名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2014);三間飛車に急戦(下平幸男)

2021-06-16 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210616  その2

昭和33年10月、下平幸男先生と東京新聞杯千日手の指し直し局です。1週間後に指し直しで、間に1局入っていますが、先に並べます。

先後入れ替えはなくて、大山先生は後手番のまま、目先を変えて三間飛車です。

大野流の53銀を選びます。

下平先生は9筋の位を取ってから桂を跳ねて45歩の急戦を目指します。ただし後手は64銀の形なので、45歩には55歩同歩45歩とさばかれそうです。

大山先生はおとなしめの22飛でした。下平先生は57銀左、この形が出てくるのは2回目です。急戦の陣形として認識されてきたのでしょうか。

大山先生は銀を引いて待ちます。45歩同歩33角成同桂88角43金45桂44歩33桂成同金、というのは一応大丈夫です。下平先生はここで55歩同歩同角とすれば攻めやすかったのではないかと思うのですが、

26飛43金

66銀64歩55歩、銀を使って5筋の歩を交換するのでは(銀を繰り替えるので)手損になるのでは?

55同歩に35歩ですか。歩の交換ではなくて全面戦争です。

52飛に24歩同歩45歩、45同歩には同桂44角24飛22歩34歩ということでしょう。

54金には34歩を取り込めるので感触は良いです。

51角に22歩、22同飛は55銀がありました。だけど65歩を突かれて、銀を引いて22飛では失敗している感じです。22歩の前に44歩でしたか。

21歩成66歩同飛、銀桂交換でも と金が残るので駒損ではありません。しかし振り飛車の左桂と本来は守備駒であっても良い左銀の交換ですから、ちょっと損をしているのでしょう。

45歩に11と ではなくて33歩成同角36飛、32歩とか守らせようというつもり。

ところが44角だったので飛を成り込めます。

だけど36歩を打たれて、36同竜は35銀~36歩で桂を取られます。ならば先に11と のほうが少し得ですが、

この桂打には困りました。

66角76桂77金、先手玉はいっぺんに薄くなりました。

65金と使われて、角を逃げていても仕方ないのでしょう、端攻めです。

連打して86桂は厳し・・・くはありません。73銀型なので94桂71玉の形でもまだ寄せ切れないのです。

まあわざわざ94桂を許すこともないので、大山先生は85桂と跳ねます。金取りなので下平先生は76桂を食いちぎり

94香と走れば、端攻めとしてはまあまあなのですが。大山先生はいきなり銀を打ち込みます。

清算すると攻め駒を1枚失っているわけですが、

王手で56歩を突けますし、平凡に追いかけて行って、投了図です。69玉や89玉には78角から、79玉には57歩成から。

 

下平先生が激しく攻めたのですが、銀を捨てて桂を取るというのはプラスアルファ(11強も取れるでは足りず、飛を成り込むとか)がないと損でしょう。美濃囲いで73銀の形も堅かったです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1958/10/01
手合割:平手  
先手:下平幸男7段
後手:大山王将
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二飛(82)  
   9 6八玉(59)  
  10 4二銀(31)  
  11 7八玉(68)  
  12 6二玉(51)  
  13 5八金(49)  
  14 7二玉(62)  
  15 5六歩(57)  
  16 8二玉(72)  
  17 6八銀(79)  
  18 7二銀(71)  
  19 3六歩(37)  
  20 5四歩(53)  
  21 9六歩(97)  
  22 5三銀(42)  
  23 4六歩(47)  
  24 5二金(41)  
  25 9五歩(96)  
  26 6四銀(53)  
  27 3七桂(29)  
  28 2二飛(32)  
  29 5七銀(68)  
  30 7四歩(73)  
  31 6八金(69)  
  32 1四歩(13)  
  33 1六歩(17)  
  34 7三銀(64)  
  35 2六飛(28)  
  36 4三金(52)  
  37 6六銀(57)  
  38 6四歩(63)  
  39 5五歩(56)  
  40 同 歩(54)  
  41 3五歩(36)  
  42 5二飛(22)  
  43 2四歩(25)  
  44 同 歩(23)  
  45 4五歩(46)  
  46 5四金(43)  
  47 3四歩(35)  
  48 5一角(33)  
  49 2二歩打    
  50 6五歩(64)  
  51 2一歩成(22)
  52 6六歩(65)  
  53 同 飛(26)  
  54 4五歩(44)  
  55 3三歩成(34)
  56 同 角(51)  
  57 3六飛(66)  
  58 4四角(33)  
  59 3一飛成(36)
  60 3六歩打    
  61 1一と(21)  
  62 3七歩成(36)
  63 同 銀(48)  
  64 6四桂打    
  65 6六角(88)  
  66 7六桂(64)  
  67 7七金(68)  
  68 6五金(54)  
  69 9四歩(95)  
  70 同 歩(93)  
  71 9二歩打    
  72 同 香(91)  
  73 9三歩打    
  74 同 桂(81)  
  75 8六桂打    
  76 8五桂(93)  
  77 7六金(77)  
  78 同 金(65)  
  79 9四香(99)  
  80 7七銀打    
  81 同 桂(89)  
  82 同 桂成(85)
  83 同 角(66)  
  84 同 金(76)  
  85 同 玉(78)  
  86 5六歩(55)  
  87 6六香打    
  88 6五桂打    
  89 7八玉(77)  
  90 7七金打    
  91 投了        
まで90手で後手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
«  大山将棋研究(2013);四間... | トップ | 大山将棋問題集20210616 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事