goo

イレル=エルランジェ「曼華鏡の旅」第三章

第三章 われわれの血管のなかを白血球や赤血球が循環しているのとまったく同じように、大都会の動脈はひっきりなしに、──おそらくは非常に神秘的な目的、この地上的な面では明かされないような神秘的な目的のために──、その「白血球」と「赤血球」とを運びつづける。すなわち ひしめきあう 通行人 貪欲で、倫理的で、体液過剰の──気のふれた、ふわふわした、ふっと消える──同じような顔をしていながらおのおの個性 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イレル=エルランジェ「曼華鏡の旅」第二章

第二章 ジョエル・ジョーズが 伯爵夫人ヴェラに 宛てた手紙 19**年5月11日、土曜、朝 ヴェラ、ヴェラ! お返事をください! どうか見捨てないでください! たった一言。しるしのひとつでも。数秒のお時間を……お願いいたします……貴女はすばらしく秀でた、気高いお方だ。そのすぐれた技芸ひとつとってみても、貴女は凡俗のはるかに及ばぬ高みにおいでです。見かけに惑わされるとはなんという愚の骨 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イレル=エルランジェ「曼華鏡の旅」第一章

第一章 19**年5月8日付の朝刊各紙は、ゴチック体の大見出しのもとに、下記の記事をこぞって転載した。 ぺてん師か狂人か? 「科学の夕べ」における 大珍件 発明家ジョエル・ジョーズの 失踪 ── 昨夜、百万長者の舞踏家、高名かつ美貌の世俗芸術家としてヨーロッパはもとより南北アメリカにまで絶大なる人気を誇る伯爵夫人ヴェラは、モンテーニュ街の壮麗な邸宅で、とある会合を開いたが、その魅力あふ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イレル=エルランジェ「曼華鏡の旅」──扉のページ

L.B. の 偉大なる 精神に 謹んで これらのページを捧げる。 I.H.-E. 扉のページ このページへ著者はいつの日にか 自分の意図 と 後日付加されるはずの 挿絵 との上に投影したいと思う これは小説ではなく 性格の研究などではさらさらなく ただわれわれはいくつかの「しるし」を把捉し定着させようと熱心に試みたにすぎない。 登場人物は、 (紹介しておく必要があろう) ジョエル・ジョ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )