日替わり定食・Bランチ

バンコクにある日本人の劇団「劇団サザン天都」のブログです。 劇団員が日替わりで登場します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エンタメの火曜日

 | Weblog
ご無沙汰しています。



久しぶりにタイ映画を見てきました。


「マーキュリーマン」


タイ版スパイダーマンですwwwww




消防士が謎の物質の力を得て
超人マーキュリーマンになります。



その頃バンコクではテロの準備が
着々と進められています。
アメリカ兵に妻子を殺されたイスラム系タイ人が
首謀者です。



マーキュリーマンの存在に恐れを抱いたテロリストたちは
彼の母親を人質に取ります。


マーキュリーマンは母と多くのバンコク市民を守るため
テロリストと戦います。




といったストーリーなんですが、

なんと!

この映画!

タイ映画にしては珍しく
ストーリーに破綻がありません!!!


ストーリーに矛盾が無くエンディングを迎えました。



パチパチパチッ!



確かに「スパイダーマン」のパクリ以外の何物でもありませんが
身の程をわきまえてるというか、、、
随所に「Spidy,How U R」
(スパイダーマン、おまえならどうする!)
という言葉が映り込んでいます。
タイ解釈のパロディという前提で作っています。



メチャクチャなところは確かにありました。


コンピューターで弾道を制御されたミサイルを
目測で撃った手動ミサイル一発で撃墜できたり、
CGも酷い出来だし、
最後はデビルマンのシレーヌそっくりな奴まで、、、、



タイ人が大好きな社会的弱者いじめをして
笑いを押し付けるような場面が無く
好感が持てる映画でした。


今週は 88点 です。


タイ映画にしては高得点。



テロに味方する科学者役で
前回サザ天の公演で照明を担当してくださった
タカトさんがでてました。
英語のセリフは吹き替えでしょ???
コメント (14)   トラックバック (16)

エンタメの火曜日

 | Weblog
「空を見ろ!」

「鳥だ!」

「飛行機よ!」

「いや、スーパーマンだ!」




というフレーズを知っている人も
少なくなってるんじゃないでしょうか?



さて、スーパーマンが帰ってきました。



今週は『スーパーマン・リターンズ』です。




映画のオープニングは
昔の「スーパーマン」のオープニングと一緒なんです。
テーマ曲も昔のスーパーマンの曲をそのまま使っていますし
監督や出演者のクレジットの出し方も同じ。



「おっ!これは!」



と思ったのもここまで、、、。





スーパーマンがかっこよくないんです!





役者さんはゴッツ男前なんですけどね、
なんというか、、、
(女性には配慮の欠けた言い方に感じるかもしれませんが)
メメしいんです。



スーパーマンが帰っててくるまでの何年間かに
嘗ての恋人のロイス・レーンは結婚をして
子供までいますが、
スーパーマンは能力を使ってストーカーまがいのことをして
メソメソしてばっかりです。
ロイス・レーンの旦那の方がよっぽど男らしく見えるのは
自分だけでしょうか???
スーパーマン役者が実生活ではゲイなんだ、
という雰囲気が画面から感じられるからでしょうか。



爽快感が無いんです、、、。



彩度を押さえた画面の作り方なので
スーパーマンの顔色が悪くなっているからでしょうか。



躍動感が無いんです、、、。



なんかスーパーマンの映画というよりも
「ロイス・レーンとその家族」が主役の映画みたいでした。



不思議な映画。



半年ほど前から楽しみにしてたのになぁ、、、。



もっともっと???なところはありますが
ネタバレになっちゃいますのでやめときます。



今週の得点 60点 です。



「X-メン III」でサイクロプスが1分ぐらいしか
でてなかったのは、こっちに出てからなのね。





http://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/
コメント

エンタメの火曜日

 | Weblog
再開1回目はゲームの映画化「サイレントヒル」です。



ホラーゲームですね。




ゲームの方はというと
「サイレントヒル」というかつてはリゾートだった街へ
向かった父と娘。
その途中で交通事故を起こします。
父が気を失っている間に娘がいなくなっており、
その娘を探しに魔物が徘徊する街に変貌してしまった
「サイレントヒル」に入っていきます。




この映画はその「サイレントヒル」という街の設定だけを借り、
ストーリー自体はまったくの映画オリジナルです。




この「サイレントヒル」は街全体に呪いがかかっています。
普段もゴーストタウンらしく常に霧のようなものがかかっており
雪とも灰とも知れぬものがチラチラと舞っています。
ところが何の前触れも無く街全体が一変します。
闇に包まれジメジメとし、
壁や床が赤サビに覆われた金網に変わります。
魔物が徘徊します。



ゲームでは主人公は武器を持ち魔物をやっつけていくのですが、
映画では主人公は一切武器を持ちません。
ただ逃げるだけです。



あ、言い忘れていましたが
映画では母と娘に設定が変わっています。




こういう書き方をすると
この映画は魔物をやっつける映画みたいな感じですが
実際には魔物はホンの数シーンしか出てきません。
この街を呪われた街に陥れた原因を探し当てることが
ストーリーの中心になっています。



ゲームでの「サイレントヒル」の街の雰囲気をよく再現しています。
それにストーリーも無理なくよくできていました。




今週の点数 76点 です。




この映画、非常に後味が悪いんです。
せっかく母と娘は助かったのに、、、
ラストで救いが無いというか、、、
この後味の悪さはゲームの再現?




サイレントヒル
http://www.silenthill.jp/main.html
コメント

エンタメの火曜日

 | Weblog
長らく更新を休止しておりました。


先週末にサザン天都第9回公演
「FACE ~遠い記憶~」
を無事終了することができました。

劇場にお越しいただきました皆様、
本当にありがとうございました!

大雨の中、何事も無く
帰ることができたでしょうか?

皆様からの観劇後のアンケートを
拝読させていただきました。

温かい言葉をいただき
座員一同、感謝しております。

ぜひ、次回もお越しください。

本当にありがとうございました!

コメント (1)

食の月曜日

 | Weblog


長らくご無沙汰してすみません。

食の月曜日です。



唐突ですが・・・



「ビアード・パパの作りたて工房」ってご存知ですか?

日本のシュークリーム専門店だそうです。


日本にいる時には知らなかったのですが・・・。


「いつも、できたて・作りたての最高に美味しい状態のシュークリームをお客様に食べてもらいたいから・・・」
ということで、パイシュー皮をお店の中のオーブンで焼いて、カスタードクリームもすべて店内の工房で作っているそうです。

「小麦粉・グラニュー糖などの材料も最高級のものを、特に、バニラビーンズは、天然のものだけを使用しています。 防腐剤や安定剤も一切使用していません。」

「“サクサク“パイシュー皮に生クリームカスタードをお詰めし、実演販売を行っています。」
と、こだわった「ビアード・パパのパイ・シュークリーム」。




なんと、サイアム・パラゴンで見つけてしまいました!




あざやかな黄色の看板。

ブルーの文字で「beard papa’s fresh’n natural cream puffs 」


実演販売をしていたのです。



目の前でシューにクリームを充填していたタイ人の店員さんが、

「いらっしゃいませ」と声をかけてくれなければ、日系のお店とは気付きませんでした。



5個で、200バーツ。



期待を胸に持ち帰って、食してみると・・・



ちょっと固めのサクサクなシュー生地。

パイ生地とシュー生地の二重構造。


とろーりとした、甘さひかえめ、さっぱり目のカスタードクリーム。

ところどころに見える黒い点々は、きっとバニラビーンズ。



おいし~いっ!!


ひとり一つでは、足りな~い!


また、すぐ買いに行きた~い!


と思いました。



タイのロイヤル・ファミリーの方と見られる女性も購入なさったようですよ。
後ろに控えていた制服のお付の人が、黄色い箱をうやうやしく掲げ上げていました。

ちなみに、シャネルの袋は手に提げていましたが・・・。


コメント

りょーまま日記

 | Weblog

みなさん、どうもこんばんはー。

ここ一ヶ月以上というもの、原因不明の胃炎らしきものになってしまい
体調不良のりょーままです。

病院も何度も通い、薬も何種類も変えて飲んだんだけど
一向によくならず、ついに胃カメラ!までやる羽目に。

胃カメラだけは避けたかったんだけどねー。
だって、胃カメラって、みんな泣きながら苦しそうに飲んでるじゃない?
飲んだことある人はみんな口をそろえて

「二度とやりたくない!」
って言うじゃない、、、、、、。

やりたくないよねー。



ところが、今の胃カメラって痛くないんだよ。


なぜって??



なんと、全身麻酔をしちゃうからなのです。

手の甲から注射針で、麻酔をちゅ~と入れられ
たぶん、一分もしないうちに深ーい、眠りに落ちました。

で、気がついたら、違う部屋に居て、
麻酔を打ってからかれこれ2時間半近くたっていました。

なので、いつ胃カメラを入れたのか全然分からない。記憶に無い。

そう思うと、麻酔って怖いよね。

そして先生の診断によると、胆汁がどういうわけか胃に逆流して
それで、胃を刺激して痛くなるらしい。

でも、肝心の原因はわからないのよねー。

今のところ、胆嚢も胃も機能的には問題ないらしいんだけど。

とにかく、痛みの原因が分かっただけでも
少しほっとしてます。

そうそう、検査が終わって胃カメラやったときのカラー写真とDVDまで
もらいました。最近の医療ってすごいね~。
初めて自分の胃の中を見ちゃいました。

薬を飲んでいても、まだ、突然痛みがやってきたりして
ごはんも今のところ、消化のよいものだけです。

ああ~、早くよくなって焼肉食べたいよお~~!

みんな今頃練習がんばってるんだろうなー。
体調がよくなったら、また遊びにいきまーす。
コメント

食の月曜日

 | Weblog


先週に引き続き、デリカテッセン。

きょうは、和食。

大戸屋です。



サイアムパラゴンに初めて行ったとき、大戸屋の「デリ」を見つけて大感激!

ちょっとだけ、日本のデパ地下のお惣菜売り場を思い出してしまいました。


伊勢丹も、お店の規模はちょっと小さめでしたが、ほとんど同じ品揃えでした。



買ったのは、焼いてあるアジの干物。



焼き魚や干物が大好きなのですが、アパートの換気扇のことを考えると、家で焼くことはためらってしまいます。

魚屋さんに頼めば焼いて持ってきてくれるようなのですが・・・。
一枚という訳にもいかないですよね・・・。

大きなアジの干物を、おかずの一皿に加え、家族でいただきました。




それにしても、大戸屋さんって、すごいですね。


「ごはん処」に「キッチン」、それに「デリ」ですって!


「ごはん処」は、Jアヴェニューとサイアムパラゴン、それにエカマイのBIG-C。

「キッチン」というのが、エンポリアムとサイアムパラゴン。

「デリ」が、サイアムパラゴンと伊勢丹。



エンポリの「キッチン」は、シネマ帰りのエスカレータから、見下ろされているようで、ちょっと落ち着かない気もしますが・・・。


けっこう、タイ人の方も食べに来ているし、しっかりタイに受け入れられたという感じでしょうか・・・。



コメント

食の月曜日

 | Weblog



学校が春休みに入り、そろそろひと月になろうとしています。


生活が乱れています。

なぜかしら・・・。



おとといから、9日間のソンクラン休み。

タイで、家族4人が皆いっしょに休める、もっとも長いお休みです。


うれしいなぁ~。

うれしいんだよなぁ~!?


でもなぁ~・・・。

ペースがなぁ~・・・。




そんなこんなで(?)、最近のお気に入りをご紹介します。




スクンビット・ソイ20のドイツ料理「Bei Otto」。

たぶん「バイ・オットー」って読むんですよね。



レストランには、まだ一度しか行ったことがないのですが、はまっているのは、レストランの横にある小さな売店です。



そこのパンがおいしいのです。



『バゲット・ブレッド』


だったかな・・・。


いままでバンコクで食べたパンのなかで、一番フランスパンに近い!と思いました。

パリパリでサクサクのかわ、大き目の気泡でさっぱりした中身。



お店で売っている ちょっとしょっぱいけど、ぷりぷりしてすごくおいしいソーセージを焼いて、あるいはレバーパテをのせて・・・。


ん~ん!!


それにやはりそこのお店で売っている、お友だち推薦のタイ産の赤ワインといっしょにいただくと・・・。



最高です。



パンは、翌日でも、ちょっと温めると焼きたてのようにパリパリになります。


でも、毎朝8時から開いているらしいので、こんどは、本当の焼きたてを買いに行きたいとおもっています。





コメント

りょーまま日記

 | Weblog

私も、長ら~く
ご無沙汰しちゃいました、、、、。

さて、りょーちゃんはただいま4ヵ月半を迎え
「両脇支えたっち」がブームです。

3ヶ月の後半くらいから、たっちの格好をしたがるようになり、
はじめはぐらぐらして(当たり前だけど)
ほとんど、こちらが支えてたっていう感じだったけど
最近は、足が随分としっかりしてきて
安定感がでてきたかな。

とはいっても、まだ、一人じゃーもちろん立てないけどね。

そんで、最近できるようになったのが、
寝ている状態から、私が両腕を上に引っ張って
上体を起こし、そのまま立ち上がるっていうもの。

文章にして書くと分かりにくいかもですが、
とにかく、自分で立てたっていうのが嬉しいらしく
とっても満足そう。

また、横に寝かせると
「もっとやって!!」と手足をバタバタさせて
お目目をきらきらさせるので
「しょうが無いな~」と、何度もやる羽目に。

そして更に、歩く練習までしてます。
寝返りやはいはいはまだなんだけど、
どうやら、早く歩きたいみたい。

男の子だからか、手足の力はすごく強くて
最近は、私の腕や首を容赦なくむぎゅ~ってつかむので
痛いの何の!
もうー、あざになっちゃうよー。


近いうちに、連れて行くので
みんな、遊んでやってくださいねー。
コメント

食の月曜日

 | Weblog


パソコンがやっと修理から戻ってきました。


まだ、半年しか使っていないというのに、マザーボードなるものを取り替えなくてはならないようなことになってしまいました。

そんな乱暴な使い方はしていなかったと思うのですが・・・。

約三週間、さみしいような、のんびりできたたような・・・。



でも、毎週月曜日に投稿を続けていた「食の月曜日」担当としては、申し訳なく思っております。

お休みしてしまって、ごめんなさい!




気を取り直して・・・。




時は弥生三月。


女の節句。



和 Dining 菊水の 3月のディナースペシャル「女性(おとな)のためのひな祭り」をいただいてきました。



「菊水」というと、ご主人さまたちがお仕事で使う高級なお店というイメージがあったのですが、「女性のための」といううたい文句と、税込み530バーツ(サービス料別)という明朗会計(?)につられて行ってきました。



玄関の前に立つと、そこからすでに、「清潔で、明るい」という雰囲気が感じられました。


中に入ってみると、やっぱり清潔で、間接照明なのですが、とても明るかったです。



わたくしとしては、夜でも明るい照明の下で、お料理の色や仕上がり具合をはっきり見たいのです。

薄暗い照明のなかで、何を食べているかわからないようでは食欲も失せてしまいます。



テーブルはゆったりとした配置になっていて、お隣が気にならないようになっていました。




さて、お料理は・・・。



祝い膳「6種のアミューズメントスプーン」

菊水のおすすめ人気のメニューを6種類。
白いレンゲの上に一口ずつ盛られていました。



祝い寿司「新鮮 海鮮ちらし」と「蛤と豆腐の潮汁」



デザート「自家製ビスキュイ メイプルソース 抹茶アイス添え」と「金粉入りお茶」



とても可愛らしいコースです。


菊水のホームページや、日本語情報誌に写真が出ていますので、探してみてください。



そう頻繁に行けるお店ではありませんので、この時期、親しいお友だちの歓送会などに、「利用価値 大」という印象です。


一度、行ってみてもいいかも・・・。





コメント