名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1127);陽動三間飛車(升田幸三)

2019-01-11 | 大山将棋研究
今日の棋譜20190111
昭和38年12月、升田幸三先生と第2期十段戦第5局です。

4筋6筋を突く古いタイプの矢倉の出だしです。

升田先生はツノ銀を作り

陽動三間飛車へ。

今回は美濃囲いに組み替えて待ちます。

大山先生は26飛型なのにシンプルに桂を使い

44角が飛車当たりです。27飛に35歩でさばかれそう。

でも33歩が利くから悪くはないのですね。22飛に23歩成26歩では悪いので

65歩から角交換。

馬を作って指します。

升田先生の反撃は55歩から37歩成。37同飛は28角です。

47角を打って36と28飛37と26飛36と・・・千日手模様でもたれます。強気の升田先生がこの順を選ぶということは少し悪いと思っているのでしょう。

大山先生が手を変えました。

互いに と金で攻めます。

大山先生は銀を取って7筋を攻め

升田先生は7筋を手抜いて18と から29飛成で寄せ合いです。

81銀には95歩が厳しすぎる、ということで大山先生が有利です。

39飛を無視して銀を取りました。一回受けても良さそうですが。

再度の73歩も厳しいのです。82金には94桂があります。

升田先生は85桂を打って、85同銀に73金。桂を捨てて手を稼いだのですが

もう一度74銀と使われては受ける手がなさそうです。69角成で寄せ合いの形を作ります。

78金を取り、73金にひもがついて、挽回したか。でも73銀成同竜74銀ならばまだ悪そうです。

大山先生は83銀打で清算して75桂から追っていきました。

駒をいっぱい渡しましたがとりあえず詰めろ。部分的には受けなしです。54銀が移動したので詰めろ逃れの詰めろにもなっているようです。

升田先生に77銀から66銀打がありました。取れないのでは逆転か。

75桂を外されて

63銀を取られると詰めろ逃れの詰めろ。

68銀を取って詰めろをかけましたが、詰まされて投了です。

大山先生の仕掛けがうまくいくようには思えなかったのですが、タイトル戦だけあってしっかり読んでいるものですね。手が続きました。と金での駒の剥がし合いは、攻めているところが違うので先手よし。7筋攻めが厳しくて、大山先生の快勝かというところでしたが、升田先生がうっちゃりました。2日制のタイトル戦の終盤だとずいぶん疲れているのでしょうね。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
開始日時:1963/12/17
手合割:平手  
先手:大山十段
後手:升田幸三9段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八銀(79)
4 3四歩(33)
5 7七銀(78)
6 6二銀(71)
7 4八銀(39)
8 4二銀(31)
9 2六歩(27)
10 6四歩(63)
11 4六歩(47)
12 6三銀(62)
13 3六歩(37)
14 4四歩(43)
15 5八金(49)
16 4三銀(42)
17 4七銀(48)
18 7四歩(73)
19 6八玉(59)
20 5四歩(53)
21 2五歩(26)
22 3三角(22)
23 9六歩(97)
24 9四歩(93)
25 1六歩(17)
26 1四歩(13)
27 6六歩(67)
28 3二飛(82)
29 7八玉(68)
30 6二玉(51)
31 6八銀(77)
32 7三桂(81)
33 6七金(58)
34 7二玉(62)
35 3七桂(29)
36 5二金(41)
37 2六飛(28)
38 8三玉(72)
39 5六銀(47)
40 7二銀(63)
41 4五歩(46)
42 同 歩(44)
43 同 桂(37)
44 4四角(33)
45 2七飛(26)
46 3五歩(34)
47 2四歩(25)
48 3六歩(35)
49 3三歩打
50 2二飛(32)
51 6五歩(66)
52 8八角成(44)
53 同 玉(78)
54 2四歩(23)
55 3一角打
56 2三飛(22)
57 6四角成(31)
58 6三歩打
59 3一馬(64)
60 5五歩(54)
61 同 銀(56)
62 3七歩成(36)
63 2六飛(27)
64 4七角打
65 7八金(69)
66 3六と(37)
67 2八飛(26)
68 3七と(36)
69 2六飛(28)
70 3六と(37)
71 2八飛(26)
72 3七と(36)
73 1八飛(28)
74 2五歩(24)
75 3二歩成(33)
76 2六歩(25)
77 4二と(32)
78 2七歩成(26)
79 4三と(42)
80 同 飛(23)
81 5四銀(55)
82 2三飛(43)
83 7五歩(76)
84 1八と(27)
85 7四歩(75)
86 2九飛成(23)
87 7三歩成(74)
88 同 玉(83)
89 7四歩打
90 同 玉(73)
91 8六桂打
92 8三玉(74)
93 7四銀打
94 9二玉(83)
95 7三歩打
96 3九飛打
97 7二歩成(73)
98 8九飛成(39)
99 7七玉(88)
100 7二金(61)
101 7三歩打
102 8五桂打
103 同 銀(74)
104 7三金(72)
105 7四銀(85)
106 6九角成(47)
107 6六玉(77)
108 2六龍(29)
109 5六歩(57)
110 7八龍(89)
111 8三銀打
112 同 金(73)
113 同 銀成(74)
114 同 玉(92)
115 7五桂打
116 9二玉(83)
117 8三金打
118 8一玉(92)
119 6三銀(54)
120 7七銀打
121 5五玉(66)
122 6六銀打
123 5四玉(55)
124 2四龍(26)
125 4四歩打
126 4三金打
127 6四玉(54)
128 7五銀(66)
129 同 玉(64)
130 6八銀成(77)
131 7七銀打
132 6三金(52)
133 6八金(67)
134 6六銀打
135 8四玉(75)
136 7三銀打
137 投了
まで136手で後手の勝ち



ジャンル:
レトロゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
« 20190111今日の一手(その809... | トップ | 大山将棋問題集 20190111 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事