名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(910);中飛車に57金戦法(富岡英作)

2018-06-09 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180609
昭和62年7月、富岡英作先生と第13期棋王戦です。富岡先生は初登場、居飛車党本格派だと思います。

大山先生の中飛車に富岡先生は57金戦法、あるいは金立ち戦法と言いますね。渋い選択です。

私はまだ中飛車のまま受ける棋譜は見たことがなくて(定跡書では見るのですが)三間飛車にして角頭を受けるのが主流です。

すると居飛車としては5筋を攻めることになります。

56金と寄る手を指したいから金立ち戦法を使うのだと思っていました。富岡先生は銀を立ったのです。これだと先手玉がさらに薄くて、46金は「歩越し金」のままです。

56金46銀の形で3筋を攻めるのは見た記憶があります。どこが変わってくるのでしょうか。

飛車をまわれば決戦です。

45歩は当然の手段ですが、富岡先生としては王手飛車の筋があるので取れません。金をかわして角筋をさえぎるしかないです。

54歩にも45金というわけにはいかないですね。65金は88角成同玉に43銀か27角か。形が悪すぎます。

よって金銀の取り合いから後手は54歩。88角成とされるとだめなので銀は引くしかないです。

富岡先生は金銀交換の分だけ陣形が薄いです。重いですが駒を取りに行くしかないでしょう。

大山先生としては駒損でも軽くさばく順を目指します。

富岡先生は46同歩とはできませんでした。無視して桂を取り、32歩を払いに と金を使います。かなり重い攻めですが、確実ではあります。

大山先生が角を切って飛車をかわしたところでは角桂と金の交換です。大きな駒損ですが29桂23銀が遊んでいるので損な感じはしませんね。玉が堅く攻め駒4枚と見ればよいです。振り飛車党なら十分だと思うでしょう。とりあえず58銀か金があるので

59歩の受けに66歩。66同歩は67歩が嫌だし、66同角同飛同歩45角は先手が56歩を打てないから後手よしです。

35角に56金が腰の重い攻め方で

玉の早逃げでも銀を取ってしまえば優勢です。

あとは少しゆっくり攻めていき

足し算で78を狙い

またも早逃げで粘られても と金を作り

そろそそスパーク。桂を取り(89同玉には77銀、89同金には77金)97玉に

85桂から77銀で寄せていきました。詰めろで投了図。

読みが得意なタイプは筋が悪いという気がします。富岡先生の駒組は筋が良いとは思えないのですが。仕方ないとはいえ攻め方も重くて筋は悪いです。金立ち戦法はじっくりよくわからない手が続くもので、こういう棋風にはあっていないような気がします。
左桂が取られているので華麗ではありませんが、後手をもってさばきの順を学ぶのによい将棋です。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:富岡英作5段
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 4二銀(31)
7 5六歩(57)
8 5二飛(82)
9 6八玉(59)
10 6二玉(51)
11 7八玉(68)
12 7二玉(62)
13 5八金(49)
14 5四歩(53)
15 3六歩(37)
16 4三銀(42)
17 5七金(58)
18 6二銀(71)
19 4六金(57)
20 3二飛(52)
21 6八銀(79)
22 8二玉(72)
23 9六歩(97)
24 9四歩(93)
25 5七銀(48)
26 7二金(61)
27 2五歩(26)
28 3三角(22)
29 5五歩(56)
30 5二金(41)
31 5四歩(55)
32 同 銀(43)
33 5六銀(57)
34 4三銀(54)
35 3五歩(36)
36 5三金(52)
37 3四歩(35)
38 同 銀(43)
39 3八飛(28)
40 4五歩(44)
41 5五金(46)
42 5四歩打
43 3四飛(38)
44 5五歩(54)
45 同 銀(56)
46 5四歩打
47 6六銀(55)
48 6四歩(63)
49 2四歩(25)
50 同 歩(23)
51 2三銀打
52 4二飛(32)
53 2二歩打
54 6五歩(64)
55 7七銀(66)
56 4六歩(45)
57 2一歩成(22)
58 3二歩打
59 3一と(21)
60 4七歩成(46)
61 3二と(31)
62 7七角成(33)
63 同 角(88)
64 4六飛(42)
65 5九歩打
66 6六歩(65)
67 3五角打
68 5六金打
69 8八玉(78)
70 6七歩成(66)
71 同 銀(68)
72 同 金(56)
73 1一角成(77)
74 6八歩打
75 4六角(35)
76 同 と(47)
77 7九金(69)
78 5六角打
79 9八玉(88)
80 7八銀打
81 8八金(79)
82 6九歩成(68)
83 6三歩打
84 同 銀(62)
85 3三飛成(34)
86 5二金(53)
87 4二と(32)
88 8九銀(78)
89 9七玉(98)
90 8五桂打
91 8六玉(97)
92 7七銀打
93 同 金(88)
94 同 桂成(85)
95 投了
まで94手で後手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 20180609今日の一手(その701... | トップ | 大山将棋問題集 20180609 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事