風景居酒屋 ごじゃ満開

2011年03月11日14時46分、東日本大震災発生
(since 2007/8/15)。

2849)岩手彷徨 奥州市水沢区(街灯と虹)

2018年10月15日 | 岩手彷徨
 結局今年はプロ野球観戦が叶いませんでしたが、現在クライマックスシリーズが開催されており、我がホークスは何とかファイターズを下し、パ・リーグを制したライオンズと日本シリーズ出場をかけて戦います。21世紀に入って始まったプレーオフ・クライマックスと、ホークスはこの制度に苦しめられてきましたから、たまには逆の気分を味わってみたいものです。



 こういう物を御覧いただくのは久しぶりだと思うのですが、本日の一品は町で見かけた風景です。この日は車で奥州市を往復したのですが、水沢江刺の路地に入った際、ふと見た街灯に琴線が触れました。南部鉄瓶を模しているのですね。夜になったらどのように光るのでしょう?


(色々な形の中から1枚・・-奥州市水沢区羽田 2018/10/07-)

 この日の岩手県は目まぐるしく天気が変わり、この時の水沢区は晴れていたのですが、東の方は雨が降っていたのか、うっすらと虹がかかっているのが見えました。当店では約6年前に御覧いただいていますが、その後昨年1月にも見ていますので、6年で3度見たことになります。それ以前に見た記憶が残っていないので、この6年の虹との遭遇率は高いのではないかと思います。


(人首川にかかる虹 -奥州市水沢区羽田町 2018/10/07-)

 虹の手前の橋梁は東北新幹線です。もう少し待てば列車を入れたシーンが撮れそうでしたが、この日の東北新幹線は強風でダイヤが乱れていたので諦めました。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の10月15日・・・コチラ
コメント

2848)岩手彷徨 一関市(一関遊水地2018 -15・16・17景目-)

2018年10月13日 | 岩手彷徨
 来年の大型連休は10連休とするそうですね。新聞記事によると期待と不安の声が載っていました。10連休を取る人々が出かければ、それをもてなす人が必要なわけで・・・。このニュースを聞いたみなさんそれぞれの立場でのその時の自分をイメージしたことでしょうね。



 本日は定番の「一関遊水地」でございます。9月下旬の帰盛・帰葉は往復とも日の下でしたが、往復とも曇天でした。


(曇天下の帰盛での遊水地 -2018/09/22-)


(曇天下の帰葉での遊水地 -2018/09/24-)

 そして10月最初の帰葉時の1枚は、久々の青空下での眺めとなりました。こうして並べると別の場所のようにも見えてしまいますが、同じ遊水地です。


(晴天下の帰葉での遊水地 -2018/10/08-)

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の10月13日・・・コチラ
コメント

2847)長短どちらが良いのか(大震災から91ヶ月)

2018年10月11日 | 東日本大震災
 安倍総理が自民党総裁選で三選となり、第4次安倍改造内閣が発足しました。主要閣僚は留任となったようですが、復興大臣は代わり、担当大臣時代からを含めると8人目の大臣が就任しました。

 東日本大震災から7年半で8人目が就任ということは、この7年半で7人の大臣が復興の指揮を執ってきたことになります。単純に割り返すと、平均1年ちょっとでの交代となります。実際には数日で辞めた方もおり、そういうイレギュラーを除けばもう少し長いのでしょうが。

 しかしながらまったく私見ではありますが、1つの部署である程度の実績や達成感を得るのには3年ぐらい必要なのではと思っています。1年目で現状を把握し、2年目に気づいた課題の解決に挑み、3年目に課題解決を達成しさらなるステップに進む・・てな感じです。

 と言いつつ私が身を振り返ると、1つの部署にい期間は最長で3年10ヶ月、最短で4ヶ月、平均すると2年を切っています。先述の時間の流れに合わせれば、課題解決の最中に国替え(転勤)を命じられている事になります。実際、国替えとなる時は「あれをやりたかった」「これをやり残した」という気持ちが多く、達成感を得て次の地に向かった記憶は残っていません。

 もっとも時間の流れが速い昨今、3年という尺度は長過ぎるのかもしれません。一方で過去を知らない人ばかりになると、それはそれで「経緯」「歴史」が分からなくなるというデメリットもあります。

 果たして代々の復興大臣はどのような思いを胸に、次の大臣へバトンタッチしてきたのでしょう?


(10年前の広田湾 -陸前高田市砂盛? 2008/10/13-)

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


2017/10/11の一品・・・2642)地熱発電の日(大震災から79ヶ月)
2016/10/11の一品・・・2411)希望郷いわて国体・希望郷いわて大会(大震災から67ヶ月)
2015/10/11の一品・・・2156)あの日からの憂鬱(大震災から55ヶ月)
2014/10/11の一品・・・1943)鮭遡上(大震災から43ヶ月)
2013/10/11の一品・・・1704)風車は回る(大震災から31ヶ月)
2012/10/11の一品・・・1470)片岸川(大震災から19ヶ月)
2011/10/11の一品・・・1104)YOU'LL NEVER WALK ALONE(大震災から7ヶ月)
2010/10/11の一品・・・お休みでした
2009/10/11の一品・・・574)ちょっと隣県へ 青森県青森市(紅葉)
2008/10/11の一品・・・376)栃木散歩 大田原市(何が危ない?)
2007/10/11の一品・・・058)風は秋色 (奥会津ツーリング その4)
コメント

2846)盛岡彷徨 岩手山2018(山田線から-10・11景目-)

2018年10月09日 | 盛岡彷徨
 公務で外房の方に行き、千葉東金道路から国道126号線を経て東金九十九里道路そして九十九里道路と走りましたが、九十九里道路は行き交う車も少なく、大変快適なドライブでした。九十九里道路を走るのはもしかして初めてだったのかもしれません。昼間のちょっとした悶々が少し解消された・・かな?



 本日は山田線からの岩手山と北上川です。日々秋が深まる中、山田線の大敵は「落ち葉」。線路の上に落ちた枯葉で車輪が空転し、勾配を上れなくなり遅れや運休が発生しやすくなります。特に朝の1番列車は落ち葉と夜露でレールが滑りやすくなりますが、1番列車が10分遅れると帰葉の新幹線の乗り継ぎが怪しくなります。

 この日は定時に上盛岡に到着。そして久しぶりに北上川を渡りながら岩手山を見せてくれました。もしかしたら半年ぶりかもしれません。


(山頂は・・惜しい!-盛岡市北夕顔瀬町 2018/09/02-)

 晴天は半年ぶりかもしれませんが、これから半年間は、今まで以上に山田線の運転状況が気になりますね。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の10月9日・・・コチラ
コメント

2845)栃木彷徨 宇都宮市(羽黒山2018-8・9景目-)

2018年10月07日 | 栃木彷徨
 2週間ぶりに帰盛したところ、地元紙の1面では「福井しあわせ元気国体」で活躍する選手の記事が載っていました。記事を見ると「第8日目」とありましたから、1週間以上前から開催されていたのですね。私は根っからの運動オンチなので、このような場で活躍する人には尊敬のまなざししかありません。たとえ国体で最下位でも県では1位なのですから。



 本日はお約束の「羽黒山」です。約2ヶ月ぶりですね。9月下旬の帰盛は往復とも日の下でした。北行時は曇天の朝、臨時「はやぶさ」での車窓です。2ヶ月前は青々としていた水田の向こうにあった羽黒山ですが、その後刈り入れがあり、1ヶ月後には坊主状態でした。


(青々からすっぴいんへ -栃木県宇都宮市 2018/09/22-)

 その2日後の羽黒山です。盛岡から南下し福島盆地あたりまでは起きていたのですが、その後落ちてしまい、目が覚めたらちょうど視界から消え去ろうとしていましたので、慌ててシャッターを切りました。


(構図も滅茶苦茶 -栃木県宇都宮市 2018/09/24-)

 最近はすっきりした姿を見ていない気がします。

にほんブログ村 ←岩手の情報はコチラ♪


過去の10月7日は・・・コチラ


コメント