名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2107);陽動向い飛車(塚田正夫)

2021-09-15 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210915

昭和35年9月、塚田正夫先生と第1期王位戦第5局です。

塚田先生の振り飛車模様でしたが、62銀と上がります。

袖飛車で先手玉を直接攻めるという戦法は当時にあったのでしょうか?内藤先生の定跡書があります。

77銀に72飛ではなくて22飛、陽動向い飛車です。先手の78金を見て、ではなくて77銀を見て、ではあまり得をしていないですが。

先手の玉頭位取りを避けたという意味合いはあります。大山先生は右の銀桂を使っておきます。

左銀で5筋の歩を交換して

中央に銀を進出します。塚田先生は美濃囲いにできないのですが、囲いを強化していきます。

大山先生は87玉型に。端の位を取っているからということなのでしょうか。

金銀4枚が連結していませんが、こんな形です。後手玉が堅くて先手玉は広いと見るのでしょうか。

塚田先生はうまい待ち方が無かったということなのでしょう、65歩同桂64銀と動き出しますが、1歩損しているので、無理をしています。

73桂成同金寄88玉55歩、勢いでもう1歩損をします。

銀桂の総交換ですが2歩損の歩切れでは面白くないです。69銀を打てるけれどそれだけでは追いつきません。

51飛56歩65銀、1歩手にいれたら改善するでしょうか。

66銀54銀上

77銀打56銀57歩65銀引

65銀同銀66歩。これで54銀と引くようでは後手に厳しい手がありませんが。

66同銀同銀65歩、銀を捨てて

66桂を打ちます。大山先生は銀を埋めて

割打ちを打たれますが、(金を取られたとして)金金と銀銀桂の交換で少し駒得です。

28飛55金56銀打。こういう時は駒を打って受けるのが正しいです。

78銀成同玉66歩、ここも

59桂と受けておくところでしょう。46金の桂取りに49桂ではもったいないから

54桂53角42銀、両取りをかけます。

42同角同桂成37金

飛の取り合いにはせず68飛、塚田先生は飛を切って勝負です。

56同歩に58歩。攻め駒は4枚あるので切れないでしょう。

66飛59歩成

46角69銀。先手玉は詰めろが続くかどうかくらい(現状は2手すきか3手すきでの後手番)の状態です。

69同飛同と で2手すき。後手玉はどうでしょうか。

73角成同金71銀、実は即詰みでした。

 

大山先生は終始リードしていて、そのまま勝ち切って王位を獲得、四冠王です。先手は変な囲いに見えたのですが、大駒の交換にでもならなければ大丈夫なのですか。現代将棋にはない感覚だと思います。AIの評価は悪くないので、バランスがとれていると見るのか。考えさせられます。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1960/09/19
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:塚田正夫9段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 5四歩(53)  
  11 6八玉(59)  
  12 4三銀(32)  
  13 7八玉(68)  
  14 6二銀(71)  
  15 6八銀(79)  
  16 5三銀(62)  
  17 3六歩(37)  
  18 7四歩(73)  
  19 7七銀(68)  
  20 2二飛(82)  
  21 5八金(49)  
  22 6二玉(51)  
  23 4六歩(47)  
  24 7二玉(62)  
  25 9六歩(97)  
  26 5二金(41)  
  27 4七銀(48)  
  28 6四歩(63)  
  29 3七桂(29)  
  30 5一角(33)  
  31 6六銀(77)  
  32 3三桂(21)  
  33 5五歩(56)  
  34 同 歩(54)  
  35 同 銀(66)  
  36 5四歩打    
  37 6六銀(55)  
  38 8二玉(72)  
  39 9五歩(96)  
  40 7二金(61)  
  41 5六銀(47)  
  42 6三金(52)  
  43 1六歩(17)  
  44 1四歩(13)  
  45 8六歩(87)  
  46 2一飛(22)  
  47 8七玉(78)  
  48 7三桂(81)  
  49 7七桂(89)  
  50 4二角(51)  
  51 7九角(88)  
  52 8四歩(83)  
  53 7八金(69)  
  54 6五歩(64)  
  55 同 桂(77)  
  56 6四銀(53)  
  57 7三桂成(65)
  58 同 金(63)  
  59 8八玉(87)  
  60 5五歩(54)  
  61 同 銀(56)  
  62 同 銀(64)  
  63 同 銀(66)  
  64 5一飛(21)  
  65 5六歩打    
  66 6五銀打    
  67 6六銀(55)  
  68 5四銀(43)  
  69 7七銀打    
  70 5六銀(65)  
  71 5七歩打    
  72 6五銀(56)  
  73 同 銀(66)  
  74 同 銀(54)  
  75 6六歩(67)  
  76 同 銀(65)  
  77 同 銀(77)  
  78 6五歩打    
  79 同 銀(66)  
  80 6六桂打    
  81 7七銀打    
  82 5八桂成(66)
  83 同 飛(28)  
  84 6九銀打    
  85 2八飛(58)  
  86 5五金打    
  87 5六銀打    
  88 7八銀成(69)
  89 同 玉(88)  
  90 6六歩打    
  91 5九桂打    
  92 4六金(55)  
  93 5四桂打    
  94 5三角(42)  
  95 4二銀打    
  96 同 角(53)  
  97 同 桂成(54)
  98 3七金(46)  
  99 6八飛(28)  
 100 5六飛(51)  
 101 同 歩(57)  
 102 5八歩打    
 103 6六飛(68)  
 104 5九歩成(58)
 105 4六角(79)  
 106 6九銀打    
 107 同 飛(66)  
 108 同 と(59)  
 109 7三角成(46)
 110 同 金(72)  
 111 7一銀打    
 112 投了        
まで111手で先手の勝ち

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20210914 | トップ | 大山将棋問題集20210915 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事