名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集 20181011

2018-10-11 | 大山将棋研究
後手番島先生の手を考えます。

第1問


珍しい攻め方でした。
A 64歩 B 75歩 C 85歩

第2問


36歩同金とした意味は?
A 76歩 B 55歩 C 64歩

第3問


端は受けにくいです。
A 55桂 B 24桂 C 86飛

第4問


両取りで困ったようですが。
A 14香 B 22玉 C 14馬

第5問


ここから詰将棋になりました。力自慢の方は挑戦してください。
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋研究(1035);三間... | トップ | 大山将棋研究(1036);四間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事