goo

イレル=エルランジェ「曼華鏡の旅」第三章

第三章 われわれの血管のなかを白血球や赤血球が循環しているのとまったく同じように、大都会の動脈はひっきりなしに、──おそらくは非常に神秘的な目的、この地上的な面では明かされないような神秘的な目的のために──、その「白血球」と「赤血球」とを運びつづける。すなわち ひしめきあう 通行人 貪欲で、倫理的で、体液過剰の──気のふれた、ふわふわした、ふっと消える──同じような顔をしていながらおのおの個性 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )