Welcome to MUNDO SAYAKA

... Sayaka's music life. Viajando con mi violin!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年一発目は六本木アルフィー!

2012-01-11 | Live informations


18日です!
今回は素晴らしいピアニスト伊藤志宏さんを迎えて。
パーカッションは大儀見さん。志宏さんとは中路英明さんのオバタラセグンドなどで共演。

志宏さんはクラシックのテクニックも持ち合わせ、バイオリンに対する理解がかなり深いです。
今回は私だけでなく楽器も大喜びするのでは!

とっても楽しみです。
8時からです、ぜひお越し下さいませ☆

1月18日(水)@六本木アルフィー
Open 19:00, Start 20:00 charge 3675yen
Tel.03-3479-2037
http://homepage1.nifty.com/live/alfie/


さて、チュニジアご飯後半!



海沿いのかなり素敵なレストランに連れて行ってくれました。



どこのレストランもお魚がとにかく充実。
白身魚も身がしまっていていい感じです。



印象的だったのはイカの卵。
食べた事がない感触。



からすみたっっぷりパスタ。
美味しかった~

そしておうちご飯。



チキンスープ。ターメリックが効いてました。



こちらも。

そして!やっぱりチュニジアと言えば!!



クスクスです。
これは本当に最高でした。

ウード奏者、リアドさんのお母様(86歳!)が作ってくれました。
感謝感激。

スープが上品で、たっぷりの野菜とひよこ豆が入っています。



これも代表料理、ブリック。

中にはお肉と卵がまるまる入っています。食べる時に卵がこぼれないようにするのがポイント。香菜らしきものが入っていて、今まで食べたブリックの中でベストでした。

こちらがお母様。



料理も買い物もご自分でなさるとか。かなりパワフルな方でした。
生まれたばかりの子犬を抱いて幸せそう!



あたしも!!


今回は自分で街を歩いたりする時間がなく、私らしくない旅でした。お金を一銭も使わなかったので(!)物価もわからず、、



上が革命前、下が革命後の紙幣。

現在の大統領は本人の希望で1年限定らしい、もしそれ以上求められたとしても。
ボディーガード一切なしで一人でスーパーに買い物に行くそうです。

今の時代に革命なんて日本では想像もできないですが(目に見えないものを大事にしよう革命とかそのうち起きないかな)、チュニジアの人々はまさに今自分たちに出来る事は何かと模索し努力している。

街を見ている限りとても平穏ですが、それぞれ人の心には複雑な思いやたくさんの希望に溢れていると感じました。


リアドさんのスタッフの一人は、おじいちゃんが植えたオリーブの木を今でも家族で大事に育て、毎年自分たちで消費する分のオリーブは自ら収穫しているとの事。
そんなの、素敵ですよねええ。

ほんとに、是非一度チュニジアに行ってみて下さいね!!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 帰国しました | トップ | 来週は吉祥寺ストリングスで... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チュニジア (KAJI~)
2012-01-12 04:21:50
いやあ
ほんとに行ってみたい
美味しそうだし

ガレスピーが「チュニジアの夜」っていうくらいだもんねえ....
Unknown (SAYAKA)
2012-01-13 11:38:48
今回行けなかったけど、砂漠の中のオアシスが本当にやばいらしいですよ。帰れなくなるとか、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Live informations」カテゴリの最新記事