名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(907);石田流穴熊に位取り(谷川浩司)

2018-06-06 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180606
昭和62年7月、谷川浩司先生と第3回天王戦です。

谷川先生の石田流です。プロデビューしたころまでは振り飛車党だったというのですが、私は見た記憶はないです。

大山先生は居飛車で4筋の位取りです。

谷川先生は穴熊から56銀でけん制し

44銀の形を強要して、飛車先交換です。まあ大山先生はこの歩の交換を許すのはいつものことで

42角とぶつける将棋(75歩を打たせる)を見たことがありますが、本譜は24角。

4筋の歩を交換して、何かの拍子に56歩狙いか。

谷川先生の42歩同金引54銀というのは難しそうな手です。43歩や42角成同金43歩を狙うのでしょうか。

84飛の銀取りには74歩

56歩には65歩、うまくしのいで

75角も綱渡りのような受け方です。

74飛に42角成。76飛32馬同玉43金は先手の勝ち。42同金74飛同歩43金も悪くなさそうです。

54飛には24馬から56飛

角銀をさばいたということになりました。歩切れだけど玉の堅さが違うので少し先手が良さそうです。

大山先生は84角。後手陣は角の打ち込みは防ぎにくいので反撃です。飛車を縦に引くのは56歩銀打があるので、飛車を切るつもりがなければ36飛が普通の逃げ方です。

45銀打に83角が利いて

馬を作って飛車を逃げたところは谷川先生有利に見えます。

角を殺されたら

大山先生は4,5筋を突破して勝負するしかありません。谷川先生としては有利に見えるので49金引47歩成48歩46歩で千日手ではつまりません。

金を1枚はがされますが、飛車を成り込んで後手玉を寄せきれるかどうか。

大山先生も抵抗します。48歩成~49と~38金で詰めろだから先手玉は4手すき。後手玉の耐久力がよくわかりません。

32金を狙えば詰めろではなくても2手すきにはなります。

金をはがして と金を作り、先手の1手勝ちに見えますが

51歩が好手で手が伸びます。

詰めろがかかっても、ここで22金打がしっかりしていて

詰めろが続かず投了です。

谷川先生が1手勝ち位にはなっているだろうという寄せ合いでしたが、後手玉は112手目51歩で耐えていました。ということは100手目23金を打たせたのがおかしいのかも。26桂を打ったのだから34桂と跳ねてしまうほうが良いのかというのが代案です。(投了図で26桂が遊んでいますから。)

ここで34桂とか34馬とか。56歩は35飛でよくわかりません。
先手をもって寄せ方を考えてみるとよいでしょう。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:谷川浩司9段
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 7五歩(76)
4 5四歩(53)
5 6六歩(67)
6 3二銀(31)
7 7八飛(28)
8 4四歩(43)
9 6八銀(79)
10 6二銀(71)
11 6七銀(68)
12 4二玉(51)
13 4八玉(59)
14 4三銀(32)
15 3八玉(48)
16 3二玉(42)
17 2八玉(38)
18 1四歩(13)
19 5八金(69)
20 4五歩(44)
21 1八香(19)
22 5二金(61)
23 1九玉(28)
24 3三角(22)
25 2八銀(39)
26 2二玉(32)
27 5六銀(67)
28 4四銀(43)
29 3九金(49)
30 3二金(41)
31 9六歩(97)
32 4三金(52)
33 4八金(58)
34 8四歩(83)
35 7四歩(75)
36 同 歩(73)
37 同 飛(78)
38 8五歩(84)
39 9七角(88)
40 7三歩打
41 7六飛(74)
42 5五歩(54)
43 6五銀(56)
44 2四角(33)
45 7七桂(89)
46 4六歩(45)
47 同 歩(47)
48 同 角(24)
49 4二歩打
50 同 金(43)
51 5四銀(65)
52 8四飛(82)
53 7四歩打
54 5六歩(55)
55 6五歩(66)
56 2四角(46)
57 7五角(97)
58 7四飛(84)
59 4二角成(75)
60 5四飛(74)
61 2四馬(42)
62 同 歩(23)
63 5六飛(76)
64 5五歩打
65 6六飛(56)
66 7四飛(54)
67 7八歩打
68 8四角打
69 3六飛(66)
70 4五銀打
71 8三角打
72 5四飛(74)
73 6一角成(83)
74 5三銀(62)
75 7六飛(36)
76 4二銀(53)
77 7五金打
78 4七歩打
79 同 金(48)
80 4六歩打
81 4八金(47)
82 5六歩(55)
83 同 歩(57)
84 7五角(84)
85 同 飛(76)
86 5六銀(45)
87 5五歩打
88 同 飛(54)
89 8五飛(75)
90 4七歩成(46)
91 8一飛成(85)
92 4八と(47)
93 同 金(39)
94 4七歩打
95 4九金(48)
96 5七銀(56)
97 2六桂打
98 3三銀(42)
99 4三歩打
100 2三金打
101 5一馬(61)
102 4八歩成(47)
103 4一角打
104 3一金打
105 3二角成(41)
106 同 金(31)
107 4二金打
108 同 金(32)
109 同 歩成(43)
110 4九と(48)
111 4一馬(51)
112 5一歩打
113 3二と(42)
114 1三玉(22)
115 3三と(32)
116 同 銀(44)
117 4三金打
118 2二金打
119 3三金(43)
120 同 金(22)
121 7二龍(81)
122 5二歩(51)
123 投了
まで122手で後手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋問題集 20180605 | トップ | 大山将棋問題集 20180606 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事