名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1926);相掛り腰掛銀(塚田正夫)

2021-03-22 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210322

昭和32年3月、塚田正夫先生と読売臨時棋戦です。九段戦トーナメントでは当たらなかったので企画されたのでしょう。

塚田先生の先手で相掛りです。

腰掛銀に進みます。

塚田先生は48金で攻撃的ですが、

端の位を取りました。

後手からのガッチャン銀もあるわけで、4筋の位を取って(44角を打たれる筋を消して)受けに回ります。

互いに位を取ると手を出しづらくなります。

塚田先生から角を交換すると、さらに手が遅れます。

この46角は、駅馬車定跡のような44歩(同歩は同銀45歩55銀左)66歩45歩65歩44銀66銀64歩・・・といった中央の勢力争いに対応しています。

64角の合わせに、同角同金46角

62飛と受けたところを75歩。

75同歩に72歩があります。82角では後手がつらいでしょうし(でも歩得を主張するか)、61玉は86銀72玉64角同飛75銀で先手優勢です。

ということで大山先生は63玉、と金を作られて指しにくそうですが、すぐにはつぶれないか。

76歩88銀の利かしは良いのですが、75角ですか。金にひもを付けて飛を移動しやすくしたということでしょうか。でもこれが疑問手になったのです。

塚田先生は86歩同角58玉、後手を引きますが、87銀~76銀をねらっています。これを大山先生がうっかりしたか。

82飛に87銀

75角29飛、やはり76銀は防げません。

先に84角と逃げましたが、角を切られて

72と は取ると83金ですね。と金を使われては悪いです。

83飛に76銀、75歩を打たれてはいけないので、

後手から75歩を打ちますが、平凡に85歩93角84金

同角同歩に同飛は46角が厳しいところです。93飛とかわしますが、

82角76歩73と

92飛86桂まで。75玉74と85玉64角成で必至です。

 

中段玉で粘るのは大山先生の得意技なのですが、良さそうに見えた62手目75角が悪手になるとは。形勢不明だけれど指す手が難しかった局面で、代案はよくわかりません。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1957/03/15
手合割:平手  
先手:塚田正夫九段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 2六歩(27)  
   4 8五歩(84)  
   5 2五歩(26)  
   6 3二金(41)  
   7 7八金(69)  
   8 8六歩(85)  
   9 同 歩(87)  
  10 同 飛(82)  
  11 2四歩(25)  
  12 同 歩(23)  
  13 同 飛(28)  
  14 2三歩打    
  15 2六飛(24)  
  16 8四飛(86)  
  17 8七歩打    
  18 3四歩(33)  
  19 4八銀(39)  
  20 6二銀(71)  
  21 4六歩(47)  
  22 6四歩(63)  
  23 4七銀(48)  
  24 6三銀(62)  
  25 5六銀(47)  
  26 5四銀(63)  
  27 9六歩(97)  
  28 9四歩(93)  
  29 4八金(49)  
  30 5二金(61)  
  31 6八玉(59)  
  32 4二玉(51)  
  33 1六歩(17)  
  34 7四歩(73)  
  35 1五歩(16)  
  36 7三桂(81)  
  37 4五歩(46)  
  38 6三金(52)  
  39 3六歩(37)  
  40 6五歩(64)  
  41 3七桂(29)  
  42 5二玉(42)  
  43 2二角成(88)
  44 同 銀(31)  
  45 8八銀(79)  
  46 3三銀(22)  
  47 7七銀(88)  
  48 8二飛(84)  
  49 4六角打    
  50 6四角打    
  51 同 角(46)  
  52 同 金(63)  
  53 4六角打    
  54 6二飛(82)  
  55 7五歩(76)  
  56 同 歩(74)  
  57 7二歩打    
  58 6三玉(52)  
  59 7一歩成(72)
  60 7六歩(75)  
  61 8八銀(77)  
  62 7五角打    
  63 8六歩(87)  
  64 同 角(75)  
  65 5八玉(68)  
  66 8二飛(62)  
  67 8七銀(88)  
  68 7五角(86)  
  69 2九飛(26)  
  70 8四角(75)  
  71 6四角(46)  
  72 同 玉(63)  
  73 7二と(71)  
  74 8三飛(82)  
  75 7六銀(87)  
  76 7五歩打    
  77 8五歩打    
  78 9三角(84)  
  79 8四金打    
  80 同 角(93)  
  81 同 歩(85)  
  82 9三飛(83)  
  83 8二角打    
  84 7六歩(75)  
  85 7三と(72)  
  86 9二飛(93)  
  87 8六桂打    
  88 投了        
まで87手で先手の勝ち

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集20210321 | トップ | 大山将棋問題集20210322 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事