名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(857);中飛車に居飛車穴熊(中原誠)

2018-04-17 | 大山将棋研究
今日の棋譜20180417
昭和61年5月、中原誠先生と第44期名人戦第3局です。

大山先生のツノ銀中飛車に中原先生は居飛車穴熊です。

この戦型は中飛車が中央の歩を交換するところが最初のポイントで、タイミングが遅いと56銀51飛58飛と逆用されて困ります。早過ぎると65歩51飛64歩という反撃で悪くなる場合もあります。
本局はおとなしく88銀から囲われることになりました。

中原先生としてはおとなしく56歩と打つのでは不満なのです。囲ってから銀を立ちました。

大山先生が軽く指している(32金を省略している)ので、中原先生は2筋を攻めて

32金を強要します。2歩損していますが

35歩を取り返せたので、まあまあでしょう。右銀が47にあるのは不満なのですが。

右桂を使って攻める準備です。

角筋を通す手筋。52歩が利くので、いつでも55角と出られます。

大山先生は玉の堅さで劣るので、端を攻めます。

中原先生は52歩から角をさばきましたが

大山先生は11角成を誘いました。33桂12馬から端を攻めるということなのです。

中原先生は44角から角を切りました。実戦的な手順です。

大山先生は端を攻めます。玉は薄いのですが角も切ってしまいました。

中原先生は桂取りの時に桂を捨てて空間を開け

大山先生は攻防に角を打ちます。形勢は互角に近いのですが、玉の堅さは逆転しているので大山先生のほうが指しやすそうです。

歩を成り捨てて

1歩補充してたたく、攻めに調子が出てきました。

歩切れではありますが、ぴったりの攻めです。中原先生は受けきれないので

金を捨てて玉を逃げ出しますが、追撃は切れません。

7筋に嫌味を作りましたが形つくりのようで

そのまま追いかけてほぼ即詰みです。

大山先生の快勝譜。対中飛車だと居飛車穴熊は薄くなる(2枚穴熊が多い)のですが、それでも堅さでは優るというのが通常です。大山先生の端攻めから42角を切って攻めたというのが強烈でした。

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.40 棋譜ファイル ----
手合割:平手  
先手:中原誠名人
後手:大山十五世名人
手数----指手--
1 7六歩(77)
2 3四歩(33)
3 2六歩(27)
4 4四歩(43)
5 4八銀(39)
6 4二銀(31)
7 5六歩(57)
8 5二飛(82)
9 6八玉(59)
10 6二玉(51)
11 7八玉(68)
12 7二玉(62)
13 5八金(49)
14 5四歩(53)
15 5七銀(48)
16 4三銀(42)
17 7七角(88)
18 6二銀(71)
19 8八玉(78)
20 6四歩(63)
21 6六歩(67)
22 6三銀(62)
23 6七金(58)
24 7四歩(73)
25 9八香(99)
26 6二金(61)
27 9九玉(88)
28 5五歩(54)
29 同 歩(56)
30 同 飛(52)
31 8八銀(79)
32 5一飛(55)
33 7九金(69)
34 7三桂(81)
35 2五歩(26)
36 3三角(22)
37 4六歩(47)
38 9四歩(93)
39 3六歩(37)
40 9五歩(94)
41 5六銀(57)
42 5四銀(43)
43 3五歩(36)
44 同 歩(34)
45 2四歩(25)
46 同 歩(23)
47 2二歩打
48 5五歩打
49 4七銀(56)
50 2二角(33)
51 2四飛(28)
52 3二金(41)
53 2五飛(24)
54 3三角(22)
55 3五飛(25)
56 8四歩(83)
57 1六歩(17)
58 1四歩(13)
59 3六飛(35)
60 4三銀(54)
61 3七桂(29)
62 3五歩打
63 2六飛(36)
64 4二角(33)
65 4五歩(46)
66 同 歩(44)
67 6五歩(66)
68 9六歩(95)
69 同 歩(97)
70 9七歩打
71 同 香(98)
72 8五桂(73)
73 5二歩打
74 同 銀(43)
75 5五角(77)
76 2五歩打
77 2九飛(26)
78 6五歩(64)
79 5六銀(47)
80 9五歩打
81 同 歩(96)
82 5四歩打
83 4四角(55)
84 4三金(32)
85 6二角成(44)
86 同 玉(72)
87 4五桂(37)
88 9七桂成(85)
89 同 銀(88)
90 同 角成(42)
91 同 桂(89)
92 9六歩打
93 8五桂(97)
94 同 歩(84)
95 8八金(79)
96 4四角打
97 5五歩打
98 8一飛(51)
99 7五歩(76)
100 9七歩成(96)
101 同 金(88)
102 5五歩(54)
103 6五銀(56)
104 9六歩打
105 同 金(97)
106 8四桂打
107 8八玉(99)
108 9六桂(84)
109 7八玉(88)
110 8六歩(85)
111 6八玉(78)
112 8七歩成(86)
113 8二歩打
114 同 飛(81)
115 7四歩(75)
116 7七金打
117 同 金(67)
118 同 と(87)
119 5七玉(68)
120 5六香打
121 投了
まで120手で後手の勝ち

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集 20180416 | トップ | 大山将棋問題集 20180417 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事