名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(823);三間飛車に居飛車穴熊(小林健二)

2018-03-14 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180314
昭和60年9月、小林健二先生と第19回早指し選手権です。

大山先生は三間飛車が続きます。小林先生は居飛車穴熊に。

これはたまにある、歩を突かない居飛車穴熊。

3筋を狙われたら飛車で受けておきます。

今でいう松尾流居飛車穴熊になりました。1歩持っているし、十分に見えるのですが。(組み上げれば勝率8割と言いますし。)

右桂も使って7筋を攻めるのですが

謝られたらとりあえずはここまで。

74飛を動かしにくいので、55歩から54歩と合わせて、金を使いました。

角筋を生かして攻めていきます。

24歩も手抜きで攻めるのですが、24同歩には25歩同歩24歩と垂らされるのが嫌だからということなのでしょう。しかしここでは玉の堅さが逆転しています。

4筋をどう受けるか考えそうなところですが、大山先生はと金作りを目指します。31銀なので と金で剥がせそうなのですね。

角金の総交換になり

小林先生は79角~35角成くらいなのですが

角を捨てて飛車が成り込む筋を決行しました。だけど大山先生は金を持っているので王手飛車取りは受かります。

小林先生は角損です。うっかりではなくて(早指しならあり得るけれど)79金を取り返せそうだからということなのでしょう。

大山先生は金取りを受けずに と金で銀を剥がします。小林先生も金を取って

飛金取りがありました。金の散り合いですが

元が角得ですから大山先生が十分なわけで

馬を取られるようなこともなく

あとは面倒を見るだけです。

投了図。

四枚穴熊で右桂を跳ねているというのは居飛車十分の形なのですが、投了図に73桂が残ったままです。つまり右桂を活用する順を考えられなかった小林先生がまずかったというわけです。大山先生の と金つくりがうまくはまりました。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:大山十五世名人
後手:小林健二7段
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 7八飛(28)
4 3四歩(33)
5 6六歩(67)
6 8五歩(84)
7 7七角(88)
8 6二銀(71)
9 6八銀(79)
10 4二玉(51)
11 4八玉(59)
12 3二玉(42)
13 3八玉(48)
14 3三角(22)
15 5八金(69)
16 2二玉(32)
17 2八玉(38)
18 1二香(11)
19 3八銀(39)
20 1一玉(22)
21 5六歩(57)
22 2二銀(31)
23 5七銀(68)
24 5二金(61)
25 3六歩(37)
26 5一銀(62)
27 4六銀(57)
28 4二銀(51)
29 3五歩(36)
30 8四飛(82)
31 3四歩(35)
32 同 飛(84)
33 2六歩(27)
34 8四飛(34)
35 3五歩打
36 3一銀(42)
37 2七銀(38)
38 4四歩(43)
39 3八金(49)
40 4三金(52)
41 1六歩(17)
42 3二金(41)
43 3七銀(46)
44 5四歩(53)
45 3六銀(37)
46 4二角(33)
47 8八飛(78)
48 7四歩(73)
49 5九角(77)
50 7三桂(81)
51 4六歩(47)
52 7五歩(74)
53 7八飛(88)
54 7四飛(84)
55 7五歩(76)
56 同 飛(74)
57 7六歩打
58 7四飛(75)
59 6七金(58)
60 9四歩(93)
61 1五歩(16)
62 9五歩(94)
63 2五歩(26)
64 5五歩(54)
65 同 歩(56)
66 5四歩打
67 同 歩(55)
68 同 金(43)
69 3七角(59)
70 8四飛(74)
71 8八飛(78)
72 6四角(42)
73 5六金(67)
74 8六歩(85)
75 同 歩(87)
76 4五歩(44)
77 2四歩(25)
78 4六歩(45)
79 同 金(56)
80 4五歩打
81 4七金(46)
82 5五金(54)
83 2三歩成(24)
84 同 金(32)
85 5二歩打
86 4六金(55)
87 5一歩成(52)
88 4七金(46)
89 同 銀(36)
90 3七角成(64)
91 同 金(38)
92 7九角打
93 7八飛(88)
94 8六飛(84)
95 7九飛(78)
96 8八飛成(86)
97 7八金打
98 7九龍(88)
99 同 金(78)
100 2六歩打
101 同 銀(27)
102 4六歩(45)
103 3六銀(47)
104 4九飛打
105 4一と(51)
106 2七歩打
107 同 銀(36)
108 4七歩成(46)
109 3一と(41)
110 3七と(47)
111 同 銀(26)
112 3一銀(22)
113 6七角打
114 7九飛成(49)
115 2三角成(67)
116 2二金打
117 5六馬(23)
118 2六歩打
119 同 銀(37)
120 2五歩打
121 同 銀(26)
122 2六歩打
123 同 銀(27)
124 5九龍(79)
125 6七角打
126 5六龍(59)
127 同 角(67)
128 5五角打
129 3七金打
130 4六金打
131 同 金(37)
132 同 角(55)
133 3七金打
134 5七角成(46)
135 5一飛打
136 投了
まで135手で先手の勝ち

ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大山将棋問題集 20180313 | トップ | 大山将棋問題集 20180314 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事