名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋問題集 20180603

2018-06-03 | 大山将棋研究
先手番大山先生の手を考えます。

第1問


大山先生は3筋の歩を交換させてからどうするか考えます。この場合ならば
A 68角 B 46歩 C 38飛

第2問


待っていてもそう悪くはないですが、反撃開始です。
A 15歩 B 45歩 C 45桂

第3問


角が質駒の状態なので動くチャンスです。
A 63桂 B 54銀 C 86桂

第4問


駒得ですからゆっくり。
A 66金打 B 56同馬 C 44歩

第5問


後手の攻めは速くありません。
A 24歩 B 74歩 C 52歩

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋研究(904);石田流... | トップ | 大山将棋研究(905);三間飛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事