名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(909);三間飛車に65歩急戦(谷川浩司)

2018-06-08 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180608
昭和62年7月、谷川浩司先生と第35期王座戦です。

大山先生の先手三間飛車に谷川先生は急戦です。

大山先生の67銀は定跡外し。普通の手なのですが、これだと73桂~65歩の急戦がやりやすくなります。

64歩には88飛。これで65歩に備えたというわけですが、少し前にあった角交換から79角の筋がありますね。それをやってこいという注文です。

谷川先生は73銀。棒銀にすれば先手が1手損しているから悪くないということか、と思ったら65歩。なんだかおかしな感じを受けます。

22角66角同角同銀を入れずに79角を打ったので

66角を打たれます。これは居飛車が損をしているのではないかと思うのですが

73銀は8筋の守りに役立つから、形勢を損ねたというわけでもないです。

大山先生は右銀を繰り出して35歩を取りに行きました。

取ったら右に引いて

端を攻めます。

谷川先生は4筋から反撃です。

大山先生は持ち歩を使い切りましたが香を取れます。

谷川先生は47歩成同金46歩、と工作して

銀を出ました。58金が48金に移動しているのは損なのですが、67銀成が生じています。

角を追って67銀成となればうまくいった感じはありますが、73角成同桂74歩を食らいますよね。その時には48金の位置が心強いから、後手が失敗しているのではないかと思えます。

だけど大山先生は57角でした。交換するなら73銀よりも56銀の方が良いと。角銀交換では駒損だけど14歩を楽しみにしています。

谷川先生は46歩48歩47歩成同歩48歩、細かい技を使います。取れば59角ねらいということか。森安流なら59金だけど大山流は39金で

68角。67金には59角成が先手になるというのが4筋での工作でした。

二枚換えになりましたが、大山先生としては銀桂がさばけたことになります。

飛車を追われたら43飛成と切って

香を取り合いました。飛桂と金の交換だけど、後手玉が薄いからそれほど差がないように思えます。

13歩成に24香。自玉に手を入れにくいから、谷川先生は寄せに出ました。

大山先生の38銀は当然として、44馬に46歩はゆっくり過ぎる感じがします。寄せてみなさいといったのですね。23と で攻めてこいというか、17銀と逃げるておくかが普通です。

はじき返して大変なようですが

後手は光速の寄せの谷川先生です。馬を切って16歩。

28玉に17銀で清算して19飛。少し駒が足りないようにも見えますが、28玉に16桂があるから、これで寄せ切れているようです。

投了図。

後手が悪いわけでもないけれど、谷川先生の序盤は筋が悪く感じます。だけど寄せの切れ味は鋭いです。形勢互角の中盤では(私には)意味は分かるけどそれでいいのかなあ、と思うことが多いです。棋風の違いなのでしょうね。
いっぱい並べているせいか、大山先生の指し手の意味のほうがわかりやすさを感じるようになってきました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:谷川浩司9段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八飛(28)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 8五歩(84)
7 7七角(88)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 5四歩(53)
11 4八玉(59)
12 4二玉(51)
13 3八玉(48)
14 3二玉(42)
15 2八玉(38)
16 1四歩(13)
17 1六歩(17)
18 5二金(61)
19 3八銀(39)
20 7四歩(73)
21 5八金(69)
22 4二銀(31)
23 5六歩(57)
24 5三銀(42)
25 4六歩(47)
26 4二金(41)
27 6七銀(68)
28 6四歩(63)
29 8八飛(78)
30 7三銀(62)
31 9六歩(97)
32 6五歩(64)
33 同 歩(66)
34 7七角成(22)
35 同 桂(89)
36 7九角打
37 8九飛(88)
38 4六角成(79)
39 6六角打
40 4四歩(43)
41 8六歩(87)
42 同 歩(85)
43 8五歩打
44 3五歩(34)
45 8六飛(89)
46 8三歩打
47 4七銀(38)
48 4五馬(46)
49 5七角(66)
50 3四馬(45)
51 4六銀(47)
52 3三馬(34)
53 3五銀(46)
54 3四歩打
55 2六銀(35)
56 4五歩(44)
57 6六銀(67)
58 4三金(52)
59 1五歩(16)
60 同 歩(14)
61 1四歩打
62 4四銀(53)
63 1五銀(26)
64 4六歩(45)
65 7五歩(76)
66 4五銀(44)
67 2六銀(15)
68 7五歩(74)
69 1三歩成(14)
70 同 香(11)
71 1四歩打
72 同 香(13)
73 1五歩打
74 4七歩成(46)
75 同 金(58)
76 4六歩打
77 4八金(47)
78 5六銀(45)
79 4六角(57)
80 4五歩打
81 5七角(46)
82 同 銀(56)
83 同 金(48)
84 4六歩(45)
85 4八歩打
86 4七歩成(46)
87 同 歩(48)
88 4八歩打
89 3九金(49)
90 6八角打
91 5八金(57)
92 7七角成(68)
93 同 銀(66)
94 同 馬(33)
95 4六飛(86)
96 4九歩成(48)
97 同 金(39)
98 4五歩打
99 同 飛(46)
100 3三桂(21)
101 4三飛成(45)
102 同 玉(32)
103 1四歩(15)
104 9九馬(77)
105 1三歩成(14)
106 2四香打
107 3八銀打
108 4四馬(99)
109 4六歩(47)
110 2六香(24)
111 同 歩(27)
112 1七歩打
113 同 香(19)
114 2六馬(44)
115 2七香打
116 1七馬(26)
117 同 玉(28)
118 1六歩打
119 2八玉(17)
120 1七銀打
121 同 桂(29)
122 同 歩成(16)
123 同 玉(28)
124 1九飛打
125 1八歩打
126 1五香打
127 1六香打
128 同 香(15)
129 2六玉(17)
130 4九飛成(19)
131 投了
まで130手で後手の勝ち






ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山将棋問題集 20180607 | トップ | 大山将棋問題集 20180608 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事