名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(1482);角交換三間飛車(関根茂)

2020-01-24 | 大山将棋研究

今日の棋譜20200124

(大山全集では高野明富アマ名人との角落ちが入りますが、省略します。)

昭和46年12月、関根茂先生と第21回NHK杯です。

関根先生が手損で角を交換しました。

大山先生は34銀型で三間飛車、2回目の採用です。

端を受けずに美濃囲いに組みました。

四間飛車にして4筋をねらいます。

4筋を守られたので

一旦は駒組で高美濃へ。関根先生は6筋の歩を切って(1歩の使い道が見えないので作戦負けか。)

銀取りに角を打ちました。大山先生も角を打って受けるしかなさそうですが

12角でした。これは78玉をにらんでいたので、先手の88玉~78金の間に14歩~15歩。こう指すならば12角よりも23角のほうが良さそうでしたが。

関根先生は角を逃げてから端を逆襲します。

大山先生は4筋を攻めて、銀をずらして

飛をさばいておきます。

45銀同銀46歩。46同金は45桂~57桂成か37桂成とできるという「敵の打ちたいところに打て」の手筋です。

関根先生は42歩(連打で飛先を止める意味)から56金。

しかし銀を取り返されて、と金を作られてははっきり悪いです。

反撃は41歩成から52銀ですが

57桂成~38と。飛の取り合いではだめですから、38同飛で

大山先生は金銀交換から49飛成

銀を打って守っても、攻め駒は4枚あります。

16馬の竜取りも、桂を拾えて

56歩の受けは当然に同成桂。

右桂も跳ねて優勢です。

49歩の受けに27銀は、駒得というよりも49歩を払うための手です。

関根先生は馬を切って攻めますが

飛を取られて

49竜は詰めろでしょう。

59歩の受けには銀を取って

59竜に79銀。持ち駒が多いので即詰みがありそうです。67角成から

手数は長そうですが、持ち駒が多すぎます。ここで投了でした。

 

居飛車党が振り飛車封じで角を交換するのは、大山先生には利かないようです。藤井猛先生はこういう将棋を並べて、角交換振り飛車を思いついたのでしょうね。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.41 棋譜ファイル ----
開始日時:1971/12/10
手合割:平手  
先手:関根茂8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2二角成(88)
   4 同 銀(31)  
   5 7八銀(79)  
   6 3三銀(22)  
   7 7七銀(78)  
   8 3五歩(34)  
   9 6八玉(59)  
  10 3四銀(33)  
  11 7八玉(68)  
  12 3二飛(82)  
  13 2六歩(27)  
  14 2四歩(23)  
  15 6八金(69)  
  16 6二玉(51)  
  17 3八銀(39)  
  18 7二玉(62)  
  19 4六歩(47)  
  20 5二金(41)  
  21 4七銀(38)  
  22 8二玉(72)  
  23 9六歩(97)  
  24 7二銀(71)  
  25 9五歩(96)  
  26 4四歩(43)  
  27 3八金(49)  
  28 4二飛(32)  
  29 5六銀(47)  
  30 3三桂(21)  
  31 4七金(38)  
  32 6四歩(63)  
  33 8六歩(87)  
  34 7四歩(73)  
  35 6六歩(67)  
  36 6三金(52)  
  37 6五歩(66)  
  38 同 歩(64)  
  39 同 銀(56)  
  40 6四歩打    
  41 5六銀(65)  
  42 7三桂(81)  
  43 1六角打    
  44 1二角打    
  45 8八玉(78)  
  46 1四歩(13)  
  47 7八金(68)  
  48 1五歩(14)  
  49 4九角(16)  
  50 5四歩(53)  
  51 1六歩(17)  
  52 4五歩(44)  
  53 同 歩(46)  
  54 5五歩(54)  
  55 同 銀(56)  
  56 4五飛(42)  
  57 4六銀(55)  
  58 4一飛(45)  
  59 1五歩(16)  
  60 4五銀(34)  
  61 同 銀(46)  
  62 4六歩打    
  63 4二歩打    
  64 5一飛(41)  
  65 5六金(47)  
  66 4五桂(33)  
  67 1六角(49)  
  68 4七歩成(46)
  69 4一歩成(42)
  70 同 飛(51)  
  71 5二銀打    
  72 5七桂成(45)
  73 6六金(56)  
  74 3八と(47)  
  75 同 飛(28)  
  76 5二金(61)  
  77 同 角成(16)
  78 4九飛成(41)
  79 1八飛(38)  
  80 6一銀打    
  81 1六馬(52)  
  82 2九龍(49)  
  83 5六歩打    
  84 同 成桂(57)
  85 同 金(66)  
  86 同 角(12)  
  87 6七歩打    
  88 6五桂(73)  
  89 4九歩打    
  90 2七銀打    
  91 6一馬(16)  
  92 同 銀(72)  
  93 5五桂打    
  94 6二金(63)  
  95 6三銀打    
  96 1八銀成(27)
  97 同 香(19)  
  98 4九龍(29)  
  99 5九歩打    
 100 7七桂成(65)
 101 同 玉(88)  
 102 5九龍(49)  
 103 7九銀打    
 104 6七角成(56)
 105 同 金(78)  
 106 7九龍(59)  
 107 7八金打    
 108 6五桂打    
 109 投了        
まで108手で後手の勝ち

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20200123 | トップ | 大山将棋問題集20200124 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事