名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(904);石田流穴熊に玉頭位取り(西村一義)

2018-06-03 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180603
昭和62年6月、西村一義先生と第13期棋王戦です。

どちらが振るかという出だしでしたが、西村先生が三間飛車にしたので

相振りを嫌う大山先生は居飛車、位取りです。副総裁はもちろん穴熊で

玉頭位取り対三間飛車穴熊ということになりました。大山先生は石田流の3筋の歩交換を許すことがほとんどです。おとなしく歩を打って

47銀型から盛り返しました。角筋が通っているから可能なのです。

玉頭位取りは銀冠に1手で組み代わります。だから振り飛車穴熊は玉頭位取り対策だという主張は信用できないと思うのですが。さてこの図が組上がりで

西村先生から動きました。25同桂24飛は後手有利。

大山先生は26歩がくる前に(25歩同桂26飛37桂成はまずいけれど28歩と謝っても悪くはないか)桂を跳ねました。45同歩33角成ならば十分です。

西村先生は桂で取って角を引きます。44歩同角同角同歩同飛というのは後手十分で

23歩同飛を利かされて44歩。ここが腕の見せどころですが、

74歩~64歩と突きだしました。飛車の横利きが通って良い感じではありますが

さばききれるでしょうか。

大山先生は角を追って63桂。61金は26飛同歩34角ですね。であれば清算するところだと思うのですが

71金をはがせたのは大山先生の成果です。銀も使えて好調になりました。

と金を作られましたが

香を取ったのでほぼ金得です。57と が金と交換するようなことにならなければ駒得を保てます。

馬をぶつけられたら手厚く金を打って

と金取りで手番を握ります。

また馬を作り55馬が好位置です。

74歩~73香が間に合って

西村先生は早い投了となりました。61角には29飛、差が開いていくのでということでしょう。

組上がりの図はどちらが有利と言うこともないのですが、先に動く方が少し無理をしているということが多いです。でも後手陣はどう見ても最善型なので動きたくななりますよね。右辺の戦力は先手だけ47銀があるので、これが働くか、攻めの目標になるのか、というのが焦点でした。
結局銀はまあまあ使えて、桂で金を削った分だけ先手有利、金を埋めてゆっくり攻めていった大山先生が制しました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:西村一義8段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 6六歩(67)
4 4二銀(31)
5 7八銀(79)
6 4四歩(43)
7 6七銀(78)
8 4三銀(42)
9 7五歩(76)
10 3三角(22)
11 9六歩(97)
12 3二飛(82)
13 4八銀(39)
14 6二玉(51)
15 6八玉(59)
16 7二玉(62)
17 7八玉(68)
18 5二金(41)
19 5八金(49)
20 3五歩(34)
21 5六歩(57)
22 8二玉(72)
23 6五歩(66)
24 9二香(91)
25 7七角(88)
26 9一玉(82)
27 8八玉(78)
28 8二銀(71)
29 7八金(69)
30 7一金(61)
31 2六歩(27)
32 5四歩(53)
33 7六銀(67)
34 4二角(33)
35 6七金(58)
36 3六歩(35)
37 同 歩(37)
38 同 飛(32)
39 3七歩打
40 3四飛(36)
41 4六歩(47)
42 1四歩(13)
43 4七銀(48)
44 2四角(42)
45 3六歩(37)
46 1二香(11)
47 2五歩(26)
48 1三角(24)
49 2六飛(28)
50 3三桂(21)
51 3七桂(29)
52 6二金(52)
53 8六歩(87)
54 7二金(62)
55 8五歩(86)
56 5二銀(43)
57 9五歩(96)
58 5三銀(52)
59 1六歩(17)
60 6二銀(53)
61 8七銀(76)
62 2四歩(23)
63 同 歩(25)
64 2五歩打
65 2九飛(26)
66 2四飛(34)
67 4五桂(37)
68 同 桂(33)
69 同 歩(46)
70 2二角(13)
71 2三歩打
72 同 飛(24)
73 4四歩(45)
74 7四歩(73)
75 4六銀(47)
76 6四歩(63)
77 同 歩(65)
78 6六歩打
79 同 金(67)
80 4四角(22)
81 4五銀(46)
82 2六角(44)
83 6三桂打
84 4八角成(26)
85 7一桂成(63)
86 同 銀(62)
87 5四銀(45)
88 6二歩打
89 6七金(66)
90 5七歩打
91 1一角成(77)
92 5八歩成(57)
93 1二馬(11)
94 2四飛(23)
95 4五馬(12)
96 5七と(58)
97 7七金(67)
98 4七馬(48)
99 2七飛(29)
100 5六馬(47)
101 6六金打
102 4五馬(56)
103 同 銀(54)
104 5六歩打
105 3三角打
106 2三飛(24)
107 5五角成(33)
108 2六歩(25)
109 2九飛(27)
110 2七歩成(26)
111 7四歩(75)
112 2八と(27)
113 5九飛(29)
114 3八と(28)
115 7三香打
116 4八と(38)
117 6三歩成(64)
118 同 飛(23)
119 7二香成(73)
120 同 銀(71)
121 7一金打
122 投了
まで121手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20180603今日の一手(その698... | トップ | 大山将棋問題集 20180603 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事