名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(757);中飛車に65歩急戦(青野照市)

2018-01-07 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180107
昭和58年11月、青野照市先生と第33期王将戦です。

大山先生の先手中飛車です。今は角筋を通したまま、というか角交換で戦うのが多いですが

昔は角筋を止めるほうがプロの将棋とされていました。さて青野先生は急戦で、64歩を突いたのですから78金と備えるほうが普通です。大山先生の96歩は65歩を誘ったわけで

65歩には55歩。55同角78金73桂56飛、というのが好きなのでしょうね。

青野先生は8筋を突き捨ててから歩で取りました。こちらのほうがマイナーです。

桂を跳ねてから銀を出るのは不安なので、金を立って抑えていくことにしました。

大山先生は7筋から動きます。

青野先生は手にのって中央へ。

金を出て57歩を打たせればまずまずでしょう。不安なのは7筋で

大山先生は7筋を狙って動きます。

75同銀65銀はまずそうですが、75同角同銀同飛56金というのはあるか。本譜は55歩で

金銀交換から46飛、

互いに飛を押さえて、取り合いです。

手持ちの銀を使って後手を引いているので、青野先生はずいぶんつまらなそうな手順なのですが、

86角の処置が困るだろうということでした。大山先生の45金も打ちたいような打ちたくないような。逃げてもらえば大きな利かしなのですが。

青野先生はここでもじっと手を渡します。大山先生は76歩をどう受けるべきか。駒損を避けるのは難しいです。78角85飛成87歩ではつらいのでしょう。88飛86歩78金とか。無視して63角とか71飛で攻め合うか。

大山先生は86飛と合わせ

金を捨てました。

角を切って51銀から86角。先に駒を損しているのでかなり不安な手順です。

42飛と放り込んで馬を作り

桂を取っても詰めろではありません。青野先生の79飛は

詰めろでした。36桂に39角から追って行って

詰みがあり、投了図。

青野先生の手渡しが目立ちました。その先に相手に手がないことを見越しているのでしょう。大山先生は79手目86飛以外に何かななかったか。駒損で決めに行くのはかなり怖く、負けであっても納得です。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.31 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:青野照市8段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 5六歩(57)
4 8五歩(84)
5 7七角(88)
6 5四歩(53)
7 6八銀(79)
8 6二銀(71)
9 5八飛(28)
10 3四歩(33)
11 6六歩(67)
12 4二玉(51)
13 4八玉(59)
14 3二玉(42)
15 3八玉(48)
16 5二金(61)
17 2八玉(38)
18 7四歩(73)
19 3八銀(39)
20 4二銀(31)
21 6七銀(68)
22 6四歩(63)
23 9六歩(97)
24 6五歩(64)
25 5五歩(56)
26 8六歩(85)
27 同 歩(87)
28 5五歩(54)
29 6五歩(66)
30 7三桂(81)
31 7八金(69)
32 5三金(52)
33 7五歩(76)
34 8四飛(82)
35 7六銀(67)
36 7五歩(74)
37 同 銀(76)
38 5四飛(84)
39 6六銀(75)
40 4四金(53)
41 6七金(78)
42 6三銀(62)
43 8五歩(86)
44 9四歩(93)
45 8六角(77)
46 4五金(44)
47 5七歩打
48 1四歩(13)
49 9八香(99)
50 7六歩打
51 1六歩(17)
52 4四角(22)
53 7八飛(58)
54 5六歩(55)
55 7六飛(78)
56 7四銀(63)
57 5六歩(57)
58 7五歩打
59 5五歩(56)
60 同 金(45)
61 同 銀(66)
62 同 飛(54)
63 4六飛(76)
64 4五銀打
65 5六歩打
66 6五飛(55)
67 6六歩打
68 4六銀(45)
69 6五歩(66)
70 6六歩打
71 6八金(67)
72 3五銀(46)
73 4五金打
74 8七飛打
75 4四金(45)
76 同 銀(35)
77 7七角(86)
78 6五銀(74)
79 8六飛打
80 同 飛成(87)
81 同 角(77)
82 8八飛打
83 7五角(86)
84 6八飛成(88)
85 4二角成(75)
86 同 金(41)
87 5一銀打
88 4一金(42)
89 8六角打
90 9八龍(68)
91 4二飛打
92 同 金(41)
93 同 角成(86)
94 2二玉(32)
95 3二金打
96 1三玉(22)
97 2一金(32)
98 7九飛打
99 3六桂打
100 3九角打
101 同 金(49)
102 同 飛成(79)
103 1七玉(28)
104 2六金打
105 同 玉(17)
106 2五香打
107 投了
まで106手で後手の勝ち
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月の予定 | トップ | 大山将棋問題集 20180107 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事