名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2011);相振り飛車(大野源一)

2021-06-14 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210614

昭和33年9月、大野源一先生と第18期A級順位戦です。

相振り飛車です。大山先生から相振り飛車を志向しているのですが、生涯で指したのは数局だけ。どこかで指さなくなっているのでしょうが、いつのことでしょうか。

大野先生は四間飛車を生かすべく、角交換を挑みます。ただ腰掛銀にする前に78銀型で65歩を突く方が(今では)当たり前でしょう。

大山先生は金無双を目指し

大野先生は美濃囲いへ。上部が薄いのでこの場合は金無双のほうが良さそうに思います。

67銀と引いたところで、大山先生から角交換します。

大山先生は角交換に備えて金無双ではなくて42金の形です。大野先生は5筋の歩を突いていないので駒組は楽ですが、高美濃が堅くは見えません。

玉を堅くする手もないので攻めるしかないです。銀を75に出て

角を打って銀交換をねらいます。64歩同歩同銀同銀同飛と進めばまあまあ指せそうです。

74歩を突かれて銀を戻ります。54飛と守られたらどう指したものか、作戦負けの感じですが。

大山先生は54飛ではなくて94角。先手に76歩を守る手段がありません。

64歩同歩55銀76角、この角は49金をにらんでいますし、64銀には67歩を打てます。

66飛87角成65歩、65同歩同桂は先手有利になりそうです。

大山先生は54歩64銀63歩と受け、

53銀成は同金右ですか。左は自然ですが42銀がありました。大野先生は桂を使います。

55歩73歩62玉72銀、歩切れで攻めにくそうですが、とりあえず銀をはがして

51銀を打ち

52金寄に53角成同金62金。これが攻め切れるかどうかにかけます。

82玉に42銀不成と活用できるので

33桂を取って63金、結構攻めは続きそうです。ねらいとしては73歩71銀64桂か、73桂打。

88角の飛取りに96飛というのが微妙なところです。逃げる前に攻めたらどうなっていたか。

62歩の受けに45歩、これは26飛(や46桂)を見ています。

33飛に64歩

63歩同歩成44歩64歩、大野先生は駒損でも手は続きそうですが。

84歩に73桂打

83玉81桂成85歩、こうなれば後手玉が捕まらないです。はっきりしました。

ここまで。

 

現代的には先手は銀の動きで手損しないように56銀を保留して、39玉型の美濃囲いで角交換を挑むのだろうと思います。手損のために大野先生の攻めが成立しにくく、大山先生は少し怪しくなったのですが、それでも余裕はありました。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1958/09/13
手合割:平手  
先手:大野源一8段
後手:大山王将
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 6六歩(67)  
   4 3五歩(34)  
   5 7八銀(79)  
   6 3二飛(82)  
   7 6八飛(28)  
   8 6二玉(51)  
   9 7七角(88)  
  10 7二玉(62)  
  11 6七銀(78)  
  12 4二銀(31)  
  13 5六銀(67)  
  14 5四歩(53)  
  15 6五歩(66)  
  16 5三銀(42)  
  17 4八玉(59)  
  18 6二金(61)  
  19 4六歩(47)  
  20 2四歩(23)  
  21 5八金(69)  
  22 2五歩(24)  
  23 3八玉(48)  
  24 1四歩(13)  
  25 2八玉(38)  
  26 1五歩(14)  
  27 3八銀(39)  
  28 4二金(41)  
  29 6七銀(56)  
  30 7七角成(22)
  31 同 桂(89)  
  32 2二飛(32)  
  33 4七金(58)  
  34 2六歩(25)  
  35 同 歩(27)  
  36 同 飛(22)  
  37 2七歩打    
  38 2四飛(26)  
  39 6六銀(67)  
  40 3三桂(21)  
  41 7五銀(66)  
  42 5五歩(54)  
  43 8六角打    
  44 7四歩(73)  
  45 6六銀(75)  
  46 9四角打    
  47 6四歩(65)  
  48 同 歩(63)  
  49 5五銀(66)  
  50 7六角(94)  
  51 6六飛(68)  
  52 8七角成(76)
  53 6五歩打    
  54 5四歩打    
  55 6四銀(55)  
  56 6三歩打    
  57 5三銀成(64)
  58 同 金(62)  
  59 8五桂(77)  
  60 5五歩(54)  
  61 7三歩打    
  62 6二玉(72)  
  63 7二銀打    
  64 同 銀(71)  
  65 同 歩成(73)
  66 同 玉(62)  
  67 5一銀打    
  68 5二金(42)  
  69 5三角成(86)
  70 同 金(52)  
  71 6二金打    
  72 8二玉(72)  
  73 4二銀(51)  
  74 5四金(53)  
  75 3三銀(42)  
  76 3四飛(24)  
  77 6三金(62)  
  78 8八角打    
  79 9六飛(66)  
  80 6二歩打    
  81 4五歩(46)  
  82 3三飛(34)  
  83 6四歩(65)  
  84 6三歩(62)  
  85 同 歩成(64)
  86 4四歩(43)  
  87 6四歩打    
  88 8四歩(83)  
  89 7三桂打    
  90 8三玉(82)  
  91 8一桂成(73)
  92 8五歩(84)  
  93 9一成桂(81)
  94 9九角成(88)
  95 7九桂打    
  96 7七馬(87)  
  97 9二成桂(91)
  98 9四香打    
  99 投了        
まで98手で後手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集20210613 | トップ | 大山将棋問題集20210614 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事