名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1495);雁木右玉(有吉道夫)

2020-02-06 | 大山将棋研究

今日の棋譜20200206

昭和47年3月、有吉道夫先生と第21期王将戦第7局です。

最終局までもつれた7番勝負、大山先生は居飛車を選択しました。

有吉先生は居飛車党ですから、振り飛車模様でも84歩は当然で

先手は矢倉、後手は雁木の対抗です。62金とするのがちょっと変わった手で

やはりというか右玉でした。堅い玉を好む有吉先生は右玉で大丈夫でしょうか?

大山先生は棒銀から3筋を攻めます。

有吉先生は1歩損で銀を交換させ

28銀。これを打った方が有利になることは少ないです。

この場合は19香だけしか取れない形ですし。大山先生は2筋を継ぎ歩で攻めます。25同歩は同桂ですね。

有吉先生は23歩成を受けずに金を43に上がり

香を打って

桂を取りました。23歩成には34金26飛17銀不成29飛、飛は取れないので先手よしでしょうが

大山先生は35飛、飛を使う方を選びました。こうなれば有吉先生の24角も当然で

大山先生は竜を作り

有吉先生は角を交換して左桂を使います。後手の桂香得ですが、28銀は遊んでいるというか、無い方が良いくらいです。

大山先生は24角~34歩で

桂を跳ねさせてから79玉。ちょっとおかしな手順ですが

43歩~42銀で壁を崩し、竜を使えそうです。

57桂成は金で取ってから41銀不成。次に32竜が厳しいので

72玉に57角。駒損が消えました。

28銀も取れたので駒得です。

87歩には67金。ちょっと変わった受け方ですが、先手玉は広くなります。

41銀も取られずに済んだので駒得が確定、優勢になりました。

右玉を寄せるならば7~9筋を攻めるのが効率的です。95桂は大きな利かしで、71桂と受けさせれば後手の83玉ルートが消えているので33歩成~43と でも十分です。

63玉の早逃げにも83香を打って

82香成が左右挟撃です。角を攻められましたが23竜は詰めろ。

36角成には54銀で馬を取って

57角を取られて、先手玉は詰めろのようですが

72合駒に53竜同玉55飛以下、後手玉が詰んでいます。

 

大山先生が久しぶりに自ら相居飛車を選択しました。有吉先生の右玉というのが不慣れではないかと思うのですが。棋風には合っていないでしょう。

戦後逆だとしても大山先生の右玉というのは知らないのですが、明日から並べる第一巻には出てくるでしょうか?

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.41 棋譜ファイル ----
開始日時:1972/03/23
手合割:平手  
先手:大山王将
後手:有吉道夫8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 2五歩(26)  
   6 3三角(22)  
   7 4八銀(39)  
   8 3二銀(31)  
   9 3六歩(37)  
  10 8四歩(83)  
  11 5六歩(57)  
  12 5四歩(53)  
  13 7七角(88)  
  14 4三銀(32)  
  15 7八銀(79)  
  16 3二金(41)  
  17 6八角(77)  
  18 6二銀(71)  
  19 5八金(49)  
  20 5三銀(62)  
  21 6六歩(67)  
  22 8五歩(84)  
  23 7七銀(78)  
  24 6二金(61)  
  25 7八金(69)  
  26 7四歩(73)  
  27 6九玉(59)  
  28 6四歩(63)  
  29 6七金(58)  
  30 6三金(62)  
  31 1六歩(17)  
  32 7三桂(81)  
  33 3七銀(48)  
  34 6二玉(51)  
  35 2六銀(37)  
  36 1四歩(13)  
  37 3五歩(36)  
  38 8一飛(82)  
  39 3八飛(28)  
  40 3五歩(34)  
  41 同 銀(26)  
  42 3四歩打    
  43 同 銀(35)  
  44 同 銀(43)  
  45 同 飛(38)  
  46 2八銀打    
  47 3七桂(29)  
  48 1九銀(28)  
  49 2四歩(25)  
  50 同 歩(23)  
  51 2五歩打    
  52 2八銀(19)  
  53 2四歩(25)  
  54 4三金(32)  
  55 3六飛(34)  
  56 3五歩打    
  57 同 飛(36)  
  58 3四香打    
  59 2五飛(35)  
  60 3七香成(34)
  61 3五飛(25)  
  62 2四角(33)  
  63 3二飛成(35)
  64 4二金(43)  
  65 2二龍(32)  
  66 6八角成(24)
  67 同 金(67)  
  68 3三桂(21)  
  69 2四角打    
  70 3二歩打    
  71 3四歩打    
  72 4五桂(33)  
  73 7九玉(69)  
  74 8六歩(85)  
  75 同 歩(87)  
  76 4七成香(37)
  77 4三歩打    
  78 4一金(42)  
  79 4二銀打    
  80 5七桂成(45)
  81 同 金(68)  
  82 同 成香(47)
  83 4一銀(42)  
  84 7二玉(62)  
  85 5七角(24)  
  86 4七角打    
  87 2八龍(22)  
  88 8七歩打    
  89 6七金(78)  
  90 6二金(63)  
  91 4二歩成(43)
  92 同 銀(53)  
  93 3二銀成(41)
  94 5三銀(42)  
  95 9五桂打    
  96 6三玉(72)  
  97 8三香打    
  98 5一飛(81)  
  99 8二香成(83)
 100 5五歩(54)  
 101 同 歩(56)  
 102 5六歩打    
 103 2三龍(28)  
 104 3六角成(47)
 105 5四銀打    
 106 同 馬(36)  
 107 同 歩(55)  
 108 5七歩成(56)
 109 5三歩成(54)
 110 同 飛(51)  
 111 8一角打    
 112 投了        
まで111手で先手の勝ち


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 大山将棋問題集20200205 | トップ | 大山将棋問題集20200206 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (師子乃)
2021-04-29 15:27:44
プロってすごいですよね。

到底思いつかないような手ばかり打ちます。
コメントありがとうございます。 (関)
2021-04-29 15:54:09
師子乃さん、コメントありがとうございます。
随分前の記事なので、右玉で検索されたのでしょうか。
この将棋は違和感のある手が多いですね。それでも指されてみればなるほどと思えるのがプロで、我々が指すのはやっぱり疑問手だったとなることのほうが多すぎます。

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事