名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

12月の予定;修正

2021-11-01 | 名南将棋大会
会場の南生涯学習センターは昨日より定員が通常に戻りました。そのためか、12月の予約にキャンセルが出たようで、12月に1回開催できます。
しかし1月の他の将棋大会の日程に重複が無いとか、2回開催しているところがある、などの事情により、名南将棋大会の開催日ははどこかに重ねるしかありません。
という事情がありまして、第222回については、12月に弐、1月に壱、を1回ずつ開催する予定です。1回分(壱と弐)は4月か5月くらいに2回開催でしょうか、(順送りに)延期にしたいと思います。
 
なお、定員が通常通りになったということで、来月から(100円値下げというか)元の参加費に戻します。アマ連会員1200円、非会員1500円です。
 
 
第223回は
壱11月21日(日)R1800点以上    
弐11月13日(土)R1800点以下    
 
第224回は
来年1月で未定、R1800点以上      
弐12月4日(土)R1800点以下      
 
 
 
 
プラスマイナス100点までは参加してよいです。つまり壱は1700点以上、弐は1900点以下です。
100点は超えないように、R区分は守ってください。
 
 
まだ、要請によりマスクの着用が必須です。コロナウィルスの感染予防を考えれば、対局終了ごとの休憩でしっかり手洗いができるように、ハンカチ・タオルなどを用意してください。飲食する際が一番危ないですから、他人との距離を取り、黙って食べることです。
高齢の方や持病のある方(特に呼吸器系統)は参加を控えたほうが賢明です。このコロナウィルスは、日本人の重症化率は低いですが、重症になると生命の危険があります。また、喫煙者はリスクが高くなりますから、この際に禁煙はいかがでしょうか。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211101 | トップ |  大山将棋研究(2158);相掛... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

名南将棋大会」カテゴリの最新記事