名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1064);四間飛車に四枚美濃(高橋道雄)

2018-11-09 | 大山将棋研究
平成3年1月、高橋道雄先生と第12回日本シリーズです。

大山先生の四間飛車に高橋先生は天守閣美濃です。

66歩から67金はおとなしいのように見えるのですが

65の位を取らせないで四枚美濃に組もうという意図でした。

すんなり組めたので高橋先生は満足です。大山先生の34銀型というのは面白くない組み合わせでしょう。

囲い合うと77銀と34銀の違いが出ます。34銀は攻撃にも使えないので作戦負けだと思います。

高橋先生は3筋の歩を交換し

55歩は取らずに桂を使います。

大山先生は と金つくりで悪くないという判断ですが

右桂を目いっぱい使われるのでは面白くないはず。

と金を作ればまだまだ、と思ったのでしょうが、32飛と我慢しておくところか。

2筋を受けられず、と金を作られて

と金を寄り、端を攻めてみるのですが

桂を取って飛車を成る21飛成が味の良い手です。角取りでもあるので、逃げざるを得ないようでは差が開くばかり。

挙句の果てには飛車を取られ

桂は取り返しても飛車損です。

玉頭を攻めてみたものの、84桂は痛いです。

51歩の粘りもあまり効果がないです。普通の将棋ならばもっと前に投げるのでしょうが、公開対局なのであまり早く投げられないのでしょう。

端を攻めて形を作ろうとしましたが、根元の香を失い

お代わりの桂打ちがあり

8筋を攻められて

ここまで。

序盤の駒組に問題があり、振り飛車が勝ちにくい形になってしまいました。早指しでは対策を考える暇もなかったでしょう。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
開始日時:1991/07/14 9:00:00
棋戦:将棋日本シリーズ
戦型:四間飛車
持ち時間:10分+30秒+5回
場所:石川県「金沢市民文化ホール」
手合割:平手  
先手:高橋道雄
後手:大山康晴
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 4二銀(31)
7 6八玉(59)
8 4三銀(42)
9 7八玉(68)
10 4二飛(82)
11 5八金(49)
12 6二玉(51)
13 5六歩(57)
14 7二玉(62)
15 9六歩(97)
16 9四歩(93)
17 8六歩(87)
18 8二玉(72)
19 8七玉(78)
20 7二銀(71)
21 7八銀(79)
22 6四歩(63)
23 5七銀(48)
24 5二金(41)
25 2五歩(26)
26 3三角(22)
27 6六歩(67)
28 7四歩(73)
29 6七金(58)
30 6三金(52)
31 7九角(88)
32 4五歩(44)
33 6八銀(57)
34 3五歩(34)
35 7七銀(68)
36 3四銀(43)
37 1六歩(17)
38 8四歩(83)
39 9八玉(87)
40 8三銀(72)
41 8七銀(78)
42 7二金(61)
43 7八金(69)
44 5四歩(53)
45 2六飛(28)
46 5二飛(42)
47 3六歩(37)
48 同 歩(35)
49 同 飛(26)
50 3五歩打
51 2六飛(36)
52 5五歩(54)
53 3七桂(29)
54 5六歩(55)
55 同 金(67)
56 5八歩打
57 4五桂(37)
58 5一角(33)
59 5三歩打
60 4二飛(52)
61 4六歩(47)
62 5九歩成(58)
63 2四歩(25)
64 8五歩(84)
65 2三歩成(24)
66 6九と(59)
67 5七角(79)
68 8六歩(85)
69 同 銀(77)
70 9五歩(94)
71 3二と(23)
72 4四飛(42)
73 2一飛成(26)
74 7三角(51)
75 8四歩打
76 同 角(73)
77 8五歩打
78 7三角(84)
79 5五金(56)
80 4五銀(34)
81 4四金(55)
82 5六銀(45)
83 3九角(57)
84 9四桂打
85 8四桂打
86 5一歩打
87 4二飛打
88 8六桂(94)
89 同 銀(87)
90 9六歩(95)
91 9二歩打
92 同 香(91)
93 同 桂成(84)
94 同 玉(82)
95 8四桂打
96 8二玉(92)
97 7二桂成(84)
98 同 銀(83)
99 8四歩(85)
100 6二銀打
101 8五香打
102 8三歩打
103 同 歩成(84)
104 同 銀(72)
105 同 香成(85)
106 同 玉(82)
107 8四歩打
108 同 玉(83)
109 6五歩(66)
110 投了
まで109手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集 20181108 | トップ | 大山将棋問題集 20181109 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事