名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1158);四間飛車に持久戦(二上達也)

2019-02-11 | 大山将棋研究
今日の棋譜20190211
昭和39年8月、二上達也先生と第5期王位戦第4局です。

大山先生は54歩をついてからの四間飛車です。(たまに見かけます。)

これはB級戦法の達人で読んだことがあります。古い定跡だとか。角交換して82角~74歩のねらいです。もちろんこの本(最近文庫になったみたいですね)を読んだわけではなく、古い将棋を知っていたのでしょう。

二上先生が知っていたかどうかはわかりませんが、角を交換すると危ないと感じたようです。

大山先生は玉が薄いので主張を作らねばなりません。中央で動いて

二上先生は37桂~86角でけん制します。

二上先生は手損しているのですが、大山先生は薄い陣形なので動き方は難しいです。

飛車は8筋へ回りました。

飛車が移動したので、二上先生は攻めの形を作りやすくなりました。

角のひもが無くなったので

仕掛けます。玉が堅いので有利に戦えそうです。

大山先生は継ぎ歩で反撃して

8筋はへこませましたが、54銀は死んでいます。45歩を打って

桂と刺し違えて

87桂が勝負手です。

二上先生は97桂(下段飛車が利いています)から銀を打ちこんで

後手玉を裸にしてから86角。

少し駒損ですが、すっきりわかりやすくなりました。

56桂から後手玉を追い

飛車を使い

簡単に寄せていきます。

これで後手玉は詰めろ。受けなしで終わりかと思ったら

先手玉も結構危なかったのです。87飛成同玉69角、銀を引く以外は詰みです。部分的には88金86玉77銀で清算すれば詰みなのですが、22角が移動できないので詰みを逃れています。
大山先生のうっちゃりが決まりそうでしたが、詰将棋作家でもある二上先生のぎりぎりの寄せでした。怖い怖い。

玉が薄い奇襲戦法は受け止められたらうまくいかないのでしょうね。玉が堅くて攻撃力がないのもだめですが。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
開始日時:1964/08/31
手合割:平手  
先手:二上達也8段
後手:大山王位
手数----指手--
1 2六歩(27)
2 3四歩(33)
3 7六歩(77)
4 4四歩(43)
5 2五歩(26)
6 3三角(22)
7 4八銀(39)
8 3二銀(31)
9 5六歩(57)
10 5四歩(53)
11 6八玉(59)
12 4二飛(82)
13 7八玉(68)
14 6二玉(51)
15 9六歩(97)
16 9四歩(93)
17 5八金(49)
18 7二玉(62)
19 3六歩(37)
20 6二銀(71)
21 7七角(88)
22 4五歩(44)
23 6八銀(79)
24 5三銀(62)
25 5七銀(48)
26 6二金(61)
27 1六歩(17)
28 1四歩(13)
29 6六歩(67)
30 5五歩(54)
31 6七銀(68)
32 5四銀(53)
33 3七桂(29)
34 4三飛(42)
35 8六角(77)
36 8四歩(83)
37 2九飛(28)
38 5六歩(55)
39 同 銀(67)
40 5五歩打
41 6七銀(56)
42 7四歩(73)
43 6八金(69)
44 8五歩(84)
45 7七角(86)
46 6四歩(63)
47 8八角(77)
48 8三飛(43)
49 4六歩(47)
50 同 歩(45)
51 同 銀(57)
52 5二金(41)
53 7七角(88)
54 1三香(11)
55 4九飛(29)
56 2二角(33)
57 6五歩(66)
58 同 歩(64)
59 5六歩打
60 8六歩(85)
61 同 歩(87)
62 4三銀(32)
63 6四歩打
64 8五歩打
65 5五歩(56)
66 8六歩(85)
67 8四歩打
68 同 飛(83)
69 8八歩打
70 4五歩打
71 同 桂(37)
72 同 銀(54)
73 同 銀(46)
74 4四歩打
75 5四銀(45)
76 8七桂打
77 9七桂(89)
78 7三桂(81)
79 6三銀打
80 同 金(52)
81 同 歩成(64)
82 同 金(62)
83 同 銀成(54)
84 同 玉(72)
85 6四歩打
86 同 玉(63)
87 8六角(77)
88 同 飛(84)
89 8七歩(88)
90 8二飛(86)
91 5六桂打
92 5三玉(64)
93 5四歩(55)
94 4二玉(53)
95 5三金打
96 3二玉(42)
97 4三金(53)
98 同 玉(32)
99 5三金打
100 3三玉(43)
101 4四飛(49)
102 4二歩打
103 4三銀打
104 2四歩(23)
105 3四飛(44)
106 2三玉(33)
107 2四歩(25)
108 1二玉(23)
109 2三歩成(24)
110 同 玉(12)
111 3二飛成(34)
112 1二玉(23)
113 2三歩打
114 8七飛成(82)
115 同 玉(78)
116 6九角打
117 7八銀(67)
118 投了
まで117手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロゲーム
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集 20190210 | トップ | 大山将棋問題集 20190211 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事