地域活動 東住吉

地域の活動を紹介します♪

3/12 ふれあい喫茶@東田辺

2013-03-27 12:22:21 | その他


東田辺小学校PTA会議室で行なわれたふれあい喫茶に参加してきました。
暖かい気候だったので、たくさんの地域の方が来ていました。



豊富なメニュー♪
自転車を漕いで暑かったのでミックスジュースをいただきました◎

私は一人でおじゃましたのですが、
同じテーブルで合席した方がいろいろ話して下さったのでとても楽しく過ごせました。
仕事を辞めてから東田辺地域で食事サービスなどのボランティアの活動を始めたとのことで、
ボランティア以外で空いた時間は趣味に使っているそうです。
仕事を辞めてもこうして活動することで元気でいられると仰ってました。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親子サロン従事者交流会(スキルアップ講座)

2013-03-27 12:22:04 | 区社協

3月15日(金)さわやかセンターにて親子サロン交流会を開催しました。
前回1月の開催から2回目になるこの交流会ですが、
日々親子サロンで活動している方を対象に、従事者・利用者ともにより良い親子サロンとなるよう支援することを目的として開催しています。



活動者のみなさん同士の交流、話し合いをメインにした前回とはまた違って今回はスキルアップ講座ということで親子サロン内で活用できる手遊びやうたを教えてもらいました!
講師は東住吉地域子育て支援センターぽけっとの景山先生です。



実際にからだを動かしながらすぐに出来るふれあいの遊びをたくさん教えてもらったり



景山先生が普段使っている手作りのおもちゃも見せてもらいました♪
みなさん今度は今回紹介してもらったおもちゃや飾りを作る講座をしてほしい!との声もいただきました*'-'*


今後もこのような地域の活動者のみなさんの交流の場&スキルアップの場をつくっていきたいと思います。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第3回Let’s爽快ウォーキング

2013-03-27 12:21:45 | 南田辺


南田辺連合町会は、長居パークセンター、保健福祉センターとの共催で、ウォーキングで健康な南田辺のまちづくりを目指して、第3回Let’s爽快ウォーキングが地元長居公園において開催されました。

今年の開会式は公園内の外回路がマラソン大会のため、長居スタジアムで行われました。好天にも恵まれ、当日は160名の参加者で開催され、主催者を代表して綱島連合町会長が「参加者に健康づくりのために歩きましょう」と挨拶をされ、インストラクターの指導でストレッチ体操を行い、記念撮影の後ウォーキングを楽しまれました。

ゴールの植物園では、南田辺の食生活改善推進員の皆さんが、恒例の野菜たっぷりの「豚汁」を振舞われ、参加者の皆さんも春の一時を過ごされ、心身ともにリフレッシュされました。






【食生活改善推進員の皆さんの声】
300人前の野菜たっぷりの「豚汁」を前日に仕込みました。
大変でしたが、参加者から「美味しかったです」の喜びの声をいただき疲れが吹っ飛びました。



【参加者の声】
父親に誘われて親子で初めて参加しました。
「豚汁」も野菜がいっぱいで美味しかったです。親子で楽しませていただき、ありがとうございました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第4回WA!WA!WA!スポーツフェスティバルを開催しました!

2013-03-12 14:04:21 | イベント・情報提供など
3月10日、区民ホールにてWA!WA!WA!スポーツフェスティバルを開催しました!

開始時間に合わせたかのような暴風雨に参加人数が少なかったのは残念でしたが、みなさんそんなに並ぶことなくスポーツを楽しんでいただくことができました。

そして、気になる景品は…。

なっぴーちゃんのナップサック♪

白黒のなっぴーちゃん、斬新です!


(風船バレーボール)


(ボッチャ)


(ハンディスポーツチャンバラ)


(車いすスラローム)


(恒例!ボール回しゲーム)


(モノクロなっぴーちゃん♪)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子育て支援ボランティア養成講座 第6回

2013-03-12 11:49:17 | 区社協
2月1日から始まった子育て支援ボランティア養成講座、今回でとうとう最終回を迎えました!




最終回の前半は東住吉区役所保健福祉課 子育て支援室より木村係長にお越しいただき、
『東住吉区の子育て状況について』お話ししてもらいました。

まず最初は『子育て支援室』について紹介していただきました。
子育て支援室は子育てに関する相談や、情報提供、専門機関の紹介、児童虐待などの相談や情報を受けつけている、区役所1階12番窓口に窓口を設ける部署です。
家庭相談児童員、子ども相談担当者、児童虐待・DV担当者の職員の方が日々、区内の親子のために奔走しているそうです。

区内の子育て状況ということで、前半は実際に区内にある虐待などのケースをお話ししていただきました。
木村係長の逼迫した状況を伝える声に、受講者のみなさんも真剣な面持ちで聞いていました。
子どもを救いたい一身で動いている子育て支援室の働きは今を生きる子どもたちにとって欠かせないものなんだということを再認識させられました。



重たい話の後は簡単にできる手遊びを紹介していただきました!
ハンカチ一枚で出来るうさぎさんやバナナは、緊張している子どもの心をほぐすアイテムとして実際の現場で活躍しているそうです。

そして、区内の子育て支援の紹介をしていただきました。
子ども・子育てプラザ、ぽけっと、つどいの広場、親子サロンなどなど・・・
今回の講座でもお世話になったところもたくさんあります!




後半は最終回ということで、1回目からをスライドで振り返りました。
その後、受講者のみなさんにひとりひとり感想をお話ししていただきました。
みなさんのお言葉ひとつひとつが主催側の私達の心に染み渡りました。



最後に、東住吉区社会福祉協議会事務局長より全講座受講された方に修了証を授与していただき、締めていただきました。




今回の『子育て支援ボランティア養成講座』は全7回(実習含む)に渡る長期間の講座でしたが、受講者・講師陣のみなさんに支えられ、無事に終えることができました。
講座名のとおり、東住吉区内で子育て支援活動をする方を養成するための講座でしたが、それ以外のものもたくさん得ることのできた講座になったと思います。


「ボランティアをしたことはないが、少しずつでも役に立ちたい」
「不安は大きいけれど、一緒に始められる人がいたら心強い」
「すべてよかった!一時保育をしてみたい」
「地域にかえって実践してみたい」


などの感想をいただき、この講座を開催してよかったと喜びを噛み締めることができた事務局でした。
そして「もっと早く知りたかった!」「自分の子育て中に知りたかった!」という声が非常に多かったです。

個人的に感想の最後を「ありがとうございました」ではなく「よろしくお願いします」という言葉で締めくくってくれていた方が多かったことが印象的でした。
これからの活動を示してくれているような言葉に、こちらこそよろしくお願いします!と言いたくなりました。

今後もこの講座は定期的に開催していく予定なので、東住吉区でどんどん(子育て支援に限らず)ボランティア活動に興味を持ってもらえる機会を増やしていくために頑張っていきたいと思います!


~東住吉区内で子育てをするおかあさんの応援をしませんか?~
~新しい自分を見つけませんか?~


受講者のみなさん、本当にお疲れ様でした!!!





P.S
ちなみに今回の講座を全回受講されたのち、子育ていろいろ相談センターでの補講を受け、
ファミリーサポートセンター事業の提供会員になられた方が7名いらっしゃいました◎
今回は補講日程の都合がつかず次年度の補講を希望されている方も2名いらっしゃいます!
受講されたみなさん、補講もお疲れ様でした!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/8 南百済親子サロン♪

2013-03-11 09:41:21 | 南百済



小春日和のぽかぽか陽気のなか、南百済会館で親子サロンが開催されました*'V'*

今日は保健師さん&助産師さんが訪問してくれる日ということもあり

妊婦さんが2名来られていました!

助産師さんにいろんなことを相談し、

最後には妊婦さん同士で連絡先の交換をしていました♪

「出産前にお友だちをつくる機会はなかなかないので…」

と妊婦さんはおっしゃってました◎

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

子育て支援ボランティア養成講座 第5回目

2013-03-06 13:41:18 | 区社協
3月1日(金)子育て支援ボランティア養成講座の第5回目を開催しました。



前半は『しょうがいのある子もない子も』というテーマで、NPO法人キッズなーの服部照子さんにお話していただきました。
服部さんには、1月に開催した『障がい児の生活支援講座』でもお世話になりました。
今回も『発達障害について』と『具体的な支援の方法について』を学びました。
通常学級に通う発達障害の可能性のある子どもたちは、6.5%程度の在籍率だそうです。
周りの大人は、その子たちの特性をよく理解し、正しい対応をすることが必要です。
スモールステップを踏み、チャンスを見つけたらすかさずほめる!
ダメな事に注目しない!
これって、障がいをもっている子どもに限ったことではないですよね。
さまざまなテーマで展開しているこの講座ですが、共通点が色々と見つかっていっているように思います。
このような講座を継続して開催し、理解者や支援者を増やすことが必要だと改めて感じました。



みなさん、熱心に受講してくださっています。
ファミリー・サポート・センターの提供会員さんは何人生まれるのでしょうか~。



後半は『食育について』というテーマでNPO法人子どもデザイン教室の和田青葉さんにお話していただ・・・く予定だったのですが、ちょっと幅が広すぎるので、里親目線での食についてということでお話していただきました。
タイトルは『実の親と暮らせない子どもの里親としての子育て』です。
子どもデザイン教室さんでは家庭の事情などで親と暮らせない子どもたちへの支援をされています。また、里親制度にも積極的に関わっていらっしゃいます。

・ちらかし食い、あそび食い
・欠食
・おやつ
・不適切な食生活
・ダイエット
・便秘
・過食、嘔吐

里親として関わる中で、子どもたちの食に関してかなり苦労、奮闘されている様でした。
お話の中で、『食育基本法』について教えていただきました。

~豊かな緑と水に恵まれた自然の下で先人からはぐくまれてきた、地域の多様性と豊かな味覚や文化の香りあふれる日本の『食』~
この前文の文章、かなりいいです。
http://www8.cao.go.jp/syokuiku/more/law/law.html#zen

『いただきます!』とはごはんを作ってくれた人の時間(命)をいただくこと。
命の時間を食べること。
作ってくれた人の命を粗末にしてはいけませんね。

次回は3月8日
『東住吉区の子育て状況について
『まとめ・交流会』

いよいよ最終回です!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする