名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(913);三間飛車に左64銀急戦(小野修一)

2018-06-12 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180612
昭和62年8月、小野修一先生と第51期棋聖戦です。

大山先生の先手三間飛車に小野先生は75歩の急戦です。後手番で三間飛車相手ですが、68銀型なので75同歩64銀74歩75銀65歩66銀、では居飛車が指せそうです。

67銀に76歩同銀72飛75歩。対四間飛車とかで64銀と出ているのならば75同銀で後手もちですが

64銀で大山先生の手番なので角を引いて受けられます。(88角では65歩77角成同飛53銀78飛というのもありそう。)

77歩から66角という攻め筋は怖くないです。

67金に小野先生は飛車を取らずに角を引きました。飛車を引かれても

角を換えずに82飛です。33角成同桂88飛79角、77角同角成同桂86歩、などでは面白くないようで、大山先生は金で受けました。

しばらく駒組みで、木村美濃から44歩と止めさせて、ゆっくりした展開です。

大山先生の金銀繰り替えが始まりました。

角筋を通して76金のほうが形が良いということです。66角~77桂~58銀左というのが理想でしょうか。

小野先生は歩を合わせて右銀をぶつけていきました。86歩同歩同飛や87金か銀の筋があるのでこの銀は取りにくいです。

困ったようでも74歩同銀、これで少し収まります。

大山先生が55歩同歩45歩と動けば、小野先生は86歩同歩75歩(実際は55歩86歩同歩55歩~という手順ですが)、先手からぶつけるのかというところを催促しました。


角をさばけば桂をさばき

飛車を成り合い桂を取り合ったというところでは互角です。後手番で玉も堅いのですが、角の働きが違います。

54歩から55桂というのは堅実な感じですが、銀を逃げたら空振りではないかという気はします。

でも怖いのでしょうね。大山先生は銀桂交換に甘んじました。99香を取られたとしたら少し駒損です。小野先生は端に手を付けて寄せ合いが始まります。

大山先生は79歩が利くのが大きいのですね。端は受けずに寄せ合いに出ました。

小野先生は香を交換して41香。4筋に壁を作って守りますが、1,2筋が薄いから先手有利でしょう。大山先生は18歩と守ってから桂香で攻めていけば堅実でしたが

25香で23の地点を狙います。24歩の受けに

同香から25香で角を取れます。

17銀に27玉が危険でした。(39玉に57角成や88竜も嫌なところではありますが。)15金で詰めろになりますし、16玉に14香があるので先手玉が危ないのです。ここで24香同金29桂とか、まだ大変な気がしますが

43歩から後手玉を攻めたら

王手竜取りの筋で反撃がありました。これで投了です。

大山先生はいつものように中段玉の粘りが利くと思い込んでいたのでしょう。だけど思いのほかに狭かったのが誤算です。勝ちになったと思って軽い気持ちで指してしまったのでしょう。油断すると危なくなるものですね。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:小野修一6段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八飛(28)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 8五歩(84)
7 7七角(88)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 4二玉(51)
11 4八玉(59)
12 3二玉(42)
13 3八玉(48)
14 5四歩(53)
15 5六歩(57)
16 5二金(61)
17 5八金(69)
18 1四歩(13)
19 1六歩(17)
20 7四歩(73)
21 2八玉(38)
22 4二銀(31)
23 3八銀(39)
24 5三銀(42)
25 4六歩(47)
26 7五歩(74)
27 6七銀(68)
28 7六歩(75)
29 同 銀(67)
30 7二飛(82)
31 7五歩打
32 6四銀(53)
33 8八角(77)
34 7七歩打
35 同 飛(78)
36 6六角(22)
37 6七金(58)
38 3三角(66)
39 6五歩打
40 5三銀(64)
41 7八飛(77)
42 8二飛(72)
43 7七金(67)
44 8四飛(82)
45 4七銀(38)
46 6四歩(63)
47 同 歩(65)
48 同 銀(53)
49 6五歩打
50 5三銀(64)
51 3六歩(37)
52 4二金(41)
53 3八金(49)
54 6三銀(62)
55 3七桂(29)
56 4四歩(43)
57 9六歩(97)
58 4三金(52)
59 2六歩(27)
60 9四歩(93)
61 6七銀(76)
62 7三桂(81)
63 7六金(77)
64 6四歩打
65 同 歩(65)
66 同 銀(63)
67 6六銀(67)
68 6五銀(64)
69 7四歩(75)
70 同 銀(65)
71 5五歩(56)
72 8六歩(85)
73 同 歩(87)
74 5五歩(54)
75 4五歩(46)
76 7五歩打
77 同 金(76)
78 同 銀(74)
79 同 銀(66)
80 8一飛(84)
81 5五角(88)
82 6五桂(73)
83 6六銀(75)
84 8六飛(81)
85 7一飛成(78)
86 8九飛成(86)
87 6五銀(66)
88 5四歩打
89 9一角成(55)
90 5五桂打
91 5六銀(65)
92 4七桂成(55)
93 同 銀(56)
94 1五歩(14)
95 7九歩打
96 1六歩(15)
97 1二歩打
98 同 香(11)
99 1三歩打
100 同 香(12)
101 1二銀打
102 1七歩成(16)
103 同 香(19)
104 同 香成(13)
105 同 玉(28)
106 1六歩打
107 2八玉(17)
108 4一香打
109 2五香打
110 2四歩(23)
111 同 香(25)
112 同 角(33)
113 2五香打
114 1七銀打
115 2七玉(28)
116 3三金(43)
117 4四歩(45)
118 同 銀(53)
119 4三歩打
120 同 玉(32)
121 4五歩打
122 2六銀成(17)
123 同 玉(27)
124 3五銀(44)
125 投了
まで124手で後手の勝ち




ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋問題集 20180611 | トップ | 大山将棋問題集 20180612 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事