羽をひろげて
motogpライダーになる事を目指しながらも、事故により他界した長男ショウの意思を引き継いで頑張るアイとヨウの記録です




3/27~3/29の3日間、
2019シーズンの開幕の地となる栃木県のツインリンクもてぎにて、
MFJ全日本ロードレース選手権第1戦の公開テストが行われ、
TEAM SHOTAのライダー
中山愛理選手はJ-GP3クラスに
中山耀介選手はST600クラスにそれぞれ参加しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中山耀介選手は前年度、
チームの準備不足や経験不足など
多くのネガティブ要因を抱えたままの参戦となったもてぎコースに
かなりの不安を抱えながらのテスト開始でした。

1日目1本目はメンタル的な不安を抱えたままの走行で
手探り状態の為、地方選手権時に記録した自己ベストを
更新する事ができませんでした。
しかし、2本目にはベストを1秒以上切り詰め、
2日目も更に1秒以上切り詰めて、
55秒の前半までタイムアップできました。

あとはアベレージタイムを安定させられるかをキーポイントに
レースウィークにのぞみます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中山愛理選手は就職活動を中心とした生活スタイルの中、
僅かな時間を縫ってシーズンオフに練習してきました。


PHOTO by MFJ

1日目2秒台後半、2日目2秒台前半と
順調にタイムを詰めてトップタイムを記録することができました。

MFJ SUPERBIKE

愛理選手は決勝に向けメンタル的な乱れを避けるため、
出来るだけ気負わないようにマイペースの目標に向かって
ウィークのスケジュールをこなしていく予定です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨シーズンの失敗の教訓を生かし、
順調に落ち着いて進めてきた準備を無駄にしないように、
チーム全体で今週末のレースに挑みたいと思います。

次回の報告は全日本ロードレース選手権もてぎとなる予定です。

応援して頂いている、スポンサー企業様、サポーター様、有難うございました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2019-03-10

OKAYAMAロードレースシリーズRD1に参戦しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参戦クラス:地方選手権ナショナル/インターST600

ライダー:中山耀介

予選結果:ポールポジション
決勝結果:優勝


photo by クワレガさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参戦クラス:ミニバイク90分耐久レース(NSF100)

ライダー:中山恵莉菜/中山愛理

予選結果:ポールポジション(NSF100)/総合12位
決勝結果:2位(NSF100)/総合5位

第1ライダー:中山恵莉菜

photo by クワレガさん

第2ライダー:中山愛理

photo by クワレガさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

耀介はウィークポイントだった部分を埋める事を目標に参戦しましたが
しっかりと課題をクリアできたレースでした。

恵莉菜はバイクに乗り始めて2か月でのレース参戦でしたが、
愛理、耀介の指導を受けながら、
なんとか現段階でのベストな結果へと繋げることができました。

チーム最年長の愛理は難しい雨の耐久レースのお手本を
後輩の恵莉菜にしっかりと見せる走りができました。

チームとして、最高のスタートが切れた2019シーズン。
このまま、高望みすることなく、一歩一歩進んでまいります。
次回の報告は全日本ロードレース選手権もてぎ事前テストとなる予定です。

応援して頂いている、スポンサー企業様、サポーター様、有難うございました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1/20、1/21の2日間、ここ鈴鹿西で中山愛理と中山耀介の2名が走行しました。
気温は低かったですが天気も良く、1月としては比較的良いコンディションでの
今年初のロードコース走行となりました。



愛理は昨年のNGK杯で抱えていた車両の大きな不具合を解消。


耀介は新型車両の調整とフィーリングの確認。
最後の走行枠で少しトラブルが出てしまいましたが
次回以降、改善できるものでした。

どちらも順調にスケジュールをこなす事ができました。

新たなるシーズンへ向けて、熱い想いを胸に、静かにスタート切る事が出来ました。
サポートして頂いている全ての皆様に感謝いたします。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWの最後の週末、鈴鹿サンデーロードレースにヨウが参戦しました



昨シーズンの後半からCBRカップでロードレースを始めて
SATO RacingさんとPLUSONEさんのおかげで
今シーズンはJ-GP3で修行する事になりました

シーズン初めにGP3車両に2回乗った後、膝を骨折。
2ヶ月のブランクの後のいきなりの鈴鹿、初のJ-GP3レース。

膝もまだ屈曲の角度が浅く、コーナーリングは厳しいし
なにしろ、乗る事に対して消極的な状態だったので
「何、言うてんねんっ。気合入れろや」と思いながらも
大丈夫かなぁ~と心配しながら行かせると
前日の雨の走行では、4分10秒というとんでもない遅さで周回して
こりゃ、どうなることかと・・・



いざ、レースが始まると、ためらいや恐怖心を振り払って走れたようで
いちおう、レースに参加出来るレベルで走ってくれました。

予選:20位 決勝:17位


走りは10点だったけど、キャリアのなさから考えると
闘争心だけは満点だったかな

ヨウ
兄ちゃん、姉ちゃんを超えられるように、これから頑張ろう

チームの皆様、応援してくれる皆様方
本当にありがとうございました。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週の日曜日、2016シーズンの全日本ロードレース開幕となる筑波でのレースにアイが出場しました


≪PHOTO:梶崎さん、ありがとうございます≫

事前テストで手応えを掴んで、臨んだレースウィークでしたが金曜に転倒してしまい
その事をきっかけに、崩れていく流れを断ち切る事ができないまま

予選・・・
そして決勝・・・
と進めてしまうことになり、リザルトは最悪の転倒リタイアとなってしまいました。

多少は私も好結果を期待していただけに、チョー残念

私は負けるのは大嫌いなので、次に勝てるようにするにはどうすればいいか
レースが終わってからいっぱいいっぱい考えました。

アイも悔しかっただろうし、色々考えてはいると思う。
走りも改善する部分は山のように沢山ある。
そこはアイ自身もいっぱい考えてはいるみたい・・・。

でも、実は足らずは精神面。
もっともっと精神面を成長させないと更に上の世界は見えないかな~





甘えた根性は捨てて、もっともっと自分を追い込んでレースを頑張れ
(鬼の母を許しておくれ)
私達家族は心の底から応援してるんだからね


≪PHOTO:naniwa hideoさん、ありがとうございます≫



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年からアイはTEAM PLUSONEさんで、走らせてもらう事になりました。
ショウが昨シーズン走らせてもらえる予定だった、チャンピオンを輩出したチームです。
今までと違って、走りに集中させてもらえる環境に、アイ本人も凄く満足しているようです。

3/12に全日本に先駆けて出場した筑波の地方選では、自身で設定したタイムもクリアできて、気分良く、再度、先週、事前テストに行ってきました。


≪PHOTO:やまさん≫

2日間の走行も無事に終え、結果は自身の目標タイムをクリア。
順位は6番手タイムでした。

アイは技量も精神面でも、まだまだ未熟な部分が多い無名のライダー。
にも関わらず、チームの皆さんや、その他の方々にも沢山アドバイスや応援を頂いて、これまで以上に充実して凄く楽しくレースに取り組めているみたいです。

皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今週は新チームでの全日本初レース。


≪PHOTO:やまさん≫

応援してくれる方々の為にも、元気よく走って!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月の最終週に鈴鹿でNGK杯が開催されました



前回、鈴鹿の全日本選手権に参加して
僕がライダーとしての仕事をこなせなかったので
最悪の成績になってしまいました
これまでも、メカさんには取組み姿勢を
注意されてきたのですが、直せずにズルズルと進んできて
メカさんに見捨てられちゃって
レースは出れなくなっていました



レース直前の水曜の夜に、お父さんから

「メカさんが、
『最後に走りなさい』って言ってくれてるよ。
どうする?」

って、言われたので
金曜日から期末試験でしたが、学校を休んで
喜んでレースに参加させてもらう事にしました



僕は鈴鹿の全日本から、NGK杯までの間に
ミニバイクサーキットに練習に行っていました

今までRSに乗っていても、ただ漠然と走っていたのかな?
って反省して
「ミニでもコースレコードを抜く!!」
を目標にして、考えて走るようにしました。
すると、自分でもビックリしたのですが
走行の度にアベレージタイムが上がっていきました

そのミニバイクの練習の後
レースには出れないことを告げられて
僕はかなりのショックを受けました

でも、レースに出られる事になって
ジワジワと喜びがこみ上げてきました





レースの結果は・・・


予選:1位
決勝:転倒リタイヤ

シリーズランキング:2位


優勝すれば、今シーズン戦ってきた
藤井先輩を逆転してチャンピオン
っていう状況もあったのですが
僕は上手なレース展開も出来ないし
即席の作戦で、藤井先輩に通用するとも思えなかったので
とにかく、
・19秒台を目指して全力で走る
・レコードを塗り替えて、この世界に自分の名前を残す。
という事だけを考えました。

シーズンを戦うライダーとしては
間違った作戦だったかもしれませんが
このレースで僕が立てられる、精一杯の目標だったと思うし
ほんの僅かでしかなかったけど
これまでのコースレコードを塗り替える事ができ
いい取組みが出来たレースだったと思います





僕はレースが出来なくなって、後悔しています
「もっと前から、こういう風な気持ちで臨んでれば
 もっとレースが続けられたかなー」、と。
でも、ちゃんと取り組まなければ、こうなっちゃうんだ。
という、現実は受け止めるしかないと思いました。





僕は結局、結果は残せませんでしたが
RS125に乗った3年間の終わりで
自分がこの世界にいたという事を残せただけでも、
僕は自分として少しだけ
納得できる終わり方ができました。



今まで僕を応援してくれてた皆さんには
こんな終わり方で、申し訳ありませんでした
でも、こんな僕を応援してくれた事に、大変感謝しています。
そして、最高のマシンで走らせてくれたメカさん
本当にありがとうございました






コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )




日曜日に鈴鹿サーキットで全日本が開催されて
僕も参戦してきました

今年、ウェストチャレンジカップで調子のいい鈴鹿での全日本ということで
先輩ライダーの走りに少しでも近づけるように頑張ろうと思っていきました

でも、前の週のテストで考えにくいトラブルが続いて全然周回できず
不安が残ったままウィークに突入してしまいました。

レースまで一週間という短い時間でしたが
メカさんが原因を突き止めてくれて、完璧に直してくれました。
メカさん、本当にありがとうございます

マシンに不安のない状態で迎えたレースでしたが
悔しい事に決勝では僕がクラッチを焼き付かせてしまって
1周も出来ずにマシンを止めることになってしまいました

今回が2度目の全日本参戦で更に応援してくれる人が増えて
「頑張らないと!」、とは思っているのですが
レースは僕に足りない事だらけで
どうすればいいのか、いっぱい悩んでしまいます



ただ、苦い事ばかりではなく
お客さんが見てくれる全日本選手権という
ステージのにぎやかさを感じる事が出来ました

今回一つ、恥ずかしくて申し訳ない事がありました。
ピットウォークの時に僕達のマシンと僕も
参加させてもらったんだけど
その時、サインを求められて
そんな事を言われた事がない僕は

「書けないんです

って、言っちゃいました
せっかくサインを書いてくれるように
求められたのに断っちゃうなんて
すごく失礼な事をしたんだ・・・と帰ってから思いました。
あの時の方、ごめんなさい

もっと速くなって、またサインを求められるようにならないと

応援に駆けつけてくれた
テクニカ社長
ボディショップシミズの皆さん
ジュンちゃん&ジュンちゃんパパ
お手伝いしてくれた、まこっちゃんさん

新たに応援幕を作ってくれた
ボディーショップシミズのシミズ社長とたもっちゃん
テクニカのタカイチ社長
TAKE UPのタムラさん
AstecWorksのアオタ社長
コウヅキさん
オオシマさん
フジタさん
オオマエさん
ホンダさん
ニシモトさん
アリヤダさん
マエカワさん
ヤマモリさん
オオハラさん

いつも応援してくれる
タカハシファミリーとオオジファミリー
そして、学校のみんな

クシタニ西宮店さん
クシタニさん
ボディーショップシミズさん
テントに来て応援の言葉を下さったharadaさん
一週間前のテストでのマシントラブルを解消して
完璧な状態でマシンに乗せてくれたメカさん

こんな結果で本当にすいませんでした
そして、応援ありがとうございました

がんばるっ

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




今日は岡山国際で全日本選手権がありました

せっかくの全日本選手権という大舞台でしたが
僕は数週間前から自分の走りが
うまく、なおせない状態が続いていて
練習、予選と気持ちのいい走りができませんでした

そんな中でもたくさんの応援メールを頂いて
ものすごく励まされました

そして今日もたくさん応援の声を頂きました
そういう言葉を聞くたびに、僕は
「うしろから、追い上げたる~
と張り切っていました

そして決勝
苦手なスタートはやはり失敗
そのあと、追い上げの体制を整えようとペースを上げて行こうとした時
転倒してしまい大きくポジションを落としてしまいました

ピットに戻ってメカさんが応急的に直してくれて
再スタートして、なんとかチェッカーを受ける事ができました

でも、チェッカーを受けた後
応援に来てくれたみんなが手を振ってくれて
僕はその時ものすごく感動しました
そして支えてくれる仲間がいるということに
すごく感謝の気持ちでいっぱいになりました


今回のレースではいろいろな課題も見えたし
自分のレベルはこんなものなのかというのも
ハッキリ分かりました
これからは今後の課題をクリアしつつ
自分自身を磨いていこうと思います

応援メールをくれた皆さん

全日本に合わせて急いでスーツを作ってくれたクシタニさん

わざわざ応援に来てくれたクシタニ西宮店のコバヤシさん

ウィーク中、カウルを応急修理してくれたボディーショップシミズさん
そして応援に来てくれたボディーショップシミズのみなさん

いろいろとお世話してくれたテクニカさん

応援、お手伝いに来てくれた
ヨッシー&ヨッシーパパ
ジュンちゃん&ジュンちゃんパパ

いつも写真やビデオ撮影して応援してくれるナカツさん

ピットまで来て励ましてくれたカメラマンのharadaさん

みんなで一生懸命作って応援旗を用意してくれたタカハシファミリーさん

そして完璧なマシンで走らせてくれたメカさん

こんな僕にみなさん
本当にありがとうございました



これからも応援してくれるみなさんと
一緒にレースしたいので応援よろしく願いします

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




先日、岡山国際サーキットでレースがありました

僕は前日からあまり調子が良くなく、
そのままの展開をレースまで引きずってしまいました

結果は

予選 2位
決勝 3位

でした

自分でも何かが欠けてるみたいで
それが何かを自分なりに頑張って探してるけど
なかなか、上手く見つけ出せずにレースとなり
すごく悔しい結果に終わってしまいました

次まで時間はないけど
色々考えてみたいと思います。

クシタニ西宮店さん
テクニカさん
ボディーショップシミズさん
応援してくれてる皆さん
そして、僕を走らせてくれたメカさん

本当にありがとうございました





次のレースは岡山国際サーキットで開催される
全日本選手権に参加予定です

僕はまだまだ遅いので
ベストな結果は残せないかもしれないけど
今の自分の精一杯の走りをして
頑張ってみたいと思います



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ