名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2142);相矢倉(二上達也)

2021-10-20 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211020

昭和36年11月、二上達也先生と第12期九段戦第1局です。

大山先生の先手で矢倉です。

46歩を突く矢倉ですが、

角を使うのに手間がかかります。二上先生は素早く角で7筋の歩を交換し

64角の位置で固定できれば作戦勝ちになります。

大山先生は4手かかりましたが角を37の位置へ。どこかで45歩を突いて、後手の理想形をはばむ予定です。

二上先生は93香から73銀、74銀~73桂を目指します。

大山先生は65歩を突いてから56銀、これで形勢は互角ですが、現代矢倉の眼でみると、先手なのに攻める形ではないのは不満です。

74銀に45歩

45同歩91角成73桂。馬を作ったので駒得ですが、取れる駒が無くて、後手に銀桂をさばかれそう。

81馬42飛37桂、自然に攻めて調子が良さそうですが、

44角とされて、76歩やら65桂やらを見せられては危ないです。馬を使わなくてはと91馬ですが、

65桂と逃げられてから73馬では面白くないでしょう。66銀と逃げて77歩同桂66角同金57桂成では悪いので仕方ないのですが、一度45銀と出てしまうのはあったかも。

銀を取られたうえに、74銀も使われては形勢不利です。

二上先生は駒得で攻めているので十分すぎるのですが、銀を打ち捨てるとは格好良いです。

75同金66角77銀57角成。75角よりも角を成るほうが本筋ですが、

馬で金銀の両取りは防がれます。

しかし46金は両取りで、銀を打って粘られても

37桂を取ってから金を引いておきます。後手玉に怖いところがないから、やはり形勢は後手有利です。

大山先生は駒損にならないように粘りますが、

44桂を打たれて、銀を逃げるところがありません。桂を打って返し、

47銀と逃げました。対して二上先生の53金は、64金として駒を得る含みの他に、42飛を使おうということなのでしょう。

36銀同桂55歩、後手玉が少し薄くなったので、大山先生の反撃です。

55同歩同銀の時に二上先生は69銀を打ち、

77飛に54歩、銀を引かせれば48桂成からゆっくり攻められます。

金銀を交換して68銀、76飛には57銀成か57馬か。でも逃げる方が難しいのでしょうが、

53金77銀成同玉、このほうが大山先生らしくはありますが、駒損です。入玉も簡単ではないから後手優勢かな。

58銀不成同銀56飛、57歩には53馬が利きます。32馬同玉56歩75馬は後手優勢。

42金54飛

32金同玉82飛52歩、後手玉に詰めろはかからず、58飛成が残っています。

69金に66金、これが決め手で二上先生の勝勢に変わりました。66同玉は48角~75角成で寄せ切れます。

88玉に79角、98玉には77金同桂58飛成というのが爽快な寄せ方です。

清算して58飛成、

78歩にはどう寄せても良さそうですが、97銀というのも覚えておきたい手筋です。97同香は98金で67桂を防げず、97同桂には77金、きれいに寄せて二上先生の快勝です。

 

互いの飛先の歩の位置も関係しているのですが、後手の動きが早くて、先手の角の転回または右銀の移動が遅れています。46歩を突く矢倉はすたれていくのですが、大山先生は(矢倉と振り飛車を併用している時代には)よく採用しているようです。いつから矢倉の主流が5筋を突き合っているのか、よくわかりません。

二上先生は居飛車党で、そのぶん経験も多いでしょうから、現代矢倉の感覚をつかみつつあるのではないでしょうか。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/11/08
手合割:平手  
先手:大山九段
後手:二上達也8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 4二銀(31)  
   7 4八銀(39)  
   8 6二銀(71)  
   9 2六歩(27)  
  10 3二金(41)  
  11 3六歩(37)  
  12 5四歩(53)  
  13 7八金(69)  
  14 4一玉(51)  
  15 6九玉(59)  
  16 5二金(61)  
  17 4六歩(47)  
  18 7四歩(73)  
  19 5八金(49)  
  20 4四歩(43)  
  21 4七銀(48)  
  22 4三金(52)  
  23 7九角(88)  
  24 9四歩(93)  
  25 2五歩(26)  
  26 3三銀(42)  
  27 9六歩(97)  
  28 3一角(22)  
  29 6八角(79)  
  30 7五歩(74)  
  31 同 歩(76)  
  32 同 角(31)  
  33 5九角(68)  
  34 6四角(75)  
  35 6六歩(67)  
  36 7二飛(82)  
  37 3七角(59)  
  38 3一玉(41)  
  39 7九玉(69)  
  40 2二玉(31)  
  41 6七金(58)  
  42 9三香(91)  
  43 8八玉(79)  
  44 7三銀(62)  
  45 6五歩(66)  
  46 5三角(64)  
  47 5六銀(47)  
  48 7四銀(73)  
  49 4五歩(46)  
  50 同 歩(44)  
  51 9一角成(37)
  52 7三桂(81)  
  53 8一馬(91)  
  54 4二飛(72)  
  55 3七桂(29)  
  56 4四角(53)  
  57 9一馬(81)  
  58 6五桂(73)  
  59 7三馬(91)  
  60 7七桂成(65)
  61 同 金(78)  
  62 7六歩打    
  63 同 金(67)  
  64 8五銀(74)  
  65 6六歩打    
  66 7六銀(85)  
  67 同 金(77)  
  68 7五銀打    
  69 同 金(76)  
  70 6六角(44)  
  71 7七銀打    
  72 5七角成(66)
  73 7四馬(73)  
  74 7三歩打    
  75 6五馬(74)  
  76 4六金打    
  77 6七銀打    
  78 3七金(46)  
  79 7八飛(28)  
  80 3六金(37)  
  81 6六銀(77)  
  82 4六馬(57)  
  83 1八香(19)  
  84 4四桂打    
  85 5八桂打    
  86 3五馬(46)  
  87 4七銀(56)  
  88 5三金(43)  
  89 3六銀(47)  
  90 同 桂(44)  
  91 5五歩打    
  92 同 歩(54)  
  93 同 銀(66)  
  94 6九銀打    
  95 7七飛(78)  
  96 5四歩打    
  97 同 銀(55)  
  98 同 金(53)  
  99 同 馬(65)  
 100 6八銀打    
 101 5三金打    
 102 7七銀成(68)
 103 同 玉(88)  
 104 5八銀(69)  
 105 同 銀(67)  
 106 5六飛打    
 107 4二金(53)  
 108 5四飛(56)  
 109 3二金(42)  
 110 同 玉(22)  
 111 8二飛打    
 112 5二歩打    
 113 6九金打    
 114 6六金打    
 115 8八玉(77)  
 116 7九角打    
 117 同 金(69)  
 118 同 馬(35)  
 119 同 玉(88)  
 120 5八飛成(54)
 121 7八歩打    
 122 9七銀打    
 123 投了        
まで122手で後手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211019 | トップ | 大山将棋問題集20211020 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事