名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(887);三間飛車に居飛車穴熊(福崎文吾)

2018-05-17 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180517
昭和62年1月、福崎文吾先生と第20回早指し選手権です。

大山先生の先手三間飛車に福崎先生は居飛車穴熊です。福崎先生の穴熊は独特の感覚があると言われていたのですが、今ではそれが皆の常識になっているかも。

三間飛車ならば対居飛穴でも45の位を取るのですが、理想は44銀45歩33銀という手順です。

銀は53のままなので、振り飛車としては少し動いてもらって反撃を狙うのではないかという気はします。本譜は大山先生から動きをみせました。

3筋の歩交換は、対穴熊では効果が薄いです。

なので4筋を攻めるのが本線。

3筋は謝っておきます。

飛角をさばいてまあまあの展開です。

だけど46歩~36歩を利かされるのでは少しつらいか。

62角からの角交換でとりあえず飛成角成を防がれました。ここは44角か36歩か44歩か、悩むところなのですが

早指しでは悩む時間もないでしょう。77歩は銀を逃げてもらえれば得な手です。でも福崎先生にほぼ両取りの角を打たれてしまいました。69歩67銀成同飛35角成ではつまらないし、まだ44角68角成62角成だったか。

銀を取り合うのでは遊んでいた76銀をさばかれたので大損です。

79馬には角を合わせますが

福崎先生は交換して57銀~79角、すぐに清算しないのが良いのですね。

大山先生は角銀を打って受けに回ります。

清算して飛車を走ったところでは、玉の堅さと飛車の働きに差があります。

大山先生は89桂を取られたくないので77桂~66角と受けるのですが、飛車を攻められてつらいです。

いつでも77角成で88竜の利きが通るからこの と金を取れず

駒損で辛抱では明らかに不利です。

銀を打って粘りますが

17香から25桂で寄り筋に入りました。

投了図。

振り飛車としては自分から動かないで、居飛車が少し手を出してきた時に反撃するのが勝ちやすいです。大山先生は積極性を意識して挑んだ感じですが、動いても有利にはなりませんでした。銀取りの77歩が甘くて、そこからは福崎先生の寄せが光りました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:福崎文吾十段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 6六歩(67)
4 8四歩(83)
5 7八飛(28)
6 8五歩(84)
7 7七角(88)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 4二玉(51)
11 4八玉(59)
12 3二玉(42)
13 3八玉(48)
14 3三角(22)
15 5八金(69)
16 2二玉(32)
17 2八玉(38)
18 1二香(11)
19 3八銀(39)
20 1一玉(22)
21 5六歩(57)
22 2二銀(31)
23 5七銀(68)
24 5四歩(53)
25 4六歩(47)
26 3一金(41)
27 3六歩(37)
28 7四歩(73)
29 4五歩(46)
30 5一金(61)
31 4六銀(57)
32 4一金(51)
33 4七金(58)
34 5三銀(62)
35 1六歩(17)
36 3二金(41)
37 5八飛(78)
38 6四銀(53)
39 3五歩(36)
40 同 歩(34)
41 同 銀(46)
42 8六歩(85)
43 同 歩(87)
44 5一角(33)
45 6五歩(66)
46 同 銀(64)
47 4四歩(45)
48 7三角(51)
49 3七歩打
50 4四歩(43)
51 6八飛(58)
52 7六銀(65)
53 4四角(77)
54 4六歩打
55 4八金(47)
56 3六歩打
57 1八玉(28)
58 6二角(73)
59 同 角成(44)
60 同 飛(82)
61 7七歩打
62 4七歩成(46)
63 同 金(48)
64 7九角打
65 4八飛(68)
66 3五角成(79)
67 7六歩(77)
68 7九馬(35)
69 4六角打
70 同 馬(79)
71 同 金(47)
72 5七銀打
73 4七飛(48)
74 7九角打
75 3五角打
76 8二飛(62)
77 4八銀打
78 4六銀成(57)
79 同 角(35)
80 同 角成(79)
81 同 飛(47)
82 8六飛(82)
83 7七桂(89)
84 6八角打
85 4七飛(46)
86 8八飛成(86)
87 6六角打
88 4六金打
89 6七飛(47)
90 4七歩打
91 同 銀(48)
92 3七歩成(36)
93 同 桂(29)
94 同 金(46)
95 4八歩打
96 4七金(37)
97 同 銀(38)
98 9九龍(88)
99 6九歩打
100 同 龍(99)
101 5八銀打
102 1七香打
103 2八玉(18)
104 4九龍(69)
105 同 銀(58)
106 2五桂打
107 3六金打
108 5九角成(68)
109 9九飛打
110 1八金打
111 同 香(19)
112 同 香成(17)
113 投了
まで112手で後手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集 20180516 | トップ | 大山将棋問題集 20180517 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事