名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2188);相矢倉(塚田正夫)

2021-12-01 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211201

昭和37年10月、塚田正夫先生と第1期棋聖戦です。

後手番塚田先生の振り飛車模様でしたが居飛車です。

相矢倉に進みます。

互いに早囲いで先後同型に。

64角の様子見で先後同型から離れていきます。46角とすると総矢倉で千日手になるというのがこの頃の常識でした。脇システムはない時代ですから

37銀よりは37桂のほうが考えやすかったでしょう。

互いに矢倉に入ります。

塚田先生は四手角へ。

大山先生は流れ矢倉(57角成同銀を想定)のような陣形で受けます。

駒組が飽和していくのですが、塚田先生の92飛は手待ちの意味しかないでしょう。53銀で45歩を突かれるのが嫌なのでしょうが、ならば51銀~42銀上くらいだったかと。

63銀~72飛は75歩同歩同角をみた待ち方ですが、大山先生はここから仕掛けます。

45歩同歩同桂。35歩も突いてみたいところでしたが。

42銀に46銀。AIが好みそうな桂馬を捨てる指し方です。44歩~45歩同銀と進んでも、後手が歩切れだと44歩を打てるから十分だと。

なので塚田先生は44歩を打たずに65歩で攻め合いです。65同桂同桂同歩

57角成同銀上47角

26飛75歩。この75歩はまだ甘いので、大山先生としては44歩同金を入れておけば楽だったでしょう。

16桂12桂の打ち合いは対等の取引でしょうか。

75歩44歩、これで忙しくなったかな。

66角(これがねらいでした)で桂取りを防いだのですが、塚田先生は端で1歩得て

64歩と合わせて角を追おうと。でも35歩65歩88角くらいで先手は問題なかったですが。

74歩同銀93角成。大山先生は馬を作るほうが好きなのですが、これだと45桂を取られます。

45歩同銀75桂

68金引44歩。銀を取られたら先手の駒損です。

73歩同飛84馬72歩。これで馬飛の交換の権利ができましたが、後手玉は飛には強い形です。

48香38角成44銀と返して

48馬同銀44金。銀桂と角歩2の交換ということになりました。形勢も互角でしょう。

76歩66香

57銀68香成同銀

87桂成同金65銀。少し駒得になりましたが、先手玉は薄くなっています。

78香98歩。この攻めは切らしにくいです。と言って後手玉を寄せるのも駒を渡しそうなのでどうしたものか。

85馬99歩成88玉、危ないほうに玉を逃げたようですが、入玉をねらっています。

86歩同金89銀、先手玉が寄るかどうかの勝負です。

75歩(善悪がよくわからないです)98と

77玉97と で詰めろ。

67銀55歩66歩

56銀58銀。銀を逃げたのは弱い手でしょう。代わりに74歩くらいだったか。

84歩76馬88金で詰めろ。先手玉はかなり狭いです。後手有利になった(寄せ切れそう)感じです。

69銀の受けに、塚田先生は78銀成から清算して

67銀打同馬88と。後手玉は堅いので切れない攻めならば勝ちです。68玉ならば67銀成同玉59角くらいでも良いでしょう。

88同玉67銀成、これで59角や77角があります。

76金85香

86歩75飛まで。75同金には77角~86角成。飛を使えたら寄せ切りです。

 

大山先生には珍しい受け損ねでした。先攻していたはずなのですが、受けに回ったというのは棋風というか、最善を逃したというか。相居飛車だと受けに片寄るのは怖いです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1962/10/22
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:塚田正夫9段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 5六歩(57)  
   8 5四歩(53)  
   9 6八玉(59)  
  10 8四歩(83)  
  11 7八銀(79)  
  12 5二金(61)  
  13 7七銀(78)  
  14 6二銀(71)  
  15 7八玉(68)  
  16 3三銀(32)  
  17 5八金(49)  
  18 4三金(52)  
  19 7九角(88)  
  20 3一角(22)  
  21 6六歩(67)  
  22 4二玉(51)  
  23 6七金(58)  
  24 3二玉(42)  
  25 2五歩(26)  
  26 8五歩(84)  
  27 3六歩(37)  
  28 7四歩(73)  
  29 1六歩(17)  
  30 6四角(31)  
  31 3七桂(29)  
  32 7三角(64)  
  33 1五歩(16)  
  34 2二玉(32)  
  35 8八玉(78)  
  36 3二金(41)  
  37 7八金(69)  
  38 6四歩(63)  
  39 4六歩(47)  
  40 8四角(73)  
  41 5七角(79)  
  42 7三桂(81)  
  43 6八銀(77)  
  44 9四歩(93)  
  45 7七桂(89)  
  46 9五歩(94)  
  47 4七銀(48)  
  48 9二飛(82)  
  49 7九玉(88)  
  50 6三銀(62)  
  51 2九飛(28)  
  52 7二飛(92)  
  53 4五歩(46)  
  54 同 歩(44)  
  55 同 桂(37)  
  56 4二銀(33)  
  57 4六銀(47)  
  58 6五歩(64)  
  59 同 桂(77)  
  60 同 桂(73)  
  61 同 歩(66)  
  62 5七角成(84)
  63 同 銀(68)  
  64 4七角打    
  65 2六飛(29)  
  66 7五歩(74)  
  67 1六桂打    
  68 1二桂打    
  69 7五歩(76)  
  70 4四歩打    
  71 6六角打    
  72 9六歩(95)  
  73 同 歩(97)  
  74 同 香(91)  
  75 同 香(99)  
  76 6四歩打    
  77 7四歩(75)  
  78 同 銀(63)  
  79 9三角成(66)
  80 4五歩(44)  
  81 同 銀(46)  
  82 7五桂打    
  83 6八金(67)  
  84 4四歩打    
  85 7三歩打    
  86 同 飛(72)  
  87 8四馬(93)  
  88 7二歩打    
  89 4八香打    
  90 3八角成(47)
  91 4四銀(45)  
  92 4八馬(38)  
  93 同 銀(57)  
  94 4四金(43)  
  95 7六歩打    
  96 6六香打    
  97 5七銀(48)  
  98 6八香成(66)
  99 同 銀(57)  
 100 8七桂成(75)
 101 同 金(78)  
 102 6五銀(74)  
 103 7八香打    
 104 9八歩打    
 105 8五馬(84)  
 106 9九歩成(98)
 107 8八玉(79)  
 108 8六歩打    
 109 同 金(87)  
 110 8九銀打    
 111 7五歩(76)  
 112 9八と(99)  
 113 7七玉(88)  
 114 9七と(98)  
 115 6七銀(68)  
 116 5五歩(54)  
 117 6六歩打    
 118 5六銀(65)  
 119 5八銀(67)  
 120 8四歩打    
 121 7六馬(85)  
 122 8八金打    
 123 6九銀(58)  
 124 7八銀成(89)
 125 同 銀(69)  
 126 同 金(88)  
 127 同 玉(77)  
 128 6七銀打    
 129 同 馬(76)  
 130 8八と(97)  
 131 同 玉(78)  
 132 6七銀成(56)
 133 7六金(86)  
 134 8五香打    
 135 8六歩打    
 136 7五飛(73)  
 137 投了        
まで136手で後手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211130 | トップ | 大山将棋問題集20211201 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事