第164回芥川賞直木賞決定!

第164回 芥川賞/直木賞が決定しました!

芥川賞
 宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」河出書房新社


直木賞
 西條 奈加さんの『心淋し川』集英社
に決定しました

受賞者の当館所蔵資料
  ☆宇佐見りんさん☆
   『かか』河出書房新社  など

  ☆西條奈加さん☆
   『わかれ縁』文藝春秋
   『せき越えぬ』新潮社  など


【芥川賞候補作】
尾崎世界観「母影」(新潮12月号)
木崎みつ子「コンジュジ」(すばる11月号)
砂川文次「小隊」(文學界9月号)
乗代雄介「旅する練習」(群像12月号)

芥川賞候補作は、まだ単行本として出版されていないものもあります。
発売日になれば窓口にて予約受付できます。 


【直木賞候補作】
芦沢央 「汚れた手をそこで拭かない」(文藝春秋)
伊与原新 「八月の銀の雪」(新潮社)
加藤シゲアキ 「オルタネート」(新潮社)
坂上泉 「インビジブル」(文藝春秋)
長浦京 「アンダードッグス」(KADOKAWA)


貸出中のものは予約することができます
予約多数の資料ですので、ご用意には時間がかかる場合があります。
ご了承ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ぽっぽえんでフォローアップ

本日は、10か月の赤ちゃんに読み聞かせと絵本をプレゼントする
ブックスタートフォローアップを、ぽっぽえん(子育て支援センター)で行いました。

冷たい風の吹く冬らしいお天気ですね
ほっぺを真っ赤にして来て下さったみなさま、ありがとうございました

絵本の読み聞かせ





手遊び



ブックスタートは、
赤ちゃんとお母さんお父さんが、絵本を通して
ゆっくりと心触れ合うひとときを持つ
きっかけになることを目的としています。

赤ちゃんとスキンシップしながら、
お母さんお父さんの優しい声で絵本を読んであげる、
そういうあたたかい時間を持つことは、
赤ちゃんの心と体にとっても良い栄養になります。

家事、育児に忙しい時期かと思いますが、
ぜひ、赤ちゃんといっしょに絵本を楽しむ時間を
持っていただければと思います。

次回のぽっぽえんでのフォローアップは、
2021年3月1日(月)を予定しています。
参加ご希望の方は、図書館までご連絡ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


~節分~

もうすぐ節分です
今年は特に大きな声で
「鬼は~外!福は~うち!」と叫びたいですね
厄を払って、コロナを払って!
今年こそは良い年になりますように



児童室入口で、節分や鬼に関する本を展示しています!


「せつぶんセブン」
「せつぶんワイワイまめまきの日!」
「せつぶん」
「菜の子先生はどこへ行く?」
「まんが日本昔ばなし101」など
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


訃報 安野光雅さん

画家の安野光雅さんが
2020年12月24日に亡くなられました。
94歳でした。


【当館所蔵の資料】
『安野光雅の「ファーブル紀行」』
『ヨーロッパの街から村へ』
『会いたかった画家』 など
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


第12回まちゼミ

まちゼミとは、お店の方が講師となって、専門知識やプロのコツを無料で教える少人数制のミニ講座です。



1月18日(月)~2月14日(日)の間、大阪狭山市のいろんなお店で
まちゼミが開催されます。
図書館ではそれぞれのゼミのテーマに関する本を集めました。

百歳まで歩く
いちばんよくわかるちりめん細工つるし飾りの基礎
珈琲の世界史』 など
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ