名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1922);相矢倉(升田幸三)

2021-03-18 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210318 その2

昭和32年2月、升田幸三先生と第6期王将戦第6局の千日手指し直し局です。

升田先生の先手に代わりましたが、またも矢倉です。

46歩と64歩の対抗で、

6筋と4筋の位を取り合います。

先後同型になりましたが、46角に64角と応じると、35歩同歩64角同銀71角84飛35角成というのがねらい筋になります。どちらからもねらえるのですが、先手のほうが先に攻められるので

大山先生は64銀として先後同型から離れました。79玉に83飛として

駒組が進みますが、升田先生の凹矢倉に対して、大山先生は42金左から金無双のように組み替えます。32玉型が好きなのですよね。

さて先手の角筋が止まったので

大山先生は75歩同歩73飛。7筋を受けなければならないので、升田先生は57銀ならば穏やかでしょうか。

35歩の攻めを選びます。ここで大山先生は75銀76歩同銀34歩・・・という展開を選ばねばならなかったのです。

35同歩同銀。35同角64角は先手よしです。75銀は73角成ですし、銀の進出が2手違うということになりました。

75飛76歩74飛には

当然24歩から銀をさばかれます。玉の堅さが大違いですし、攻め駒の数も違います。はっきり先手有利になりました。

23歩に54飛

63銀打には53飛成、升田先生は玉が堅いので飛を切っても問題ありません。あとは攻めが続くかどうか。

53同金直に33歩、同玉や同桂とは取りにくく、

33同金22歩同玉42銀。31角があるので

32金53銀成同銀91角成。これで升田先生の駒得です。後手の24飛には28香を打てます。

52銀に37香を打ち、

33歩に34歩同歩(24飛の筋を消した)51金。打ちにくい金ですが、

63銀に81馬が先手になります。

72歩92馬64飛55角、これで飛を入手出来て

馬も使えます。

86歩を無視して41馬。22飛と受けられたら長いのでしょうが、

42金には32飛。22飛の受けには24桂同歩22飛成同歩23歩33玉42馬という寄せがあります。

32同金同馬22飛には34香、これで受けはなく、

79銀を取ると39飛が厄介ですが、逃げればこれまで。

 

珍しい先後同型になりましたが、先手のほうが指しやすそうです。大山先生の46手目35同歩がまずく、35同銀をわかっていなかったわけでもないでしょうに。悪くなっても勝負はその先にあると考えていたのでしょうか。

これで升田先生は王将を防衛しましたが、この当時は3番手直りとともに、第7局まで指すという決まりでした。千日手が2回ありましたから9番指しています。升田先生は後手番で2回千日手に持ち込んでいますから、序盤戦術が巧みだったということもわかります。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1957/02/18
手合割:平手  
先手:升田幸三王将
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 4二銀(31)  
   7 2六歩(27)  
   8 6二銀(71)  
   9 4八銀(39)  
  10 3二金(41)  
  11 4六歩(47)  
  12 4一玉(51)  
  13 4七銀(48)  
  14 5二金(61)  
  15 7八金(69)  
  16 6四歩(63)  
  17 6九玉(59)  
  18 6三銀(62)  
  19 2五歩(26)  
  20 3三銀(42)  
  21 5八金(49)  
  22 7四歩(73)  
  23 3六歩(37)  
  24 8五歩(84)  
  25 7九角(88)  
  26 6五歩(64)  
  27 4五歩(46)  
  28 5四歩(53)  
  29 5六歩(57)  
  30 3一角(22)  
  31 4六角(79)  
  32 6四銀(63)  
  33 7九玉(69)  
  34 8三飛(82)  
  35 6八金(58)  
  36 5三角(31)  
  37 3七角(46)  
  38 4二金(32)  
  39 8八玉(79)  
  40 3二玉(41)  
  41 4六銀(47)  
  42 7五歩(74)  
  43 同 歩(76)  
  44 7三飛(83)  
  45 3五歩(36)  
  46 同 歩(34)  
  47 同 銀(46)  
  48 7五飛(73)  
  49 7六歩打    
  50 7四飛(75)  
  51 2四歩(25)  
  52 同 歩(23)  
  53 同 銀(35)  
  54 同 銀(33)  
  55 同 飛(28)  
  56 2三歩打    
  57 5四飛(24)  
  58 6三銀打    
  59 5三飛成(54)
  60 同 金(52)  
  61 3三歩打    
  62 同 金(42)  
  63 2二歩打    
  64 同 玉(32)  
  65 4二銀打    
  66 3二金(33)  
  67 5三銀成(42)
  68 同 銀(64)  
  69 9一角成(37)
  70 5二銀(63)  
  71 3七香打    
  72 3三歩打    
  73 3四歩打    
  74 同 歩(33)  
  75 5一金打    
  76 6三銀(52)  
  77 8一馬(91)  
  78 7二歩打    
  79 9二馬(81)  
  80 6四飛(74)  
  81 5五角打    
  82 1二玉(22)  
  83 6四角(55)  
  84 同 銀(63)  
  85 7四馬(92)  
  86 8六歩(85)  
  87 4一馬(74)  
  88 8七歩成(86)
  89 同 金(78)  
  90 4二金(32)  
  91 3二飛打    
  92 同 金(42)  
  93 同 馬(41)  
  94 2二飛打    
  95 3四香(37)  
  96 7九銀打    
  97 9八玉(88)  
  98 投了        
まで97手で先手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
«  大山将棋研究(1921);矢倉... | トップ | 大山将棋問題集20210318 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事