ポチの女房

専業主婦のつぶやき

わろてんか 第141回

2018-03-20 23:00:15 | わろてんか
てんと栞様の別れのシーン、どうなるのかなと思っていましたら。
二人でダンスを踊って終わってしまいました。
こんなにあっさりなら、前回の最後で終わらせておけばよかったのにと思いました。
もっと感動的に描かれることを期待していました。
果たして二人の想いは何だったのかもわかりにくかったです。

で、『お笑い忠臣蔵』完成。
場面の一部でも見せて欲しかったなあと愚痴ばっかりですね。すみません。
肝心なことを描かないのが、わろてんか流でした。

昭和16年12月太平洋戦争が始まります。

昭和17年8月
芸人たちに召集令状が来ます。
それまでは、芸人たちが召集されるというのがなかったですから、自然の流れかと思います。

昭和17年12月
万丈目が、焦って台本を書き続けます。
ついに倒れてしまいます。

☆本日のええとこ
歌子が、「もう十分や。この人、休ませてもらえんやろか。」と言ったところ。
最後まで、歌子は、優しいキャラで好きでした。

万丈目夫婦が、大阪を去って行きます。
伊能様に続き、二人がいなくなって、ドラマ自体、どうなっていくのかという不安が大。

◇次回への期待度○○○○○(5点)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« わろてんか 第140回 | トップ | 久々の中華コース料理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

わろてんか」カテゴリの最新記事