名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2186);四間飛車に玉頭位取り

2021-11-29 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211129

昭和37年10月、花村元司先生と第12回NHK杯です。

大山先生の四間飛車、普通の振り飛車は春の名人戦以来です。早指しなので無難なものを選んだのでしょう。

54歩が早いのは中央位取りを阻止するためですが、

玉頭位取りのほうは避けませんでした。74歩も突くのは少し怖かったのでしょう。

石田流を目指します。

花村先生の46歩は42角に45歩を用意したけん制です。

しばらく様子を見ていましたが、66歩を突いたところで大山先生は42角、

65歩に36歩同歩同飛、

35に引いたのですが、34飛のほうが無難でした。

対して花村先生の47金は指したくない気がするのですが。33桂24歩25飛、飛交換しかなくて

でも飛を先着できるからというか、後手陣の角銀の配置が悪くて先手有利かもしれません。

51角64歩同金までは良いのですが、23飛成というのが変な手でした。単に12飛成か23歩成くらいだったでしょう。

52銀12竜49飛、23歩を取ったばかりに後手に52銀の有効手を与えています。両取りで飛を打ち込まれて

48金29飛成65歩63金45歩。この45歩も違和感がありますね。44角には86桂を気にしたのでしょうが、64香を打って互角ではなかったでしょうか。

67歩を同玉と取った?銀か金で取りそうなところです。

89竜44歩42歩、駒損で後手玉も堅いですから、後手有利になっています。

仕方ないので入玉を意識した粘りで、

45桂に銀を逃げなかったのもその一環かと思ったのですが。

57桂成に同金右なんですよね。危なくても57同玉かと思いましたが。これだと入玉までは遠く見えます。大山先生は桂を成り捨てて

37同竜45桂46竜57桂成、桂2枚で金を削るのでは損な取引でしたが、元が駒得なのでこれでも良いのか。

57同竜に49竜と寄って

金を打ち

47竜の王手。玉を逃げると56金なので

57香に48銀と数を足します。69桂には59銀成~69成銀で2つ57への利きを外すことができます。

花村先生はあっさり46竜同竜95歩、もう駒損がひどいから、形つくりのような端攻めです。

27飛に69桂

69銀成に66角、粘ってはいるけれど、

69成銀同金54桂、角は逃げられません。

それでも銀金を打って粘り、

端だけが楽しみというか、形つくりというか。

角を取られて大駒4枚を失いました。やっと王手をかけて

手を戻します。

大山先生は急ぐと危ないので角を打ち込み

二枚竜を見せ

桂香を打たせてから角を成っておきます。

やっと竜を切り

二枚替えにして85馬の王手。

76桂を取っての王手で、詰みではないですがここまで。

 

先手の陣形も万全ではなかったですが、角銀が浮いている状態で飛交換を迫るのでは大山先生の指しすぎでした。でも花村先生が冴えないのですよね。自然な手を好まない先生ですが、有利になっても奇をてらい過ぎでは。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1962/10/13
手合割:平手  
先手:花村元司8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 2六歩(27)  
   2 3四歩(33)  
   3 7六歩(77)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二銀(31)  
   7 5八金(49)  
   8 4二飛(82)  
   9 6八玉(59)  
  10 6二玉(51)  
  11 7八玉(68)  
  12 7二玉(62)  
  13 6八銀(79)  
  14 8二玉(72)  
  15 5六歩(57)  
  16 7二銀(71)  
  17 9六歩(97)  
  18 9四歩(93)  
  19 5七銀(48)  
  20 5四歩(53)  
  21 7七銀(68)  
  22 4三銀(32)  
  23 7五歩(76)  
  24 5二金(41)  
  25 7六銀(77)  
  26 6四歩(63)  
  27 6八金(69)  
  28 6三金(52)  
  29 8六歩(87)  
  30 3五歩(34)  
  31 2五歩(26)  
  32 3三角(22)  
  33 8五歩(86)  
  34 3二飛(42)  
  35 4六歩(47)  
  36 1四歩(13)  
  37 7七角(88)  
  38 1二香(11)  
  39 6六歩(67)  
  40 4二角(33)  
  41 6五歩(66)  
  42 3六歩(35)  
  43 同 歩(37)  
  44 同 飛(32)  
  45 3七歩打    
  46 3五飛(36)  
  47 4七金(58)  
  48 3三桂(21)  
  49 2四歩(25)  
  50 2五飛(35)  
  51 同 飛(28)  
  52 同 桂(33)  
  53 2二飛打    
  54 5一角(42)  
  55 6四歩(65)  
  56 同 金(63)  
  57 2三飛成(22)
  58 5二銀(43)  
  59 1二龍(23)  
  60 4九飛打    
  61 4八金(47)  
  62 2九飛成(49)
  63 6五歩打    
  64 6三金(64)  
  65 4五歩(46)  
  66 6七歩打    
  67 同 玉(78)  
  68 8九龍(29)  
  69 4四歩(45)  
  70 4二歩打    
  71 1四龍(12)  
  72 2九龍(89)  
  73 2三歩成(24)
  74 4五桂打    
  75 3四龍(14)  
  76 5七桂成(45)
  77 同 金(48)  
  78 3七桂成(25)
  79 同 龍(34)  
  80 4五桂打    
  81 4六龍(37)  
  82 5七桂成(45)
  83 同 龍(46)  
  84 4九龍(29)  
  85 3二と(23)  
  86 4六金打    
  87 6六龍(57)  
  88 5五歩(54)  
  89 同 龍(66)  
  90 4七龍(49)  
  91 5七香打    
  92 4八銀打    
  93 4六龍(55)  
  94 同 龍(47)  
  95 9五歩(96)  
  96 2七飛打    
  97 6九桂打    
  98 5九銀成(48)
  99 6六角(77)  
 100 6九成銀(59)
 101 同 金(68)  
 102 5四桂打    
 103 5五銀打    
 104 4九龍(46)  
 105 5九金打    
 106 1九龍(49)  
 107 6四歩(65)  
 108 5三金(63)  
 109 9四歩(95)  
 110 6六桂(54)  
 111 9三歩成(94)
 112 同 香(91)  
 113 同 香成(99)
 114 同 玉(82)  
 115 6六銀(55)  
 116 6五歩打    
 117 同 銀(76)  
 118 8七角打    
 119 7八桂打    
 120 2九飛成(27)
 121 9四歩打    
 122 8二玉(93)  
 123 4九香打    
 124 9六角成(87)
 125 5五歩(56)  
 126 5六歩打    
 127 同 銀(65)  
 128 4九龍(29)  
 129 同 金(59)  
 130 同 龍(19)  
 131 6八金(69)  
 132 8五馬(96)  
 133 7六桂打    
 134 同 馬(85)  
 135 同 玉(67)  
 136 8四桂打    
 137 投了        
まで136手で後手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211128 | トップ | 大山将棋問題集20211129 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事