如月サユリでゲーム練習報告

勇者の無人島サバイバル生活ー僕の嫌な予感ー(ブレワイ実況~リンクの手記より~)

ここで、一つ気づいたことがある。

PM10:00以降に島に入ると、雷の天候にならないのだ。

いつも夕方頃に島に入っていたから、剣や盾に落雷しないかビクビクしながら探索していた。

しかし、雷の天候にならないことを知れば、序盤の探索の難易度はかなり下がるだろう。

僕のこの"気づき"がなければ、この命をこれまで以上に何度も何度も無駄にしていたことだろう。

それでも、♥を一個増やしていこうかなあなんてことを頭によぎらせていたくらいだ。

(ちなみにこの時点で3時間くらい収録している)

 

リベンジ回を作るか――?

 

崖の上の敵の拠点をなんとか殲滅させ、1つ目の宝珠をはめる。

 

そして、ダメもとでヒノックスの腹の上に乗る。

あれ、宝珠が無い…

 

宝珠は眠っているヒノックスの足元に転がっていた。

次はそーっと近づいて取ってみよう。

ということでこの宝珠は最後にはめることにする。

台座にはめるまでどの道のりで宝珠を運んでいくかシミュレーションをしておく。

 

先に二つ目の宝珠をはめに行く。

これは坂になっている先にエレキチュチュがいる拠点を潰してから台座にはめこむことにする。

この拠点で何度も一夜を過ごした思い出がある。

が、感慨に耽る間もなくさっさと宝珠をはめ込んでいく。

ふぅ…

あと一つだ、ちょっと焚火で休憩。

 

 

空が真っ赤に染まっていく。

 

 

空気読み過ぎやろ。

また赤い月の刻がきた。

ゼルダよ、ハイラル王家はしっかりフリを利かせる訓練でもしていたのかい?

 

復活した敵を無視し、最後の宝珠、ヒノックスの足元へ向かう。

そーーっと、そーーっと近づき、宝珠を持ち上げる。

急いでここから離れよう。

 

ヒノックス「ン……?」

おい何起きてんだてめーーー

 

僕は宝珠を遠くに投げ、それを追う形でダッシュし、ゆっくり追いかけてくるヒノックスを撒いた。

これで、これでようやく…3つの台座に宝珠をはめ込める!!!!!

 

しかし、この最後の台座、少し離れた小島にある。

僕は宝珠をビタロックで止めて武器で力を溜め、台座の近くに作ったアイスメーカーの上に滑らして乗っける作戦を思いつく。

所謂、ゴルフ形式だ。コログを出現させる時にもやったことがあるやり方だ。

しかし何度やっても宝珠が滑って海辺に落ちてしまう。

この海辺から宝珠を陸に持っていくのがめちゃくちゃ時間がかかる。

ここでモタモタしていたら、また雷雨の時間がやってくる。

 

僕は願いを込め、宝珠に思いっきり力を打ち込んだ。

 

 

いけっ――……!

 

 

 

 

僕の願いも虚しく、宝珠は小島を越えて遠くに落ちてしまった。

仕方なくアイスメーカーで足場を作りながら宝珠に向かう。

もう何度もやってきた作業だ、なんてことない。

しかし、何故かここで僕はこれまで感じたことのないとても嫌な予感がしてきたのだ。

なんだこの嫌な予感は。

振り払え、振り払ってもう一度トライすればいいじゃないか、あと一つ、あと一つで終わりなんだこのサバイバル生活は…!!

僕は進んだ。

ひたすらアイスメーカーで柱を出して、これまでより少し遠くにある宝珠のもとへ…

 

 

するとどこからともなく、

声が聞こえてくるでもなく、

僕の目の前にふわっとある文字が浮かんできたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試練への挑戦を一旦 あきらめますか?

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

最新の画像もっと見る

最近の「動画投稿」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事