。アジアが大丈夫なら世界は安心すると思いますね。

この星になにを残したいか。これからの活動家はそのセンスを問われます。サステナブルの価値とは、継続は力なり、というコトバと同じです。環境の整理・野生の復活ルネッサンスが継続するしくみを用意しましょう。この文化が100年続けられたら、富士山も渋谷もガンジス川もきれいになっているかも。みんなおいしい野菜を食べているかも。土の香りにうっとりする感性が蔓延しているかも。

大きな森を20年で創造できる時代です。もうわれわれも10代のための道を用意、清掃することが求められているかもしれませんね。持続可能が鍵です。情報活動家は情報処理能力および情報編集能力が肝です。

くれぐれも健康第一でお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

連載1回目/ピーストーク@さいたま

2005年07月22日 | 金曜日
CCD*(しぃーしぃーでぃー)
カナダで氷河が溶けているのを見、衝撃を受け、環境問題に興味を持つ。アメリカ同時多発テロ事件が起き、いてもたってもいられずにごみを拾いはじめ、情報発信基地である渋谷でのゴミ拾いを行うスカベンジャーを結成。
 メール  金曜日担当
 ホーム  個人ブログはありません

ど~も~、CCD*ですー。連載第1回目からいきなり日記のような文章になってしまいますがお許しください。

先日、文化人・田中章義氏のワーク、「ピーストーク」@さいたまに行ってきました。

さいたま新都心駅下車。品川駅前を大きくした感じの公団建造物オン&オン。会場はホテルの講演室。人がびっしりうまっていました。

テーマはがちんこでアフリカ。菊川怜さんがが難民キャンプ一週間の体験を語り、ルワンダ人で美しい日本語を操る活動家マリールイズさんがプレゼンテーション。

UNHCRのサポーターの菊川さん。キャンプでは、ブルー過ぎてテンションの低い子供をみて、かなりまいったそうです。目の前で家族を殺されたりしているせい。キャンプを離れる小型セスナの窓の外を見たとき、あたりまえのことがありがたいという真理、のようなものが心にうずをまき、涙が頬をつたったそう。

マリールイズさんのことは以前から人つてに聞いてはいたが、想像以上に強く明るい方だった。 40才で、3児の母。日本語を語るときの響きがとくべつにうつくしい。やさしさが感じられ、かつ、しっかりした内容。

28才のとき、JICAのカウンターパートとして来日し、洋裁と日本語を学ぶ。帰国すると2ヶ月でルワンダ内戦が勃発。近所に大統領が乗った飛行機が墜落。その日から悪夢が広がる。

「すべての悪は地獄を去り、ルワンダに集結」

と1994年のタイム誌が伝えたごとく、憎しみと怒りが暴走。フツ族とツチ族の闘争。ジェノサイド。目の前で知っている人が殺されてゆく。近所は死に覆われる。意を決して子供をかかえ、逃げ出す。

そして難民となる。

たまたま逃げたコンゴで、連絡のとれなかった旦那さんと再会する。ほかの国に逃げた人もいたが彼女はたまたまコンゴを選んだ。ものすごいレベルの不幸中の幸い哉。そして難民キャンプで日本人医師と知り合い、最終的に家族で日本の福島へ再来日を果たす。

福島県伊達郡伊達町。

そこは私の父のふるさとでもある。講演後、彼女と話をしていると、なんと、ザンビアで医療協力していた父のことを、人つてに聞いて知っていたのだった。絶妙なる縁に、胸に手をあて感謝。

彼女は今、日本各地で講演活動などを行い、ギャラをルワンダの学校つくりに費やしている。現地では、そのゼロからつくった学校で、333人の生徒らが学んでいるとのこと。校庭には三春の桜の木が植えられているらしい。

活動を応援したいと思いました。

アフリカへの理由なき慕情。朝日にも消え入らず。

それではみなさん、また来週か再来週。
CCD*
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はじめまして、CCDです。

2005年07月15日 | 金曜日
CCD*(しぃーしぃーでぃー)
カナダで氷河が溶けているのを見、衝撃を受け、環境問題に興味を持つ。アメリカ同時多発テロ事件が起き、いてもたってもいられずにごみを拾いはじめ、情報発信基地である渋谷でのゴミ拾いを行うスカベンジャーを結成。
 メール  隔週金曜日担当
 ホーム  個人ブログはありません

はじめまして。スカベンジャーのCCDです。ヤマト・フリークライマー、Scavenger mcとして「コトホギ」を実践しております。隔週金曜日に連載ですが、毎週書いちゃう勢いで頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする