地域活動 東住吉

地域の活動を紹介します♪

精神保健福祉ボランティア講座 3回目

2012-07-20 16:47:13 | 区社協


『こころの病への理解を深め、こころの病を持つ方への関わり方などについて学ぶ』ための3回連続講座の3回目が、7月18日に開催されました

講師には、ふれあい共生会 地域活動支援センター精神保健福祉士の豊田康嗣さんをおむかえしました

このような講座を始めて受講するという方が多くいらっしゃいました
今回は東住吉区精神保健福祉ボランティアグループ『ねの会』で活動されている方の生の声を聞くことができたのですが、こういう機会をもてたことは良かったし、自分でできそうなことから関わっていきたいと思われた方もいらっしゃいました

3回連続講座でしたが、毎回たくさんの方が参加され、みなさん熱心に精神障がいの症状や接し方などについて学び、病気に対する理解を深めることができたと思います
コメント

社会福祉委員研修会@湯里社会福祉会館

2012-07-19 18:28:22 | 湯里


7月14日(土)19:00~

湯里社会福祉会館で、社会福祉委員を対象とした研修会が行われました

出席者は63名で、お部屋はいっぱい

普段ボランティア活動をされている地域の方の研修会ですが、あらためて活動についての再認識ということで、東住吉区ボランティアビューローのコーディネーターからお話させていただきました

ちなみに

湯里地域の人口は5000名
小学生が280名
高齢者が770名
独居の方が213名
高齢者夫婦が134名
年齢100歳以上の方が3名

だそうです
コメント

第2回 東住吉区子育てOHえんフェスタ盛況でした!

2012-07-19 11:17:22 | イベント・情報提供など


7月14日(土)

東住吉区民ホールで第2回子育てOHえんフェスタが開催されました

オープニングは、おなじみ、めちゃはぴーず♪



今回はホールだけではなく、2~5階で様々なコーナーを展開。



手作り工作や手遊びコーナー、そして紙芝居や人形劇などなど。



みんな、全部回れたのかな?



お天気もよく、たくさんのお友だちが集まってくれ、大盛況でした♪






コメント

精神保健福祉ボランティア講座 2回目

2012-07-12 15:14:40 | 区社協


『こころの病への理解を深め、こころの病を持つ方への関わり方などについて学ぶ』ための3回連続講座の2回目が7月11日に開催されました

講師に訪問看護ステーション友楽園の石田一洋さんをお迎えし、『地域の中で精神障がい者とどう関わるか』をテーマにお話していただきました

参加者は36名

・地域で生活できるための条件
・地域で暮らすメリットは?
・地域で生活するときの留意点
・地域精神医療を実現するために大切なことは?
・薬と上手につきあうために
・周囲の人の接し方(うつ病の人との接し方・周囲の対応ポイント)
・SST(社会生活機能訓練)とは

グループワークも含め、上記のようなたくさんの事を学ぶ事ができました

グループワークのテーマは『褒め合う』
初対面の方たちとコミュニケーションができ、和やかムードで勉強できた講座でした
コメント

第2回 東住吉区子育てOHえんフェスタ開催のお知らせ

2012-07-06 11:52:08 | イベント・情報提供など
区内の施設・団体・幼稚園・保育所(園)・親子サロン・つどいの広場
サークルなどが色々な遊びや体験のプログラムなどを
展開します。

工作や、人形劇、あそびのブースなど、楽しい遊びがいっぱいです。

ぜひ遊びに来てくださいね♪






コメント

精神保健福祉ボランティア講座 1回目

2012-07-06 11:51:44 | 区社協


『こころの病への理解を深め、こころの病を持つ方への関わり方などについて学ぶ』ための3回連続講座の1回目が7月4日に開催されました

30名の定員でしたが、結局40名近くの方にお越しいただきました

講師は、むいメンタルクリニックの撫井先生

撫井先生からは、『こころを病む』をテーマに、精神障がいの実際についてや関わり方など、具体的に聞くことができました

また『地域活動支援センター オリーブ』の方と、障がい当事者の方にも経験談をお話していただきました




コメント

『親子でジャンプ』@北田辺小学校

2012-07-03 13:50:57 | 北田辺


本日(6/30)は、北田辺小学校で行われたイベント、『親子でジャンプ』に行ってきました。

親子で楽しく体験できる5回講座の1回目。

今回は特別企画のワイド版ということで、地域の高齢の方の参加もありました。

まずは、『認知症サポーター養成講座』。

地域の方が自ら講師として、子どもたちに認知症について講義をされました。



次は脳トレ。

特大トランプを使った神経衰弱ゲームです。

勝ったグループは、このイベントで使える金券をもらえるということで、大盛り上がり!





そして、スタンプラリーのスタート

PTAの方や子ども会の方は、クイズや昔遊びなどのブースを出していました。

そして、わたしたち東住吉区社会福祉協議会のメンバーは、生涯学習チームの方々と一緒に高齢者疑似体験と車いす体験のコーナーを担当しました。

車いすは、やはり低学年のお子さんには少し難しく、並べられたコーンにぶつかる事が多かったです。

疑似体験では、お子さんたちは障がい物をいともたやすくクリア。

大人の方は膝が曲がらず、悪戦苦闘していました。

イベントの最後では金券で駄菓子のお買い物。

そして、めでたく『認知症サポーター』になったみなさまは、オレンジリングをゲットして帰られたのでした。
コメント