名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(762);四間飛車に玉頭位取り(板谷進)

2018-01-12 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180112
昭和58年12月、板谷進先生と第9期棋王戦です。

大山先生の四間飛車に板谷先生は玉頭位取りです。

大山先生は銀冠から3筋の歩を交換して

金の位置をずらしてからもう一度合わせます。

もちろん1手パスではなくて、35歩を同銀と取って、銀を取り返すのです。

46の歩を取られて

損得はありません。板谷先生としては位が消えたのですが、持ち駒の銀を生かして攻められるか。

86歩から45桂で開戦です。大山先生は角交換は嫌なので56金ですが

こうなると角交換は避けにくいです。

角交換の後は44銀から86飛狙いが普通ですが、板谷先生がここに角を打つのも魅力があります。

でも27玉に55桂くらいなら73角がもったいないか。47銀は逃げにくいのですが、85桂とされて

角は金と刺し違えです。

金銀と角桂歩の交換、少し大山先生のほうが駒得ですが、玉を固めにくいです。37銀から48歩は苦労している感じ。

馬を作ってもたれて指します。

板谷先生は飛車を逃げながら玉頭を狙っています。

飛車は取られてもよいので、玉頭に食いつけるかどうか。大山先生としてはしっかり受けて84馬が働いて来ればよいのですが。

あれ、36歩はまずいのかな?46歩(か46銀)同金同銀同銀では58銀が空振りのような。でもそのあとの47歩がうるさいのかなあ?

飛車が近づいてしまったので食いつかれてしまいました。

反撃があるとはいえ、形つくりのようなもので

投了図。

大山先生は強気で受けたつもりが(飛で反撃しようとした)のが失敗で、あっけなく終わってしまいました。例年年末は対局が増えてしまうということもあるのかもしれません。
板谷先生は厚みが好きなので、金銀をもって迫っていく指し方、玉頭位取りが似合います。くらいは消えても厚みを意識しているのが分かる棋譜です。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.31 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:板谷進8段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八銀(79)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 6二銀(71)
7 6八飛(28)
8 4二玉(51)
9 4八玉(59)
10 3二玉(42)
11 3八玉(48)
12 5二金(61)
13 2八玉(38)
14 1四歩(13)
15 1六歩(17)
16 5四歩(53)
17 3八銀(39)
18 4二銀(31)
19 5八金(69)
20 3三銀(42)
21 6七銀(78)
22 3五歩(34)
23 4六歩(47)
24 3四銀(33)
25 4七金(58)
26 2四歩(23)
27 2六歩(27)
28 8五歩(84)
29 7七角(88)
30 5三銀(62)
31 2七銀(38)
32 4二金(41)
33 3八金(49)
34 4四歩(43)
35 3六歩(37)
36 同 歩(35)
37 同 金(47)
38 3五歩打
39 3七金(36)
40 4三金(52)
41 3六歩打
42 同 歩(35)
43 同 銀(27)
44 3五歩打
45 同 銀(36)
46 同 銀(34)
47 3六歩打
48 4六銀(35)
49 同 金(37)
50 3四歩打
51 3七桂(29)
52 3三桂(21)
53 5六銀(67)
54 9四歩(93)
55 6五歩(66)
56 7四歩(73)
57 6九飛(68)
58 9五歩(94)
59 4七銀(56)
60 8六歩(85)
61 同 歩(87)
62 4五桂(33)
63 5六金(46)
64 3七桂成(45)
65 同 玉(28)
66 4五歩(44)
67 2二角成(77)
68 同 玉(32)
69 2九飛(69)
70 7三角打
71 2七玉(37)
72 5五桂打
73 8五桂打
74 4七桂成(55)
75 同 金(38)
76 5五角(73)
77 同 金(56)
78 同 歩(54)
79 3七銀打
80 4四銀(53)
81 4八歩打
82 5八銀打
83 6一角打
84 6二飛(82)
85 8三角成(61)
86 3三金(42)
87 8四馬(83)
88 3二飛(62)
89 4一角打
90 3五歩(34)
91 同 歩(36)
92 同 銀(44)
93 3九飛(29)
94 4七銀成(58)
95 同 歩(48)
96 3六歩打
97 同 銀(37)
98 4八銀打
99 3五銀(36)
100 3九銀(48)
101 3二角成(41)
102 同 金(33)
103 3四桂打
104 同 金(43)
105 同 銀(35)
106 3七金打
107 同 玉(27)
108 3五飛打
109 投了
まで108手で後手の勝ち


ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20180112今日の一手(その628... | トップ | 大山将棋問題集 20180112 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事