名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1931);相矢倉(升田幸三)

2021-03-27 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210327

昭和32年6月、升田幸三先生と第16期名人戦第3局です。

大山先生の先手で矢倉が続きます。

47銀型に対して

升田先生は5筋も6筋もつかないで銀を出ます。

2筋は受けなかったので急戦矢倉ということになるでしょうか。大山先生は飛先の歩を交換して25へ。

升田先生は33銀~24銀で先手の飛を追って、

7筋の歩を交換します。

急戦にはできなくて矢倉に組むようです。作戦は失敗でしょうか。

65歩を突かれて、65同銀75歩76歩68銀55歩同歩64角66歩55角というのもないことはないですが、まあ無理そうなので銀を引くことになります。

73銀66金62飛68飛、6筋の位を保ち、

7筋の位も取ったところでは大山先生の作戦勝ちなのでしょうか。現代的には玉を固めて攻撃型を作るところでしょうが。

86歩も突いてしまったというのは欲張りなのかもしれません。

升田先生は85歩から

93桂

84歩を打って、取れば攻めが続く形です。

大山先生は45歩同歩46歩の手筋。

8筋を謝っても位3つを主張します。

玉は89では狭いということで68へ。升田先生は33の地点が空いていたので角を33へ移動していました。25歩13銀というのも面白くない形だと思いますが。

7筋を攻めるのではなくて41飛? 44歩同歩同金と攻めるということでしょうか。

37桂に35歩は乱暴をやっているだけにしか見えませんが、66金が浮いているので35同銀同銀同角というのはないです。35同歩36歩25桂同銀同飛は先手有利でしょう。

25歩に36歩

24歩同角。銀損ですよね。でも25桂37歩成同銀57角成同玉39角は結構やれそうです。

67金引は王手飛車の筋に備えたものですが34金。飛が働きだして、後手有利なのか?

大山先生は角金の位置を入れ替えたのですが。

37歩成同銀55歩、55同角は45金~56金が厳しすぎます。

飛を切って金を引いておく、というのは仕方ないのでしょうが、後手有利になっています。

54桂55角45飛、46歩は55飛同歩66桂でだめです。

91角成49飛成、駒得を主張してみます。

36歩48銀69飛、先手玉が狭いです。

57玉に47歩。47同銀は37歩成同馬45桂でも46歩同銀同桂でもだめ。47同金も46歩ですし、47同玉は66桂か35金か。ということで

54馬48歩成で終わりです。32馬同玉44桂43玉52角44玉・・・も詰まないです。

 

8筋を攻めたところは升田先生が有利になると思ったのですが、3筋を攻めたのは無理なはず。でも案外に難しいのでしょうか。大山先生は早くに25歩13銀を決めておけばなんでもなかったのですが。急に後手有利になり、そのまま寄せ切られました。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1957/06/04
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:升田幸三王将
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 4二銀(31)  
   7 2六歩(27)  
   8 3二金(41)  
   9 4八銀(39)  
  10 6二銀(71)  
  11 7八金(69)  
  12 4一玉(51)  
  13 6九玉(59)  
  14 5二金(61)  
  15 4六歩(47)  
  16 9四歩(93)  
  17 4七銀(48)  
  18 9五歩(94)  
  19 3六歩(37)  
  20 7四歩(73)  
  21 5六歩(57)  
  22 7三銀(62)  
  23 2五歩(26)  
  24 6四銀(73)  
  25 2四歩(25)  
  26 同 歩(23)  
  27 同 飛(28)  
  28 2三歩打    
  29 2五飛(24)  
  30 3三銀(42)  
  31 5八金(49)  
  32 7五歩(74)  
  33 同 歩(76)  
  34 2四銀(33)  
  35 2八飛(25)  
  36 7五銀(64)  
  37 7六歩打    
  38 6四銀(75)  
  39 6六歩(67)  
  40 4四歩(43)  
  41 6七金(58)  
  42 4三金(52)  
  43 7九角(88)  
  44 5四歩(53)  
  45 5七角(79)  
  46 3一角(22)  
  47 6五歩(66)  
  48 7三銀(64)  
  49 6六金(67)  
  50 6二飛(82)  
  51 6八飛(28)  
  52 4二角(31)  
  53 7五歩(76)  
  54 3一玉(41)  
  55 7六銀(77)  
  56 2二玉(31)  
  57 7七桂(89)  
  58 8二飛(62)  
  59 8六歩(87)  
  60 1四歩(13)  
  61 7九玉(69)  
  62 8五歩(84)  
  63 同 歩(86)  
  64 9三桂(81)  
  65 2八飛(68)  
  66 8四歩打    
  67 4五歩(46)  
  68 同 歩(44)  
  69 4六歩打    
  70 8五歩(84)  
  71 4五歩(46)  
  72 8六歩(85)  
  73 8八歩打    
  74 3三角(42)  
  75 4六銀(47)  
  76 8四銀(73)  
  77 6八玉(79)  
  78 8一飛(82)  
  79 1六歩(17)  
  80 4一飛(81)  
  81 3七桂(29)  
  82 3五歩(34)  
  83 2五歩打    
  84 3六歩(35)  
  85 2四歩(25)  
  86 同 角(33)  
  87 6七金(66)  
  88 3四金(43)  
  89 6六角(57)  
  90 3三桂(21)  
  91 5七金(67)  
  92 3七歩成(36)
  93 同 銀(46)  
  94 5五歩(54)  
  95 2四飛(28)  
  96 同 金(34)  
  97 5八金(57)  
  98 5四桂打    
  99 5五角(66)  
 100 4五飛(41)  
 101 9一角成(55)
 102 4九飛成(45)
 103 5五馬(91)  
 104 3六歩打    
 105 4八銀(37)  
 106 6九飛打    
 107 5七玉(68)  
 108 4七歩打    
 109 5四馬(55)  
 110 4八歩成(47)
 111 投了        
まで110手で後手の勝ち

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集20210326 | トップ | 大山将棋問題集20210327 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事