名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2013);四間飛車に右46銀急戦(下平幸男)

2021-06-16 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210616

昭和33年9月、下平幸男先生と東京新聞杯です。

大山先生の四間飛車です。この頃は飛を振れば四間飛車ばかりですね。

下平先生は急戦のようで

端の位も取り、様子をうかがっていたのですが、中央位取りに。

でも後手がすぐに反発したので、よくある56銀~55歩ではなくて35歩。1歩あるので35同歩34歩22角24歩というのは思い浮かびやすいです。

43銀には46銀、当時この(定跡はおろか)攻め方もなかったでしょうが、右46銀の急戦になりました。5筋の歩を交換してあるのは居飛車の得だと思います。

34歩同銀38飛、よく見る手順です。現代の定跡の知識としては45歩、33角成同飛55銀と進むところですが、ここでは角を交換しないで55銀と出たいです。43銀54歩としてしまえば居飛車良しでしょうか。

大山先生は22角。これも定跡としては45銀43銀36銀として36銀型を得て居飛車満足なのですが(左46銀ならば24歩同歩45銀43銀32飛成同銀44銀43歩33歩)、55銀と出て43銀32飛成同銀54歩~64銀は居飛車良しになるか。

下平先生は24歩同歩33歩、これは焦点の歩の手筋です。ただし定跡ではつまらない手とされています。

33同飛に44角がねらいです。対して大山先生は35歩や43銀ではなくて43金。後の時代ならば定跡外しですが、定跡がない時代でも大山先生らしいです。33角成同角77銀27角~63角成は後手ペース。

55角に35歩、これだと35銀同銀33角成同角35飛という派手な手順もありそうですが、

下平先生は64角として73銀55角、後手玉が薄くなって指しやすいか。

72金に52歩ですか。と金作りは受からなそうです。

45歩57銀54金、今度こそ33角成同角77銀として、飛の打ち込みや と金作りで先手有利になりそうですが。

88角55歩で落ち着いて、

待望の51歩成ですが、53飛にどうするか。と金を取られても悪くなるわけではありませんが、

61と63飛。これは51と しかなくて

51と53飛、これを繰り返して千日手に終わりました。先手が打開するならば52歩を打つのでしょうけれど。

 

現代の私たちは定跡の知識がありますから、下平先生はもったいない将棋を千日手にしたなあと思います。定跡の確認と違いを考えてみてください。

この形は右46銀で35歩32飛に55歩同歩34歩同銀38飛としたら、55歩を銀で取って同じような形になりそうです。それなら定跡書にも書いてあるのかも。それとも55歩同歩同銀54歩34歩と攻める方が普通なのか。ならば本譜も34歩と取り込まずに55銀と出るのもあるのか。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1958/09/24
手合割:平手  
先手:下平幸男7段
後手:大山王将
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 5六歩(57)  
  10 4二飛(82)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 8二玉(72)  
  17 9六歩(97)  
  18 7二銀(71)  
  19 6八銀(79)  
  20 5二金(41)  
  21 3六歩(37)  
  22 6四歩(63)  
  23 9五歩(96)  
  24 7四歩(73)  
  25 1六歩(17)  
  26 1四歩(13)  
  27 5七銀(48)  
  28 4三銀(32)  
  29 5五歩(56)  
  30 5四歩(53)  
  31 同 歩(55)  
  32 同 銀(43)  
  33 3五歩(36)  
  34 4三銀(54)  
  35 4六銀(57)  
  36 3二飛(42)  
  37 3四歩(35)  
  38 同 銀(43)  
  39 3八飛(28)  
  40 2二角(33)  
  41 2四歩(25)  
  42 同 歩(23)  
  43 3三歩打    
  44 同 飛(32)  
  45 4四角(88)  
  46 4三金(52)  
  47 5五角(44)  
  48 3五歩打    
  49 6四角(55)  
  50 7三銀(72)  
  51 5五角(64)  
  52 7二金(61)  
  53 5二歩打    
  54 4五歩打    
  55 5七銀(46)  
  56 5四金(43)  
  57 8八角(55)  
  58 5五歩打    
  59 5一歩成(52)
  60 5三飛(33)  
  61 6一と(51)  
  62 6三飛(53)  
  63 5一と(61)  
  64 5三飛(63)  
  65 6一と(51)  
  66 6三飛(53)  
  67 5一と(61)  
  68 5三飛(63)  
  69 6一と(51)  
  70 6三飛(53)  
  71 5一と(61)  
  72 5三飛(63)  
  73 千日手      
まで72手で千日手


コメント   この記事についてブログを書く
« 8月の予定 | トップ |  大山将棋研究(2014);三間... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事