名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2059);向い飛車に持久戦(熊谷達人)

2021-08-01 | 大山将棋研究

今日の棋譜20210801

昭和34年7月、熊谷達人先生と第7回王座戦準決勝です。

熊谷先生の振り飛車で

大野流の向い飛車に。

急戦に備えて6,7筋は金で守ります。

46銀と出れば、居飛車の65歩の攻めは怖くないです。大山先生は63金

から44銀。55歩同歩同銀というねらいでしょう。

58飛の受けに72飛の袖飛車。

37銀引に55歩46歩

56歩同金55歩57金75歩、こうなると後手が指しやすく見えます。

熊谷先生は金を67に戻り

向い飛車へ。76歩を打てば無難だったのですが、打開するところが無いと見たものか。

76歩59角65歩、88飛が22角の筋に入っているので先手不利になっていてもおかしくはないです。

78飛66歩同金、飛取りになるのでつぶれていないようです。

71飛48角56歩、これでも危ない感じですが。

63歩61歩が入ったので持ち直したか。61歩ではなくて65歩55歩66歩54歩同銀62歩成と進んでも後手が良さそうでした。

98香44角75歩、これでゆっくりになって

73飛62歩成同歩76飛63飛。この図は互角でしょう。熊谷先生は77桂が自然で、74歩もあるかというところですが、

65歩を打って同金と取られた、というのがおかしいのです。1手パスしても後手から65金とぶつけそうなところでしたから1歩損です。

65同金同飛66金54飛65歩。抑え込みをねらったと言えなくはないのですが、後手の54金をさばかせて、1歩損しての歩切れです。良い理屈はありません。

33桂35歩同歩56金、歩を補充して34歩をねらえるから大山先生の33桂が危険だったのかとも思えますが、

88角成66角89馬で桂得です。

34歩に44銀というのは、56馬とすると33歩成同銀同角成同玉56飛で駒損になるから。

33歩成同銀上45歩

56馬44歩、素抜きの筋があるので気を抜くと終わります。

55金54銀、これも54同金は43歩成~33角成~56飛です。

44銀99角、今度54金は56飛です。

67馬63銀不成76馬、飛を取り合って

55角同銀45桂

44銀54銀不成。働いた手順で熊谷先生が有利になっていてもおかしくはないのですが、歩切れなので33歩を打てません。

大山先生の55角は攻防でした。36桂~28飛の筋があったので39金の受けに66馬、今度は36桂~39馬ねらいです。詰めろではないので熊谷先生に持ち歩があればというところですが。

34飛21玉、ここで投了してしまいました。後手玉に詰めろ以上の手が続かず、先手玉は2手すきです。

 

熊谷先生の1歩損は、1手パスよりひどいとは。「歩のない将棋は負け将棋」っていつの時代にできた言葉かわかりませんが、当てはまることも多いです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1959/07/24
手合割:平手  
先手:熊谷達人8段
後手:大山名人
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 8四歩(83)  
   3 5六歩(57)  
   4 8五歩(84)  
   5 7七角(88)  
   6 5四歩(53)  
   7 6八銀(79)  
   8 3四歩(33)  
   9 6六歩(67)  
  10 6二銀(71)  
  11 5七銀(68)  
  12 4二玉(51)  
  13 8八飛(28)  
  14 5三銀(62)  
  15 5八金(69)  
  16 3二玉(42)  
  17 4八玉(59)  
  18 7四歩(73)  
  19 6七金(58)  
  20 5二金(61)  
  21 3八玉(48)  
  22 1四歩(13)  
  23 2八玉(38)  
  24 4二銀(31)  
  25 3八銀(39)  
  26 6四歩(63)  
  27 4六銀(57)  
  28 6三金(52)  
  29 3六歩(37)  
  30 1五歩(14)  
  31 2六歩(27)  
  32 4四銀(53)  
  33 5八飛(88)  
  34 7二飛(82)  
  35 3七銀(46)  
  36 5五歩(54)  
  37 4六歩(47)  
  38 5六歩(55)  
  39 同 金(67)  
  40 5五歩打    
  41 5七金(56)  
  42 7五歩(74)  
  43 同 歩(76)  
  44 同 飛(72)  
  45 2五歩(26)  
  46 5四金(63)  
  47 6七金(57)  
  48 5三銀(44)  
  49 8八飛(58)  
  50 7六歩打    
  51 5九角(77)  
  52 6五歩(64)  
  53 7八飛(88)  
  54 6六歩(65)  
  55 同 金(67)  
  56 7一飛(75)  
  57 4八角(59)  
  58 5六歩(55)  
  59 6三歩打    
  60 6一歩打    
  61 9八香(99)  
  62 4四角(22)  
  63 7五歩打    
  64 7三飛(71)  
  65 6二歩成(63)
  66 同 歩(61)  
  67 7六飛(78)  
  68 6三飛(73)  
  69 6五歩打    
  70 同 金(54)  
  71 同 金(66)  
  72 同 飛(63)  
  73 6六金打    
  74 6三飛(65)  
  75 6五歩打    
  76 3三桂(21)  
  77 3五歩(36)  
  78 同 歩(34)  
  79 5六金(66)  
  80 8八角成(44)
  81 6六角(48)  
  82 8九馬(88)  
  83 3四歩打    
  84 4四銀(53)  
  85 3三歩成(34)
  86 同 銀(42)  
  87 4五歩(46)  
  88 5六馬(89)  
  89 4四歩(45)  
  90 5五金打    
  91 5四銀打    
  92 4四銀(33)  
  93 9九角(66)  
  94 6七馬(56)  
  95 6三銀(54)  
  96 7六馬(67)  
  97 5五角(99)  
  98 同 銀(44)  
  99 4五桂打    
 100 4四銀(55)  
 101 5四銀(63)  
 102 5五角打    
 103 3九金(49)  
 104 6六馬(76)  
 105 3四飛打    
 106 2一玉(32)  
 107 投了        
まで106手で後手の勝ち

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20210731 | トップ | 大山将棋問題集20210801 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事