名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(905);三間飛車に65歩急戦(中村修)

2018-06-04 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180604
昭和62年6月、中村修先生と第8回日本シリーズです。

大山先生の先手三間飛車に中村先生は64歩、右4間でしょうか。

67銀と備えさせて54歩。

向い飛車にされましたが右桂を跳ねて65歩を狙います。

タイミングを見計らって65歩。これは46歩の形ならば生じる対向い飛車特有の攻め手順です。36歩の形ならばなお良しです。

65同歩には一度自陣角を打って

66角同角同銀としておいてから(先手から66角を消して)79角。

46に馬を作れます。36歩の形ならばもう少し得だったというのがわかりますね。

6筋から攻撃続行です。

馬を追われたらあくまで57金をねらう位置に退避して

飛車も使います。大山先生は37角から金を引いて受けますが

中村先生は調子よく攻めていきます。

桂を交換して銀を出て

66桂。68金は67歩、48金左は78桂成なので金を逃げられず

駒得で攻めているのですから後手有利です。大山先生は控えの桂を打ちました。35歩ねらいですが24馬で大丈夫だから68歩、67歩、78銀、57銀打、後手はは何か攻める手を考えるところなのですが

中村先生は「受ける青春」です。時間がないと受ける手を考えてしまうのでしょう。44歩は受けとしては今一つで、桂頭を攻められ

拠点を作られつつ馬筋を止められて損をしました。大山先生は反撃のターン。角筋を通して

飛車先馬筋を止められても55同桂があり

角をさばいて有利になりました。45桂は怖くなくて

91香を取りつつ馬を引き付ければ十分です。

中村先生は歩切れが痛いです。25桂を防いで33桂、飛車を浮いて使いますが

大山先生は攻め駒が4枚あります。銀桂を先手で打ちこんで

36馬が銀取り。中村先生は桂を捨てて45同歩に56飛ねらい。取っても良さそうですが

金を寄せて使うのは大山先生らしいです。

24桂の馬取りには清算してかわせば金取りで

歩の裏に香を打てては、難しくない寄せです。

上からかぶせていく寄せ方で

桂頭玉になりましたが、これ以上 上に逃げ出されることはないです。桂を成れば詰めろで

馬を消して

投了図。

対三間飛車というよりは対向い飛車の急戦ですが、角を交換して79角というのは居飛車が指しやすくなることが多いです。中村先生は調子よく攻めていたのですが、いろいろあるところだと受けの手を指してしまうのですよね。それがうまい受けではなかったのが不運でした。
馬を作ったところからは大山先生の手堅い寄せが見られました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:中村修王将
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八飛(28)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 6二銀(71)
7 6八銀(79)
8 4二玉(51)
9 4八玉(59)
10 3二玉(42)
11 3八玉(48)
12 6四歩(63)
13 6七銀(68)
14 8五歩(84)
15 7七角(88)
16 5二金(61)
17 5六歩(57)
18 5四歩(53)
19 5八金(69)
20 7四歩(73)
21 8八飛(78)
22 1四歩(13)
23 1六歩(17)
24 7三桂(81)
25 2八玉(38)
26 4二銀(31)
27 3八銀(39)
28 9四歩(93)
29 9六歩(97)
30 3三角(22)
31 2六歩(27)
32 5三銀(62)
33 4六歩(47)
34 6五歩(64)
35 同 歩(66)
36 7七角成(33)
37 同 桂(89)
38 2二角打
39 6六角打
40 同 角(22)
41 同 銀(67)
42 7九角打
43 8九飛(88)
44 4六角成(79)
45 5七金(58)
46 3五馬(46)
47 2七銀(38)
48 6四歩打
49 同 歩(65)
50 同 銀(53)
51 3六歩(37)
52 1三馬(35)
53 3七角打
54 6二飛(82)
55 5八金(57)
56 3三桂(21)
57 4六歩打
58 6五桂(73)
59 3八金(49)
60 7七桂成(65)
61 同 銀(66)
62 6五銀(64)
63 6九飛(89)
64 6六桂打
65 同 銀(77)
66 同 銀(65)
67 4七桂打
68 4四歩(43)
69 3五歩(36)
70 4三銀(42)
71 3四歩(35)
72 同 銀(43)
73 3五歩打
74 4三銀(34)
75 4五歩(46)
76 6八歩打
77 同 飛(69)
78 6七歩打
79 9八飛(68)
80 5五歩(54)
81 同 桂(47)
82 同 銀(66)
83 同 角(37)
84 4五桂(33)
85 9一角成(55)
86 3七歩打
87 同 桂(29)
88 同 桂成(45)
89 同 馬(91)
90 3三桂打
91 4六歩打
92 6六飛(62)
93 3四銀打
94 4二金(41)
95 5五桂打
96 5四銀(43)
97 3六馬(37)
98 4五桂(33)
99 2五桂打
100 2二馬(13)
101 4七金(58)
102 2四桂打
103 3三桂成(25)
104 同 金(42)
105 同 銀成(34)
106 同 玉(32)
107 2五馬(36)
108 4二玉(33)
109 4五歩(46)
110 5三玉(42)
111 5七金(47)
112 3六桂打
113 1八玉(28)
114 6二飛(66)
115 6六香打
116 6五銀打
117 6三歩打
118 9二飛(62)
119 6五香(66)
120 同 銀(54)
121 7七桂打
122 5四銀(65)
123 6五銀打
124 同 銀(54)
125 同 桂(77)
126 6四玉(53)
127 4三桂成(55)
128 4五歩(44)
129 5五銀打
130 同 馬(22)
131 同 歩(56)
132 3七歩打
133 7三角打
134 6三玉(64)
135 5二成桂(43)
136 3八歩成(37)
137 6二金打
138 投了
まで137手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋問題集 20180603 | トップ | 大山将棋問題集 20180604 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事