名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2145);相矢倉(二上達也)

2021-10-23 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211023

昭和36年12月、二上達也先生と第12期九段戦第3局です。

大山先生の先手で矢倉です。

46歩を突く矢倉にこだわります。

二上先生も追従して先後同型に近いのですが、72飛は作戦負けになりやすい、というのをブログで何局か並べてわかりました。

7筋の歩を交換します。

大山先生は中央の位を取り

左金で抑え込もうと。76歩を打たれるのが気になりますが、すぐにつぶされるわけではないから気にしないのかなあ?

二上先生は玉を囲ったので、大山先生は76歩を打てています。ここから

67金~78玉というのが大山好みで、抑え込みが成功している感じがします。二上先生は85歩が甘かったかな。四手角にして73桂~65歩というのが攻めの理想形(それが認識された時代)だったのですが、現代矢倉の感覚では73桂~85桂と攻める筋を残したかったです。

私が「現代」矢倉と書いているのは、昭和の終わりから平成くらいまで、AIが活躍する前の時代です。また何十年かすれば現代よりも新しい時代の呼称が出てくると思います。

大山先生は後手の理想形ができる前に攻め始めます。

45同歩同桂42銀、これは桂を殺されるのですが、

桂と歩2の交換でも先手よし、というのがAI時代の「今」の感覚(があるわけではないけれど)です。当時ならば桂得のほうが大きいと思っていたでしょう。

左金で攻めて良し、とは当時にはわからなかったでしょうね。「二枚替えなら歩とでもせよ」という言葉はありまして、その例だと(例外的に)認識されたかもしれません。56銀と使えば先手陣の形が良いので、

54歩に24歩同歩同金、大山先生はシンプルに棒金で攻めていきます。

22歩同金23金と突っ込めば

金をさばいて竜ができます。二上先生は攻めの体制ができていないので、

65歩に55歩は仕方のないところなのでしょうが、

23歩34金、金をこちらに使うと、中央が薄くなります。

54歩の垂らしを消去したいのですが、65銀には64金だから取り切れません。75歩の合わせから攻めるのも仕方のないところでしょうか。

75同歩同銀76歩66歩、これで金銀を取り合って

95角は角を切って攻めようというのか

と思ったら、96歩に66歩同玉84角。最初に66歩を打てば66同銀でしたから、1手損するのも仕方なかったのでしょう。

64銀63歩83金、こういう時に飛を捨てられないのでは攻めにくいです。

71飛84金64歩、これでも角と金桂の交換ですから、後手が有利でもおかしくはないのですが。

64同歩35桂、この桂も攻防です。

58銀56銀で詰めろ。

76銀65歩、これも取るしかなくて

銀を剥がして銀金を打ちます。

77玉75飛88玉。後手の攻め駒としては飛金銀3枚、どこかで47桂成が有効になれば攻め切れます。77歩同桂66金78歩47桂成くらいだったか。もう1歩あれば76歩を打てるので後手有利でしょうが。

86歩同歩を入れようとしたら77銀

持ち歩がもっと欲しくて23金としたら、53歩成同銀76歩、攻めやすくなったのですが、後手玉は薄くなっています。

金銀交換したら43角が詰めろ飛取り。

72飛に63歩成が痛いですが、76銀は詰めろ。

86歩87歩98玉33金引、これで飛角を取り合います。

大山先生は受けに回りますが、77歩で良いのか。67銀(右か左か)成には同銀同銀成61飛で抜けるのですね。

88角同角同歩成同玉87歩

98玉79角78金88歩成

角金交換から87金79玉88歩、これは2手すきなので大山先生が攻める番ですが、

76歩89歩成69玉、銀を補充して後手を引いていますが、まだ後手から詰めろはかからないからこの方が得でした。

77金に61飛22玉31角。12玉には32銀で詰めろです。

33玉に37竜の両取り。67桂の詰めろは取ることもできるのですが、

35竜で後手玉が詰んでいました。王手の受け方は3通りありますが、全部詰みます。

 

大山先生は現代矢倉の感覚はなかった(そのまま相居飛車も指していれば身につけたでしょうが)のですが、玉の堅さにこだわらない、今のAIならば高評価する指し方をすることがあります。

二上先生は理想形にこだわってしまい、攻めの形を作るのが遅れてしまいました。終盤は肉薄しているのですが、どこか1手1枚足りなかったのです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1961/12/01
手合割:平手  
先手:大山九段
後手:二上達也8段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 6八銀(79)  
   4 3四歩(33)  
   5 7七銀(68)  
   6 4二銀(31)  
   7 4八銀(39)  
   8 6二銀(71)  
   9 2六歩(27)  
  10 3二金(41)  
  11 7八金(69)  
  12 4一玉(51)  
  13 6九玉(59)  
  14 5二金(61)  
  15 4六歩(47)  
  16 7四歩(73)  
  17 4七銀(48)  
  18 6四歩(63)  
  19 5八金(49)  
  20 6三銀(62)  
  21 3六歩(37)  
  22 7二飛(82)  
  23 6六歩(67)  
  24 7五歩(74)  
  25 同 歩(76)  
  26 同 飛(72)  
  27 6七金(58)  
  28 7二飛(75)  
  29 2五歩(26)  
  30 3三銀(42)  
  31 5六歩(57)  
  32 1四歩(13)  
  33 3七桂(29)  
  34 4四歩(43)  
  35 5五歩(56)  
  36 4三金(52)  
  37 5六金(67)  
  38 3一角(22)  
  39 7六歩打    
  40 4二角(31)  
  41 7九角(88)  
  42 3一玉(41)  
  43 6七金(78)  
  44 8五歩(84)  
  45 7八玉(69)  
  46 5一角(42)  
  47 1六歩(17)  
  48 7四銀(63)  
  49 4五歩(46)  
  50 同 歩(44)  
  51 同 桂(37)  
  52 4二銀(33)  
  53 3五歩(36)  
  54 4四歩打    
  55 3四歩(35)  
  56 4五歩(44)  
  57 同 金(56)  
  58 4四歩打    
  59 3五金(45)  
  60 5四歩(53)  
  61 2四歩(25)  
  62 同 歩(23)  
  63 同 金(35)  
  64 6五歩(64)  
  65 2二歩打    
  66 同 金(32)  
  67 2三金(24)  
  68 同 金(22)  
  69 同 飛成(28)
  70 3二金打    
  71 2八龍(23)  
  72 2三歩打    
  73 6五歩(66)  
  74 5五歩(54)  
  75 2四歩打    
  76 同 歩(23)  
  77 2三歩打    
  78 3四金(43)  
  79 5四歩打    
  80 7五歩打    
  81 同 歩(76)  
  82 同 銀(74)  
  83 7六歩打    
  84 6六歩打    
  85 7五歩(76)  
  86 6七歩成(66)
  87 同 玉(78)  
  88 9五角(51)  
  89 9六歩(97)  
  90 6六歩打    
  91 同 玉(67)  
  92 8四角(95)  
  93 6四銀打    
  94 6三歩打    
  95 8三金打    
  96 7一飛(72)  
  97 8四金(83)  
  98 6四歩(63)  
  99 同 歩(65)  
 100 3五桂打    
 101 5八銀(47)  
 102 5六銀打    
 103 7六銀(77)  
 104 6五歩打    
 105 同 銀(76)  
 106 同 銀(56)  
 107 同 玉(66)  
 108 5六銀打    
 109 7六玉(65)  
 110 6五金打    
 111 7七玉(76)  
 112 7五飛(71)  
 113 8八玉(77)  
 114 8六歩(85)  
 115 7七銀打    
 116 2三金(32)  
 117 5三歩成(54)
 118 同 銀(42)  
 119 7六歩打    
 120 同 金(65)  
 121 同 銀(77)  
 122 同 飛(75)  
 123 4三角打    
 124 7二飛(76)  
 125 6三歩成(64)
 126 7六銀打    
 127 8六歩(87)  
 128 8七歩打    
 129 9八玉(88)  
 130 3三金(34)  
 131 7二と(63)  
 132 4三金(33)  
 133 7七歩打    
 134 8八角打    
 135 同 角(79)  
 136 同 歩成(87)
 137 同 玉(98)  
 138 8七歩打    
 139 9八玉(88)  
 140 7九角打    
 141 7八金打    
 142 8八歩成(87)
 143 同 金(78)  
 144 同 角成(79)
 145 同 玉(98)  
 146 8七金打    
 147 7九玉(88)  
 148 8八歩打    
 149 7六歩(77)  
 150 8九歩成(88)
 151 6九玉(79)  
 152 7七金(87)  
 153 6一飛打    
 154 2二玉(31)  
 155 3一角打    
 156 3三玉(22)  
 157 3七龍(28)  
 158 6七桂打    
 159 3五龍(37)  
 160 3四金(23)  
 161 2五桂打    
 162 投了        
まで161手で先手の勝ち


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211022 | トップ | 大山将棋問題集20211023 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事