名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(914);中飛車に加藤流袖飛車急戦(桐山清澄)

2018-06-13 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180613
昭和62年9月、桐山清澄先生と第13期棋王戦です。桐山先生は棋聖のタイトルを持っています。

大山先生の中飛車に桐山先生は袖飛車で

加藤流の急戦です。その昔は38飛と戻って47金~36金あるいは二枚銀の形で47銀~36銀というのがありました。(というのを加藤一二三先生の定跡書で学びました。加藤流を編み出される前の話です。)
大山先生のいつもの玉頭の袖飛車です。

桐山先生は構わず攻めていきますが

王手なので角筋が止まります。

ちょっと落ち着くかというところですが、55歩。これがよくわからない手です。後手の54歩を避けた、飛車の横利きを通した、というところですが、この位は保てません。

早速動かれましたが34歩を取れて

45歩を取られたら歩の損得は消えます。先手玉のほうが堅いけれど後手陣の金銀も働いています。角の働きも違います。ということで互角くらいです。

桐山先生は端に手を付けて

55歩で銀を交換して

32銀の両取り。

駒得でも筋は悪いです。

56桂~44歩もあるからかという気はするのですが、大山先生の35角は質駒になって損な手です。79角というのが壁を解消して味が良い、ということで少し先手もちになったか。

71飛から香銀を交換してもらって、大山先生が持ち直しました。まだ互角くらい。

端を攻めて香を取れば

桐山先生は74桂から と金を作ります。

ここが決め所と、飛車を切って

香桂で攻めました。

だけど王手桂取りがあったのですね。先の飛車きりは桐山先生の勇み足だったか。

46金に44竜?34竜でこの両取りを避けるほうが普通です。大山先生のうっかりということでもなく

43香を払えるから飛車を取られても問題なしと判断したのでしょう。玉の早逃げで問題なし、ならば良かったのですが。

79角と46金も良く働いています。これで桐山先生の攻めが切れなくなりました。45同金同金同竜44金は寄りですね。

45歩を取れなくて、いくばくもなく投了となりました。

やはり桐山先生の将棋はわかりにくいです。わからないけれど混戦を抜け出したというのが充実期なのでしょう。
全体的には大山先生が押していたと思うのですが、ちょっとミスがありました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:桐山清澄棋聖
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 3二銀(31)
7 5六歩(57)
8 4三銀(32)
9 6八玉(59)
10 5二飛(82)
11 7八玉(68)
12 6二玉(51)
13 5八金(49)
14 7二玉(62)
15 9六歩(97)
16 9四歩(93)
17 6八銀(79)
18 8二玉(72)
19 3六歩(37)
20 7二銀(71)
21 4六歩(47)
22 3三角(22)
23 2五歩(26)
24 3二金(41)
25 5七銀(48)
26 6四歩(63)
27 3八飛(28)
28 7四歩(73)
29 3五歩(36)
30 同 歩(34)
31 同 飛(38)
32 3四歩打
33 3六飛(35)
34 6三銀(72)
35 3七桂(29)
36 7二飛(52)
37 2四歩(25)
38 同 歩(23)
39 4五歩(46)
40 7五歩(74)
41 同 歩(76)
42 同 飛(72)
43 7七銀(68)
44 7二飛(75)
45 7六歩打
46 6二金(61)
47 5五歩(56)
48 5四歩(53)
49 同 歩(55)
50 同 銀(43)
51 3四飛(36)
52 4三金(32)
53 3六飛(34)
54 3五歩打
55 同 飛(36)
56 3四歩打
57 3六飛(35)
58 4五歩(44)
59 5六銀(57)
60 4四角(33)
61 9五歩(96)
62 同 歩(94)
63 9三歩打
64 同 香(91)
65 5五歩打
66 6五銀(54)
67 同 銀(56)
68 同 歩(64)
69 3二銀打
70 5七歩打
71 同 金(58)
72 5二金(62)
73 2一銀成(32)
74 9六歩(95)
75 9五歩打
76 3五角(44)
77 7九角(88)
78 7一飛(72)
79 1一成銀(21)
80 同 飛(71)
81 7五歩(76)
82 9五香(93)
83 9三歩打
84 7六歩打
85 同 銀(77)
86 9七歩成(96)
87 同 香(99)
88 9六歩打
89 同 香(97)
90 同 香(95)
91 7四桂打
92 7二玉(82)
93 9二歩成(93)
94 9八香成(96)
95 8二と(92)
96 6一玉(72)
97 3五飛(36)
98 同 歩(34)
99 4四歩打
100 4二金(43)
101 4三香打
102 5三金(42)
103 4五桂(37)
104 4八飛打
105 5八金(69)
106 4五飛成(48)
107 4六金(57)
108 4四龍(45)
109 2二角打
110 4三龍(44)
111 1一角成(22)
112 5一玉(61)
113 4四歩打
114 同 金(53)
115 7一飛打
116 4二玉(51)
117 4五歩打
118 3四金(44)
119 3五金(46)
120 7七歩打
121 同 玉(78)
122 5七歩打
123 4四歩(45)
124 2三龍(43)
125 3四金(35)
126 同 龍(23)
127 6二桂成(74)
128 投了
まで127手で先手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20180613今日の一手(その703... | トップ | 大山将棋問題集 20180613 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事