地域活動 東住吉

地域の活動を紹介します♪

OHえん情報誌5月号をアップしました☆彡

2021-04-15 16:39:21 | その他
 OHえん情報誌5月号 中面

OHえん情報誌5月号 裏面

コメント

脳トレクイズに挑戦してみよう!第3回~第6回

2021-03-18 13:07:13 | その他




コメント

老人福祉センターだより3月号をアップしました!

2021-03-18 11:50:34 | その他




コメント

OHえん情報誌4月号をアップしました☆彡

2021-03-11 11:42:44 | その他
 OHえん情報誌4月号 中面

  OHえん情報誌4月号 裏面

コメント

第2回 脳トレクイズに挑戦してみよう!

2021-02-08 10:31:36 | その他
クイズに答えたら老人福祉センターへ行こう。
次の脳トレクイズに挑戦できます。
(期間は2/15~2/20)


コメント

OHえん情報誌3月号をアップしました☆彡

2021-01-29 14:11:29 | その他
  OHえん情報誌3月号 中面

  OHえん情報誌3月号 裏面

コメント

楽しい脳トレクイズに挑戦してみよう

2021-01-28 13:34:22 | その他
クイズに答えたら老人福祉センターへ行こう。(期間は2/8~2/13)
次なる脳トレクイズに挑戦できます。


コメント

老人福祉センタ―だより2月号をアップしました!

2021-01-28 13:27:59 | その他




コメント

OHえん情報誌2月号をアップしました☆彡

2020-12-23 08:53:42 | その他
  OHえん情報誌2月号 中面

 OHえん情報誌2月号 裏面
コメント

老人福祉センターだより新春1月号をアップしました

2020-12-15 09:33:49 | その他



コメント

OHえん情報誌1月号をアップしました☆彡

2020-12-10 11:53:23 | その他
  OHえん情報誌1月号 中面

 OHえん情報誌1月号 裏面
コメント

認知症サポーター養成講座を開催しました

2020-12-02 09:16:20 | その他
認知症サポーター養成講座を“さわやかセンター”で開催しました。
センターでは毎年4回開催しています。
※今年は1回目が新型コロナウィルス感染拡大予防のため中止。
認知症サポーターとは、何か特別なことをする人ではなく、認知症を正しく理解して認知症の方やそのご家族を支え、あたたかく見守る応援者のことです。
事前に申込みされた方々が対象で、今回もソーシャルディスタンスのため座席を離し、窓を開けて換気した会場で受講いただきました。

認知症サポーター養成講座では大阪市が作成したテキスト(※テキストの内容は全国共通)を使用するのですが、今回の講師(東住吉区キャラバン・メイト連絡会)に認知症の研究者がおられたので、認知症の原因の1つである“アルツハイマー認知症”の治療に関する研究成果を分かりやすく説明してくださいました。
その説明で“認知症の治療は進行を遅らせるだけ”と言われるが、根本治療を目的にした薬の開発がされていることを紹介されたときには受講者の目の輝きが明らかに変わりました。
講座の最後にサポーターの証であるオレンジリングを渡します。通常は“メンちゃん”が手渡ししてくれるのですが接触を避けるため今回は机に並べたリングを各自で持ち帰っていただきました。

ちなみに“メンちゃん”は東住吉区キャラバン・メイト連絡会のマスコットキャラクターです。

コメント

老人福祉センターだより12月号をアップしました

2020-11-12 14:13:46 | その他





コメント

OHえん情報誌12月号をアップしました☆彡

2020-11-10 14:28:38 | その他
 OHえん情報誌12月号 裏面

 OHえん情報誌12月号 中面

コメント

ふれあい喫茶in矢田中

2020-11-04 16:28:40 | 矢田中
今日は矢田中ひまわり会館で開催された“ふれあい喫茶”へ行ってきました。

“ふれあい喫茶”は、地域住民のふれあいを目的とするボランティアによる喫茶です。誰でもコーヒーやジュースなどを飲みながら、お友達同士やボランティアと楽しい一時を過ごす場所で、開催中はいつ来てもいつ帰っても自由です。
※矢田中の“ふれあい喫茶”は毎月第1水曜と第3日曜日、午後1時から3時までOPENしています。


今回は“ぜんざい”をいただきました。11月になると温かいものが頂きたくなるものです。

ココで出される“ぜんざい”は手づくりで、エグミを残さないよう小豆を煮ており、適度な弾力を残しつつ舌で潰れる柔らかさ、そしてしっかり甘いのに後味がしつこくない。手づくりを重ねているからこそ出来る絶妙なバランスの品で、噛むことが難しい方でも問題なく食べれる“やさしさに包まれた一品”と言えると思います。


今回のふれあい喫茶をでは、来られた方にアンケートの協力をお願いしました。これまでのコロナ禍で困ったこと・これからのコロナ禍で希望することなどを質問させていただきました。ご協力いただいた方々には感謝申しあげます。
(K.A)
コメント