stellar locus

日々の出来事やアニメやゲームの感想を綴っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テガミバチ 第8話  感想

2009年11月23日 11時40分45秒 | アニメ
シルベット・スエードに会う


コナーとザジに連れられて、シルベットに会いに来たラグだったが、
ゴーシュがBEEを止めたと言う事を知り、落ち込んでいた。

   「僕は言えなかった。心からゴーシュさんを信じているラグにずっと言えなかったよ。」

つまりコナーは最初から知っていたんですね。
確かにあんなに輝いた目でゴーシュのことを語るラグに
面と向かって事実を言うのはきついでしょうが、ちゃんと事情を言うべきでしたね。


   「俺らは先に戻ってるから、あいつに謝っといて。・・・なんか、ちょっと悪かったな。つっといて。」

ラグの事情を知ったザジは反省していました。
でも、自分では謝ることができないので、コナーに頼むと・・・
やっぱり良い奴ですね。
なんか好きだな~ザジ。


シルベットの家に入ったラグは、シルベットに借金取りに間違われ、銃を向けられる。
その銃を見たラグはゴーシュが家に帰っているのだと思い込む。

   「あなたラグ・シーイングなのね!?」

ラグのことをゴーシュから聞いていたシルベットは、
ラグたちを部屋に招き、ミルクで煮出したお茶を振舞う。

   「あら、だからちっちゃいのかな?大きくなれなくても知りませんよ?」

ミルクが飲めないニッチに言うシルベット。
ニッチはシルベットの豊かな胸を見て、ミルクを一気飲みする。

大きくなれなくても・・・ってのは、胸のことじゃないですよね。
いや、しかしシルベットはラグと同い年にしては胸が大きいかも・・・
ニッチの年から気にするべき事ではないと思いますが・・・

   「ニッチ大丈夫?摩訶舌で熱いのダメなはずなのに。」

ニッチは熱いものがダメなようです。
猫舌ならぬ摩訶舌で・・・摩訶って猫?
いや、違いますよね。

シルベットはもっとおとなしい子だと思っていたラグですが、
確かにゴーシュの記憶から見て取れるシルベットはおとなしい子に見えたので、
この性格は予想外でした。

   「兄はね。君のこと、いつかユウサリに出てくると思っていたみたい。
   BEEの資質があるって言ってたわ。」


ラグとしては、ゴーシュにそう思ってもらえて嬉しいでしょう。
そして、シルベットにゴーシュのことを尋ねるラグ。
シルベットはラグに手紙を見るように言う。
そこに書かれていたのは、ゴーシュが行方不明になり、BEEを解雇されたという通知書。

シルベットの元にある銃は、
ゴーシュがアカツキに行く前に銃を新調したので、残されていたもの。
今はシルベットのはったり護身用に使われている。

   「誰よりも職務に忠実だった兄がBEEの仕事を捨てて4年半。
   何の便りもないし、情報もないわ。だから・・・・希望は捨てました。」


兄は死んだのだと思う事にしたシルベットは、
いつも危険な配達に進んで行っていたゴーシュのこと責める。

   「会えて嬉しかったわ、ラグ・シーイング。でも、もう二度と来ないで下さい。」

ラグのことを拒絶するシルベット。
ラグと話しているゴーシュのことを思い出してつらいからでしょうね。
ゴーシュのことを信じているラグに事実を伝えるのは、
シルベットにはとてもつらい事・・・

ゴーシュが家に居るのだと思ってしまったラグの言葉はシルベットを傷つけていたんですね。
せめて、ラグがもう少し事情を知っていたなら・・・
コナーが事情を話す事が出来ていたなら良かったのですが・・・


帰り道。
ラグはニッチにもし自分が「こころ」を失くして、
ニッチの事を忘れてしまったらどうするのかを尋ねる。

   「ニッチはラグのディンゴなのだぞ。ニッチに任せよう。」
   「でも・・・」
   「平気だ。ラグが忘れても、ニッチがラグを忘れないからな。だから、ずっと一緒だ。」

詳しい事情は分からなくても、ニッチはラグに希望を与えられる。
ニッチはラグを支える事が出来る。
ラグはいい相棒に出会えました。

   「美人には豊かな乳も必要なのだろうか・・・」

それは相手の好みにもよりますね・・・
コナーは再びステーキに食われそうになっていました。(笑)


ラグは希望を捨ててしまったシルベットにもう一度会いに行く。

   ―――ゴーシュはどこかで必ず生きている。
      それなら僕自身がゴーシュを探す希望に、シルベットの希望になればいい。


シルベット自身も一度はゴーシュはどこかにいると思っていたでしょうが、
4年半の歳月は彼女から希望を奪い去った。
それを知ったばかりのラグの言葉が何処までシルベットに伝わるのか分かりませんが、
シルベットも本心ではゴーシュのことを諦めたくはない筈です。
ラグの心はシルベットに届くのか・・・・
次回ですね。

コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 9月終了作品の評価 | トップ | 紅白出場歌手発表 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

15 トラックバック

テガミバチ 第8話「シルベット・スエードに会う」 (White wing)
主人公ラグが憧れのゴーシュの妹シルベットと初めて会うお話でした。 シルベルトと会う前にラグはザジからゴーシュがBEEではないと聞かされショックを受けたままでシルベットと会うんですね。ところがゴーシュの銃を持つシルベットの姿を見てゴーシュが戻って来ていると...
テガミバチ 第08話「シルベット・スエードに会う」 (*記憶のかけら)
一体、ゴーシュに何が?そしてどこへ?
「テガミバチ」#8【シルベット・スエードに会う】ニッチに泣かされた~。 (橘の部屋)
もぉ~っもぉ~っもぉ~っ! ニッチがイイ!!今回はまたヤラれたわぁ。 んで脇をしめるメンツがまた良い。{/hikari_blue/} ザジもコナーも良い味が出てる。 いや~なんかザジな岸尾さんが、良いですね~。 すんごい岸尾さんっぽい所もあり、新鮮な言い方もあり、楽しい。...
「テガミバチ」第8話 (日々“是”精進!)
   第八話「シルベット・スエードに会う」ゴーシュはもうBEEではない。BEE審査監視員のテガミバチ、ザジから聞かされた言葉にショックを受けたラグは、浮かない気持ちのままニッチとステーキを連れ、ゴーシュの妹・シルベットに会いに行く。そんなラグたちを出迎えたの...
ゴーシュの妹シルベット、ついに登場。そして12月5日放送は、ゴーシュ”回想”扱いではないゴーシュ再臨です! テガミバチ第8話『シル... (シュージローのマイルーム2号店)
 原作未読な方に説明すると……原作1話にアニメ1話で進んでるテガミバチアニメ。  もちろん、再来週の第10話に、台詞の多い福山さん再臨で...
テガミバチ #8 (日々の記録)
ゴーシュがビーを辞めたと聞いて、ラグは激しく動揺します。そしてラグは、シルベットのところを訪れたのでした。シルベットのところを尋ねたラグは、ゴーシュがビーを辞めた理由を知...
テガミバチ 第8話 シルベット・スエードに会う (つれづれ)
 シルベットが1話で出てきたイメージと全然違っていて驚きました。こういう性格の方がいいですけど。
テガミバチ#8「シルベット・スエードに会う」感想 (おぼろ二次元日記)
ゴーシュはBEEを解雇されていた!?衝撃の事実を知ったラグは・・・!「シルベット・スエードに会う」あらすじは公式からです。ゴーシュはもうBEEではない。BEE審査監視員のテガミバチ、ザジから聞かされた言葉にショックを受けたラグは、浮かない気持ちのままニッチと...
テガミバチ 第8話「シルベット=スエードに会う」 (破滅の闇日記)
テガミバチ 1 [DVD](2010/01/27)沢城みゆき福山 潤商品詳細を見る せっかく試験にも合格してザジにも誉められましたが、ゴージュがビーを止めさせら...
テガミバチ 8話「シルベット・スエードに会う」 (Spare Time)
ゴーシュがBEEの名簿から抹消されているという事実を聞いたラグ 首都勤務の過酷さに耐え切れず挫折した…そんな風に言われたらラグにとっては...
テガミバチ 第八話「シルベット・スエードに会う」 (無限回廊幻想記譚)
コナー・クルフの馬車に揺られてユウサリへと戻るラグ・シーイングとニッチ。ラグは審議官のザジからゴーシュ・スエードが既にテガミバチでは無くなっているという真実を知らされる。ヘッドビー候補でありハチノスのエースであったゴーシュだが、既に何年も前にBEEではな...
テガミバチ #8 (朔夜の桜)
「シルベット・スエードに会う」 最終回までにちゃんとした出番があるのかなぁゴーシュ。。 燃え尽きちゃったのかしら。 あぁ泣いちゃった。 入れない理由が? 言えなかったのも辛かったね。 ツンデレ!ツンデレですね。カワイイ~。 勝手に入っちゃった。 飛ぶカエ...
テガミバチ 第8話「シルベット=スエードに会う」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
ゴーシュがBEEじゃない-------------!?どうやらゴーシュは既に数年前にBEEの権利をはく奪されたよう。立派なBEEだったし、仕事熱心だったテガミバチ。次のヘッド・BEEを目指して頑張っていると思っていたのに・・・。再会を楽しみにして、彼を目標にしてき....
ナナニーにも乳がある「テガミバチ」 (Anime in my life 1号店)
治安が悪い諸外国からみれば、日本の「無法地帯」は「無縫痴態」ではあっても余りに無防備太平楽ではないのかと呆れられるのが常です。 ...
テガミバチ 8話 「シルベット・スエードに会う」 (穹翔ける星)
失われし希望